« 自意識過剰? | トップページ | 安易過ぎないか? »

2005/04/01

復活なるか

WSBの第一戦カタールのレースを観た。
結果はすでにRIDING SPORT誌やCYCLE SOUNDS誌で知っていて、第二ヒートでデビューウィンしたSuzukiの加賀山選手の走りを観たかったのだ。
しかし、私にとっては、実際のレース映像では加賀山選手よりも目立つ選手がいた。MotoGPからWSBに今年からコンバートした阿部ノリック選手だ。
実は、事前に聞いていた結果から、あまり阿部選手には期待していなかったのだ。
第一ヒートが10位、第二ヒートが7位。
オイオイ、MotoGPから来たってことで、期待されてたんじゃなかったのかよ。まぁ、もう阿部選手はライダーとしての旬が過ぎてしまったんだなぁ、やっぱ4stじゃダメなんだねぇ。なーんて失礼にも思っていたのだ。

失礼ついでに言わせてもらうと、私はここ数年、中でも最高峰クラスがMotoGPになってからの阿部選手には落胆していた。特に2004年冒頭に、一年間実戦を離れ、テストライダーとして過ごしていた03年を振り返ったインタビュー記事を読んだ時、この人はもうダメだろうと心底思った。そこにはこんなコメントがあったのだ。

「モチベーションを保つ為に、自分の出ていないMotoGPのレースは観なかった。」

そんな理由かよ!プロだったらレース観ててもモチベーションくらい保てよ!それでなくても技術進歩の著しいMotoGPなのだ。一年もレースの情報を入れなかったら、その後復帰できても困るだろう位のことは素人でも判る。

かつて500クラスで93年にチャンピオンをとったケビン・シュワンツは『125のレースからでも学ぶ事がある』と語っていた。実際、彼はある年の鈴鹿のレースで、それまで500では絶対に通らなかったラインで前車をパスした125ライダーをみて、その後の自分のレースでそれを試して勝った事があるそうだ。
またWGP125クラスで95、96年と二年連続チャンピオンをとった青木治親選手も、125での快進撃の影に、予選落ちしたレースを観戦した事を上げている。

阿部選手はまたこうも言っていた。

「テストライダーなのに、GPライダーとして遠慮して扱われて、あまりテスト走行はしなかった。」

03年、テストライダーとして実戦を離れる、と聞いた時、きっとこれがラストチャンスだ、と思った。
もともと阿部選手はマシンのセッティングはうまくないようだ。彼のライスポのコラムをみると、いつも「あまりセットアップはうまくいかなかったけれど、でも***だから気合いをいれた」みたいなコメントばかりだった。M・ドゥーハンの『阿部は自分が何故速いのか、理解していない』というコメントも有名だ。
そんな彼が、じっくりたっぷりとマシンと向き合う機会を得られたのだ。プロトンで散々苦労したおかげで、スズキに乗ってすぐにチャンピオンをとったケ二ーJr選手や、ブリジストンで散々タイヤテストをやったおかげで、三気筒プロトンをフロントローに持って行った青木宣篤選手みたいになれるだろう、と思っていた。
それなのに、なぜそんな貴重な機会を生かさなかったのだろう。無理矢理にでも自分からテストの申し入れをすれば良かったのに。

まぁ、素人の外野がとやかくいうのは簡単で、実際にはいろいろ問題もあったのだろうが、私のイヤな予想通り、MotoGPに復帰した2004年は当人にとっても散々な結果だったようだ。

WSBに参戦と聞いた時も、きっと大して活躍できないのではないかと思っていた。
だって、ずっと純レーサーでレースをしていた人なのだ。8耐に出た訳でもない、全日本SBもちょっとしか出ていない(しかも遥か昔)。そんなのが急にプロダクションレースにでても、成績不振をマシンのせいにして終わっちゃうんじゃないの? と思っていたのだった。

と、ここまで阿部ノリックファンから猛烈な抗議が来そうな事をダラダラ書いてきたが、実際にレースで走っている阿部選手を観てみると、予想以上に乗れているようにみえた。確かに結果は残念だったが、マシントラブルもあったし、今回は仕方なかったと思う。たぶん、本人も、久しぶりにまともなレースが出来たようにかんじているのではないだろうか?
こうなると、ちょっとまた希望が見えて来た。
かつて、やはりWGPからSBに活動の場を移した伊藤選手が、
「SBではマシンのセッティングの幅が狭い分、自分が乗り方を工夫しないといけない。GPを戦っていた時より今の方がバイクに対する理解度は高いし、だからこそGPにもどりたい。」
みたいな事を言っていたように記憶している。

阿部選手も、もともと才能はあるんだから、WSBを戦って行く中で、伊藤選手のような感覚をつかんで、今度はちゃんとセッティングも判るライダーになってまた来年、MotoGPにもどれたら良いなぁ、なんてレースを観ながら思っていた。

もちろん2005年WSBチャンピオンとしてね(^^)。

|

« 自意識過剰? | トップページ | 安易過ぎないか? »

コメント

Most of the American public has absolutely no understanding of America’s debt and its implications on the country. consolidation loan refinance student

投稿: Alabamaccs | 2007/10/04 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活なるか:

« 自意識過剰? | トップページ | 安易過ぎないか? »