« 福知山線電車事故に関して2点 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収 »

2005/04/26

福知山線電車事故に関してもう1点

事故報道をみていると、直後から運転手の速度違反が事故原因であるかのような報道が目立つ。
松本サリン事件の教訓は全然生きていないのか。
事故調査中である現時点では、いたずらに憶測をあおるような報道は控えるべきではないのか。
もし事故の原因が、伊丹駅のオーバーランなどとは全く無関係な外的要因だった場合(ちなみに、電車のオーバーランなんて、どこでも良くありませんか?)、マスコミは運転手の名誉を回復してくれるのか?
運転手のご家族の今現在の心境を思うと、いたたまれない。

調査の結果、事故の主たる要因が23歳の運転手にあったとしても、現時点での決めつけたかのような報道は決して許されるべきではない。

こちらBlogのご意見に共感です。
『元気じゃぁ~.でもたまに愚痴るぞぉ~♪』

|

« 福知山線電車事故に関して2点 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収 »

コメント

共感いただいて,ありがとうございます.
(*- -)(*_ _)ペコリ

あたしは,悪乗りした報道関係者が,『運転士の家族を直撃!』なんてことをしないようにと,心から祈ってます.まさかそんな馬鹿なこと,しないとは思いますが.

投稿: とと | 2005/04/26 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福知山線電車事故に関してもう1点:

» 何を伝えてくれますか? [元気じゃぁ~.でもたまに愚痴るぞぉ~♪]
JR福知山線の脱線事故は,本当に悲しくて辛い事故です. 報道では,原因のひとつに [続きを読む]

受信: 2005/04/26 15:51

» 『犯人』が必要なんだね。 [見る夢は、いつも色つき。]
あの事故、ニュースなどで割と早い内から、原因が「経験の浅い運転士の過失」のように [続きを読む]

受信: 2005/04/26 17:02

« 福知山線電車事故に関して2点 | トップページ | AdobeがMacromediaを買収 »