« シラきるんじゃないよ | トップページ | 中学校の校則かよ »

2005/09/14

エゲツナイなぁ

赤旗配布で逮捕の厚労省課長補佐、釈放に 勾留請求却下

2005年09月14日11時29分

厚生労働省の課長補佐(57)が総選挙の投開票前日の10日、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の号外を配るために警視庁職員官舎に立ち入ったとして、住居侵入容疑の現行犯で逮捕された事件で、東京地裁は13日、東京地検の勾留(こうりゅう)請求を却下した。地検は準抗告したが、これも棄却した。課長補佐は同日夜、釈放された。

司法統計によると、04年に勾留請求が認められたのは計15万1204件で、却下されたのは749件。

課長補佐は10日正午すぎ、東京都世田谷区池尻2丁目の官舎で、郵便受けに号外を入れているところを通報され、住居侵入容疑で現行犯逮捕・送検された。

その後、同省社会統計課の課長補佐であることが判明。警視庁は12日、国家公務員法違反(政治的行為の制限)の疑いで追送検し、地検が13日に住居侵入と同法違反の二つの容疑で勾留請求していた。

ビラなどの配布をめぐっては、東京都立川市の自衛隊宿舎で反戦ビラをまいたとして3人が住居侵入罪で起訴されたが、東京地裁八王子支部が昨年12月、「被告のビラ投函(とう・かん)は政治的表現のひとつ。民主主義の根幹を成すものとして商業ビラ投函より優越的な地位が認められ、刑事責任を問うことは疑問」と述べて無罪を言い渡した。

03年11月の総選挙前にも、やはり「しんぶん赤旗」の号外を配ったとして社会保険庁職員の男性(51)が国家公務員法違反(同)の罪で起訴され、東京地裁で公判中。男性に対しては長期間、尾行、監視、ビデオカメラによる撮影が続けられ、公判で弁護側は「違法捜査のうえでなされた起訴だ」と公訴棄却を求めている。

東京地裁ではほかに、葛飾区のマンションで共産党のビラをまき、住居侵入罪で起訴された男性の公判も継続中で男性は無罪を主張している。

asahi.com

この記事を読むとこの事件、改めておかしな話が二つある。

一つは、

「官舎で、郵便受けに号外を入れているところを通報され、住居侵入容疑で現行犯逮捕・送検された。」

これだけ読むと、やっぱりこんなんで逮捕される方がおかしい

もう一つは、今回逮捕された人も、国家公務員法違反(政治的行為の制限)の疑いで追送検されていることだ。つまりその前の『社会保険庁職員の男性』の事件と同様に、今回の方も、事前に目を付けられていたのではないか? 住居侵入容疑と難クセつけた別件逮捕なのではないのだろうか?

どうもやり方がエゲツナイなぁ。戦前の特高みたいだよ。

|

« シラきるんじゃないよ | トップページ | 中学校の校則かよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゲツナイなぁ:

» いいのか? 本当にこれでいいのか? [Rabis Tok]
立川のビラ配り訴訟、有罪確定へ 最高裁が判決日指定 2008年03月21日15時 [続きを読む]

受信: 2008/04/06 00:58

» 日本にも無かったみたい [Rabis Tok]
警視庁官舎に侵入容疑で逮捕 「赤旗」号外を配布 2005年09月10日23時46 [続きを読む]

受信: 2008/04/06 00:59

« シラきるんじゃないよ | トップページ | 中学校の校則かよ »