« 復活なるか | トップページ | 最近食べてないなぁ »

2005/04/20

安易過ぎないか?

今日の午後、幕張某施設内に開設されている図書館で調べものをしていて、休憩がてらトイレに向かった時のこと。
図書館を出て、トイレに向かう途中、廊下を利用した喫煙スペースがある。そこにスーツ姿の若い男女が12.3人程、和気あいあいとたむろって居た。
この施設は企業のセミナーなどにも使われているので、時節柄、新入社員研修でもやっていたのだろう。
そんな事を考えながら、そこを通り過ぎようとした時、その集団の内の一人の女性が、私に向かって『お疲れ様です』と元気良く声をかけて来た。その声につられてか、もう一人、若い男性も、『お疲れ様です』

言われた私は面食らってしまった。

なんなのそれ? どうそれに反応していいの? そんなに疲れてないし、疲れていてもアナタ達にねぎらってもらういわれは無いよ。と、戸惑ったままその場を通り過ぎた。

まぁ、きっと彼等は私がこの施設の関係者だと思ったんだろう。かなりルーズな私服だったが、胸にはIDカードのような図書館の入館証も下げていたし。こう考えるのはイヂワルというか、天の邪鬼といえるかもしれない。

しかしそれでもなお、『お疲れ様です』は安易過ぎないかとおもうのだ。どうも会社のマナー研修などで『会社などの中ではお互いにこうやって挨拶をしましょう』といわれてそのままやっているみたいな気がする。あの状況なら無視しても良いし、軽く会釈でもイイだろうし、『こんにちは』のほうがむしろしっくり来る。そう言う、いろんな状況で臨機応変に相手と接して行く事が大事なのではないか?
『お疲れ様です』その一言に、これ言っときゃ、とりあえずOK、みたいなノリを感じて、一人トイレで居心地の悪さを感じていたのだった。

それとも私の心が曇っているのかしら?(^^;

ちょうど似たような話がこちらのWeb Siteにありました。ご一読ください。

がんばれ!! ゲイツ君 column239『現代メール作法考察(2005.3/28) 』

|

« 復活なるか | トップページ | 最近食べてないなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安易過ぎないか?:

« 復活なるか | トップページ | 最近食べてないなぁ »