« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の5件の記事

2005/11/29

ブルース・リーとボスニア

ボスニアで26日、「民族和解の象徴に」と、香港が生んだ世界のアクションスター、ブルース・リーの像が建てられた。金色に輝くその像は、残念なことに一日も経たずに一部を壊されたそうだ。

Photo金色のブルース・リー像

初めこの話を聞いたときは、失礼ながら笑ってしまった。だって、なんでボスニアで、しかも今さらブルース・リーなのか。脈絡がなさ過ぎる。一日で壊されてしまう辺りにも、その脈絡のなさが見て取れる気がした。

でも、改めて考えてみると、それだけ民族の和解が切実な願いなのだろう。ブルース・リーは現地のモスレム人、クロアチア系住民の双方に絶大な人気があるという。自分達とは全く関係のないもので、共通項となるものを必死に探している姿が見て取れる。残念ながら、いきなりつまづいてしまったが、その願いが報われる日が来ることを祈った。ブルース・リーも、草葉の影で見守っている事だろう。

余談だが、ここ数年、衛星放送などで、たまにブルース・リー特集をやることがあった。彼の出演作を連続放送してくれていたのだが、唯一、『ドラゴン怒りの鉄拳』だけは、ほとんど放送されていない。この作品は、第二次大戦中の日本の支配下にあった中国が舞台で、ブルース・リーの武術の恩師が日本人に殺され、理不尽な仕打ちでその恩師の武術道場が乗っ取られそうになる話で、さんざん日本人が悪人として描かれている。そういった面もあって、放送が控えられているのかと思うが、もともとブルース・リーは日本の映画や映画技術に心酔していて、彼の後期の映画には日本人の照明家が関わって非常に信頼を受けていたり、勝新太郎の『座頭市』を映画作りの参考にしていたりした話は有名である。そういった親日派が、それでも作った反日映画なのだから、見る価値は十分あると思うし、それを抜きにしても、やはり臭い物に蓋的な対応はいただけない。なにより、ファンの気持ちを無視していると思う。なにかとキナ臭い話が多い日中関係も、ボスニアに負けず劣らず、和解の象徴が必要なのかもしれない。

最近の若い人はブルース・リーの映画を見た事がないらしい。イッペン見てごらん。見終わったら絶対に、「アチョー」とか言いながら、タオルをヌンチャクに見立てて振り回したくなるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

携帯各社と自動車各社にもの申す!

日曜日の朝日新聞についてくる " be on Sunday " 紙に、『休眠特許』というコラムがある。11/13のこのコーナーで、運転中に携帯電話を使用できなくする機械の特許の話が載っていた。理論は単純で、車の中に妨害電波を流し、車内を圏外にする、という。

しかし、この特許はコラムのタイトルどおり『休眠中』。
つまり、どこの企業にも採用されていない。

 メーカーは一部のカーナビに影響しかねないと渋り、携帯各社も、携帯を使う機会が減ることにつながる発明に「歓迎できない機能」(幹部)と難色を示す。

ということで、採用にいたっていないらしい。

しかし、そんな理由でいいのだろうか? 現在、道路交通法の改正によって、運転中の手に持っての携帯使用は全面禁止になっている。それでも、交差点で少し観察すれば解るように、携帯片手に運転する輩は非常に多い。あんな運転をしている車に轢かれて死ぬなんて、まっぴらごめんだ。

これは人命にも関わる問題で、社会的に見ても非常に有意義な特許だと思う。それこそ他社に先駆けて採用するといった姿勢こそが、『社会の公器』としての企業のあり方ではないのだろうか? 特に携帯会社の対応などは、自分達の利益のためだけに、違反使用の機会を増やしている、反社会的な対応と言われても仕方ないのではないか?

