« 『自由の国』の不自由 | トップページ | シラきるんじゃないよ »

2005/09/11

日本にも無かったみたい

警視庁官舎に侵入容疑で逮捕 「赤旗」号外を配布

2005年09月10日23時46分

警視庁の官舎に無断で立ち入り、共産党の機関紙の号外を配ったとして、同庁は10日、住居侵入の疑いで男を現行犯逮捕した。男は50代とみられるが、住人の通報で駆けつけた警察官に対し、氏名などを答えなかったことなどから逮捕したという。

世田谷署の調べでは、男は10日午後0時20分ごろ、「しんぶん赤旗」の号外を配る目的で、東京都世田谷区池尻2丁目にある同庁職員官舎の敷地内に侵入した疑い。官舎の入り口には「ビラ配りなど許可のない方の立ち入りを禁止します」というプレートが掲示してあった。

共産党広報部は「住居に機関紙の号外を配るのは正当な政治活動であり、極めて不当」とコメントしている。

asahi.com

先のBlogでアメリカを揶揄しておいてなんだが、こういった事件があると、日本にも言論の自由はちゃんとあるのかと疑いたくなる。

別に共産党支持者ではないが、それでもこの逮捕はやり過ぎだろう。言うまでもないことだが、多様な意見を尊重することは民主国家の基本だ。この逮捕は言論の自由に対する暴挙で、許されるものではない。

しかし、なぜ警察は同じような逮捕を続けるのだろうか?
今はまだ、共産党への嫌がらせ的な側面が大きいように見えるが、どうもその裏に言論の自由を抑制しようとする意図を感じる。共産党を毛嫌いしている人は多いから、「まぁ、共産党じゃ、逮捕されても仕方ないねぇ。」なんて具合に世間を慣らしていくつもりなのではなかろうか?

本当に恐いのは、この手の事件に国民もマスコミも鈍感になって行ってしまうことだ。気がついたら共産党でなくても、ちょっと政府に反対する言動を行っただけで、両手にワッカがつくような世の中になっているかもしれない。それは実際に過去にこの国にあった世の中なのだ。気を抜いてはいけない。

しかし、警察に通報する方もする方だが、共産党も警視庁官舎なんか行かなきゃいいのに。
どう考えたって、赤旗なんか、だれも読んでくれないよ。

|

« 『自由の国』の不自由 | トップページ | シラきるんじゃないよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本にも無かったみたい:

» いいのか? 本当にこれでいいのか? [Rabis Tok]
立川のビラ配り訴訟、有罪確定へ 最高裁が判決日指定 2008年03月21日15時 [続きを読む]

受信: 2008/04/06 00:54

» エゲツナイなぁ [Rabis Tok]
赤旗配布で逮捕の厚労省課長補佐、釈放に 勾留請求却下 2005年09月14日11 [続きを読む]

受信: 2008/04/06 01:01

« 『自由の国』の不自由 | トップページ | シラきるんじゃないよ »