« Little Birds -イラク戦火の家族たち- | トップページ | クロ 〜みんなのうた〜 »

2006/01/21

食べるワケがない

農務長官「安全性の問題ではなく米国側の失敗」米産牛肉輸入停止<1/21 10:45>

 日本がアメリカ産牛肉の輸入を当面、停止すると発表したことに対し、アメリカ政府と食肉業界には衝撃が走っている。

 マイク・ジョハンズ農務長官は20日、記者会見を開き、「これは食品の安全性の問題ではなくアメリカ側の受け入れがたい失敗」「非常に不愉快だ。検査官が発見すべきことだった」と述べ、事態を深刻に受け止め、日本政府に遺憾の意を伝えたという。また、問題の業者を日本向けの輸出業者リストから外したほか、検査官を増やしてすべての輸出関連施設を検査する方針を明らかにした。

 一方、米国食肉協会のパトリック・ボイル会長も20日、会見をひらいた。「関与しているのは一つの施設、一つの積み荷。政府の措置はそこに集中すべきで我々もその特定の施設に焦点を当てている。日本もその施設に焦点を当てるべきだ」と述べるとともに、日本側の輸入全面禁止措置には賛成できないとの考えを示した。

 実際に問題の牛肉を輸出した業者は、「危険な部位は除去しなくてはならない」という基本的な点について、日米間の合意との「認識の違いがあった」とコメントした。

日テレニュース24

『輸入全面禁止措置には賛成できない』って。米国食肉協会の会員達はもう既に、脳にプリオンが回りきっているようだ。

問題の牛肉は、税関職員が目視で違反を確認できたと言う。こんな肉を、すったもんだの挙げ句にやっと輸入再開して一月も経たないうちに送りつけられたら、禁止しない方がおかしいだろう。立場が逆なら、これを口実に絶対に何らかの制裁措置を受けている。

アメリカ食肉業者が、本当は日本になんか牛肉を出荷したくないからワザと問題を起こした、というのでなければ、とてつもなく日本の消費者をバカにして、その健康を如何に軽視していたか、という証拠だと思う。相手が狂牛病に神経質になっていることを知っていたにも関わらず、こう言う事態が起きたと言う事は、「肉にしちゃえば分かるまい。日本人が病気になったって知った事か。」とでも思っていたとしか思えない。あまりにもお粗末だ。

このニュースを聞いて、真っ先に思ったのは、アメリカと言う国は本当に自分本位で、自分さえ良ければ他の国の人の健康なんか、全く気にかけない人たちなんだなぁ、と言う事だ。彼等はアメリカ(自分達)の利益を守る事だけに執着しすぎて、自分達以外の60億の人間も同じ人間なんだ、と言う事を実感できないのだろう。こう言うアメリカの姿勢は、特に戦争の時に強く発揮されているように思う。だから平気で原爆も枯れ葉剤も使える。空爆もするし、劣化ウラン弾なんか使う。

今回のことも、はじめから全頭検査を受け入れていれば、多少は手間と経費がかかったかもしれないが、大手を降って牛肉を輸出できて、最終的には利益は上がったはずだ。手間と経費を嫌った理由は、日本人相手にそこまでする気になれなかった、というだけではないのか? いくら日本の消費者が愚かだとしても、ここまでバカにされたら、禁止措置が解けたとしても、そうそう簡単にはアメリカ産牛肉を口にはしないだろう。

でもきっと、これでアメリカ産牛肉の消費が減ったら、『間違った事実に基づいた、不公正な競争が行われている』とかなんとか、イチャモンつけてくるんだよね。きっと。そんな愚かな対応をしてくるのではなく、今回の事をもっと真摯に受け止めて、日本の消費者が喜んでアメリカ産牛肉を食べよう、と思いたくなるような対応を、米国食肉協会にはしてもらいたいものだ。

|

« Little Birds -イラク戦火の家族たち- | トップページ | クロ 〜みんなのうた〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べるワケがない:

» 米産牛肉再び輸入停止 [斜46°]
{/hiyo_ang1/}そやけどアホなことしてくれよったもんやで。せっかく苦労して輸入再開にまで持ち込んだのに、水の泡やんけ。ほんま腹立で、しかし。 {/face_kaze/}そやな。うっとこの検査官が、日本向けの輸出基準をよう知らんかったらしいで。もっとキッチリせんとあかんワな。 {/hiyo_ang1/}ちゃうちゃう。ちゃうがな。 ワシが腹立つんはアメリカの検査官ちゃうねん。牛肉に背骨見つけよった日本の検査官�... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 17:43

» やはり再度の米国産牛肉輸入停止(追記あり) [時評親爺]
20日付産経新聞と同日付毎日新聞が報じている。輸入再開の折に、私自身がブログで記事にしたことはなかったが、20ヶ月以下(全頭検査なし)の牛に限定された輸入条件には、いささか疑問を感じていたのは事実である。果たしてユナイテッド・ブッシュ・オブ・アメリカの業者らに、「20ヶ月以下」と言う条件が瑕疵なく維持されるのか?と。牛肉状態となってしまえば、20ヶ月であろうと30ヶ月であろうと判別は不可能に近いものがあると思うからだ。加工食品などに含まれる牛肉成分は防御のしようもないわけだが、私は消費者として独りよ... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 18:33

» 米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見 [つらつら日暮らし]
米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見 (朝日新聞) - goo ニュース あれれ? この米国産牛肉禁輸措置解除を楽しみにしていた方もおられるでしょうに、非常に残念な結果になってしまったようですね。しかし、せめてルールくらいはしたがってもらわねば困ります{/hiyo_oro/} そもそも、今回の禁輸措置は、アメリカで牛海綿状脳症(BSE、通称:狂牛病)にかかった牛が見付かったことが原因で、この脳... [続きを読む]

受信: 2006/01/21 18:51

» 米の牛肉、再度禁輸へ [晴れ女☆彡]
禁輸措置はやむをえないでしょうが、 ずいぶん迅速な手際であります。。ねぇ? [続きを読む]

受信: 2006/01/21 18:57

» やっぱり・・・米国産輸入牛肉 [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
米国産輸入牛肉に、BSEの原因となる可能性の高い危険部位である、脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが明らかになり、『やっぱりか・・・』と多くの人が思ったでしょう。 さらに、アメリカ側の担当の検査官らが「(特定危険部位を)除去する必要があることを....... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 11:25

» アメリカ産牛肉の輸入停止によって、週明け東証ストップの危機 [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
あんまりマスコミ始動の言葉を使いたくはないのだが、いわゆるライブドアショックで東証の取引が停止したが、これについて、東証の取引停止はマスコミのせいという記事を書いた。 そして、やっぱり・・・米国産輸入牛肉でも書いたように、アメリカ産牛肉の輸入停止に伴って....... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 12:25

« Little Birds -イラク戦火の家族たち- | トップページ | クロ 〜みんなのうた〜 »