携帯が絡んだ交通事故の多さに心を痛めてこの機械を開発したという、不動産会社経営者の福澤さんは、「電源を切らない人がいる限り、事業化の芽はある」と、あきらめないでいるそうだ。
この方の努力が実る日が一日でも早くくることを願わずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

千葉ロッテマリーンズ、初代アジア王者に

千葉ロッテマリーンズが別格の強さを見せつけて、アジアシリーズ2005を制した。
日本シリーズからの勝負強さを維持してきたマリーンズナインの姿を見ていて、なんだかしてやったり、と言った気分になった。

プレーオフから日本シリーズ優勝に至るまで、マリーンズの快進撃には、いつもちょっと嫌なコメントが付きまとっていた。曰く、『試合まで日の開いた相手チームは、試合勘が取り戻せなかった』と。このような発言は、勝ったチームに失礼であると同時に、負けたチームを貶める行為だと思うがどうだろうか。日本シリーズで優勝し、選手がマウンドになだれ込んでいるその時でさえ、テレビの実況アナはこの話を蒸し返していて、何言ってやがるんだ、と一人憤慨していたのだ。

確かに、試合まで日が開く事で、緊張感が薄れたり、逆に、プレッシャーにさらされ続ける事で、精神的に参ったりもするかもしれない。でも、そこをなんとか維持して行くのがプロのプロたる所以ではないか。試合勘がなくなるというのなら、なくならないように練習で紅白戦でもやればよかったのだ。「日が開いたから試合勘がなくなった」というコメントは、相手チームにプロとしての自己管理能力が足らなかった、と言っているに等しい。

マリーンズは確かに試合を続ける事で、いい緊張感は保てたかもしれない。でもあれだけほぼ連日、負けられない試合をこなす方が、精神的にも肉体的にもしんどいはずだ。特に肉体的な疲労は大きなハンデだったろう。言ってみれば条件は五分五分のイーブン。それについて、誰も言及していないことも、すごく不満だった。

今回も、テレビを見ていたら、実況のアナウンサーが、ゲストで来ていた阪神の赤星選手に「日にちが開いて云々」と言い出した。まだそんなバカな事を言うのか、だいたい目の前のロッテの面々は、日本シリーズからこっち、開いた日にちをモノともせずに戦っているじゃないか、そう思った時、赤星選手は潔くこう答えてくれた。

「結局は自分達の力が足りなかったんです。」

やはり、スポーツマンはこうでなければいけないね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/13

大丈夫か? 探査機はやぶさ

12日に、宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が、観測を続けている小惑星イトカワへ小型探査ロボット「ミネルバ」を投下したが、イトカワ表面には到達できず行方不明になったとの事。

どうしてまぁ、こうも日本の宇宙開発は失敗続きなのだろうか? ハリウッド映画をみていると、ほんとにこの映画を作った国の国民が、40年近くも前に月まで人を送ったのか、とその科学常識の無さに呆れることがある。中国ですら有人宇宙飛行をやってのけているのに、日本は未だにロケット一つ、満足に飛ばせられない。
技術立国、ハイテク国家、カイゼンの国ではないのか? つくづく疑問で仕方ない。

プロジェクトマネジャーの川口淳一郎教授は「不幸にして、ミネルバの投下はうまく行かなかった。姿勢制御装置の故障で、はやぶさがぎくしゃくした動きになっているが、修正して19日の着陸に臨みたい」と話した。
asahi.com 2005年11月12日21時45分

『不幸にして』はないんじゃない?
そんな運頼りみたいなこと言ってるからダメなんだよ。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/05

時代に置いて行かれてます

先日、140分のビデオテープが欲しくて、駅前のTSUTAYAに行ってみて驚いた。

ビデオテープの品揃えが激減していたのだ。

少し前まではどのお店でも、120分から20分刻みで240分まで、ビデオテープが並んでいたように思うのだが、そもそも、もうビデオテープ売り場自体が隅に追いやられていた。10本まとめ売りの120分テープか、180分テープとか、200分とか、特殊なものが少しあるだけ。
かわりに売り場に広がっていたのがDVD-Rだった。

そりゃ、TSUTAYAだもん、客層が若ければこうなるか、と近所のジャスコや、コジマ電気など見て回ったが、軒並みDVD-Rに入れ替わっていた。
さらに気が付けば、CD-Rさえも、かなりDVDに押されているようだ。
白髪まじりの年配のおじさんが、無造作にDVD-Rをごそっと手に持ってレジに並んでいる。
もうみんなビデオなんて、使っていないのね。

一気に時代に取り残された気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »