« 大丈夫か? 探査機はやぶさ | トップページ | 携帯各社と自動車各社にもの申す! »

2005/11/14

千葉ロッテマリーンズ、初代アジア王者に

千葉ロッテマリーンズが別格の強さを見せつけて、アジアシリーズ2005を制した。
日本シリーズからの勝負強さを維持してきたマリーンズナインの姿を見ていて、なんだかしてやったり、と言った気分になった。

プレーオフから日本シリーズ優勝に至るまで、マリーンズの快進撃には、いつもちょっと嫌なコメントが付きまとっていた。曰く、『試合まで日の開いた相手チームは、試合勘が取り戻せなかった』と。このような発言は、勝ったチームに失礼であると同時に、負けたチームを貶める行為だと思うがどうだろうか。日本シリーズで優勝し、選手がマウンドになだれ込んでいるその時でさえ、テレビの実況アナはこの話を蒸し返していて、何言ってやがるんだ、と一人憤慨していたのだ。

確かに、試合まで日が開く事で、緊張感が薄れたり、逆に、プレッシャーにさらされ続ける事で、精神的に参ったりもするかもしれない。でも、そこをなんとか維持して行くのがプロのプロたる所以ではないか。試合勘がなくなるというのなら、なくならないように練習で紅白戦でもやればよかったのだ。「日が開いたから試合勘がなくなった」というコメントは、相手チームにプロとしての自己管理能力が足らなかった、と言っているに等しい。

マリーンズは確かに試合を続ける事で、いい緊張感は保てたかもしれない。でもあれだけほぼ連日、負けられない試合をこなす方が、精神的にも肉体的にもしんどいはずだ。特に肉体的な疲労は大きなハンデだったろう。言ってみれば条件は五分五分のイーブン。それについて、誰も言及していないことも、すごく不満だった。

今回も、テレビを見ていたら、実況のアナウンサーが、ゲストで来ていた阪神の赤星選手に「日にちが開いて云々」と言い出した。まだそんなバカな事を言うのか、だいたい目の前のロッテの面々は、日本シリーズからこっち、開いた日にちをモノともせずに戦っているじゃないか、そう思った時、赤星選手は潔くこう答えてくれた。

「結局は自分達の力が足りなかったんです。」

やはり、スポーツマンはこうでなければいけないね。

|

« 大丈夫か? 探査機はやぶさ | トップページ | 携帯各社と自動車各社にもの申す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉ロッテマリーンズ、初代アジア王者に:

» アジアシリーズも千葉ロッテが制した! [北の国から徒然日記]
今年初めて行なわれた「コナミカップ アジアシリーズ2005」の決勝が13日に行なわれ、日本代表の千葉ロッテと、韓国代表のサムスン(三星)が対戦し、5−3で千葉ロッテが勝利し、初代アジア王者に輝きました。 アジアシリーズを見ながら、思ったことを勝手に綴ってゆ..... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 09:41

» ロッテ初代アジア王者 [芸能&スポーツ瓦版]
ロッテがサムスンとの決勝で5−3でサムスンを破り 初代アジア王者になりロッテは今年3度目の胴上げだ 渡辺俊介が最初の方は悪く大丈夫か心配したが抑えて 今江が途中交代で変わった渡辺がホームランを打ち バレインタイン監督の采配と言うかボビーマジックや 最....... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 19:44

« 大丈夫か? 探査機はやぶさ | トップページ | 携帯各社と自動車各社にもの申す! »