« クロ 〜みんなのうた〜 | トップページ | ナルシスト議員の乱 »

2006/02/20

ホテル・ルワンダ

昨日、幕張にて『ホテル・ルワンダ』を観てきた。
上映中、一瞬も気を抜く暇がないくらいの濃い内容で、とても素晴らしい映画だった。
ぜひ、もっともっと多くの人に見てもらいたい作品だ。

この作品をみて、思った。
当時、100万もの人命を見捨てた世界は恥じ入るべきだと。
現在のアフリカの遠因となった植民地政策を行った、イギリス、フランスをはじめとするヨーロッパ諸国、なかでもフツとツチのいがみ合いを生み出したベルギーは懺悔するべきだと。

そして、同時代に生きながら、今まで無関心でいた自分も同罪だ。まさに『ディナーを食べながら、「怖いね」と言うだけ』だった。実際にその時そこには、恐怖に震え、うちひしがれ、助けを求める生身の人たちがいたのだから。

Little Birds -イラク戦火の家族たち-』の記事でも少し書いたが、戦争や紛争で被害に会い、逃げまどい嘆き悲しむ人たちに、常に自分や、自分の愛する人や、息子や娘や両親や友人の姿を重ね合わせて見る、そういった姿勢や想像力を持たなければならない。決して遠い、異次元の世界の話ではないのだから。同じような状況は、いつ何時、自分の身に降り掛かるかも知れない事なのだ。

また、常に理性と真実でもって、正しく社会を見つめていく努力を怠らないようにしなければいけない。『フツ』と『ツチ』について、民族学者は完全に異なる民族集団としてとらえる事ができないという。実際に、身内にフツとツチがいる,というのはごく普通のことだったようだ。なのに、アジられ、興奮したフツの人たちは、ツチの人たちを『ゴキブリ』と呼んで、まさに虫けらのように殺していく。人は相手も同じ人間だ、と思わなくなるとトコトン残酷になれることは歴史が証明している。だからこそ常に、そのような発言を行うモノに対して、警戒を怠ってはならない。

実在の主人公、ポールは、どれだけあそこから逃げ出したいと思っていたことだろう。他の人たちは彼を頼れるが、彼には何もなかったのだ。
想像を絶するプレッシャーだったろう。
『ルワンダと同じような状況になった時、あなたは隣人を守れますか?』
あの映画を見た後、私にはYesと答える自信はない。
彼のような強い人間に、心底なりたいと思う。

最後に、パンフに加藤登紀子も書いているが、あのような状況でも、子供達は時に笑顔を浮かべて踊り出し,唄う。とても好きなシーンです。
生きるということは、本当に素晴らしい。

|

« クロ 〜みんなのうた〜 | トップページ | ナルシスト議員の乱 »

コメント

はじめまして。Little BirdsとルワンダのTBありがとうございました。二つの映画のTBを同じ方から頂くと何だか嬉しいです。HPも拝見しました。素敵な作品が沢山ありますね。

投稿: daru | 2006/02/21 18:31

daruさん、TBとコメントありがとうございます。Little Birdsもルワンダも、共に良い作品なのに、なかなかメジャーな扱いをされないのが悲しいところです。本当に、沢山の人に見てもらいたいですね。

HPも御覧いただきましてありがとうございます。転職用に作ったSiteなので、あまり工夫も面白みも無くてすいません。一年に一、二回は更新してますので(^_^;、また気が向いたらのぞいてやって下さい。

投稿: Q | 2006/02/21 23:04

こんにちは!
遠い国のことだから――と無関心でいることが、何よりも罪なことなんだと痛感しました。
でも、観て良かったです!!
そして出来れば、たくさんの人達にも観て、何かを感じてもらいたいです。

投稿: honu | 2006/03/04 10:10

honuさん、こんにちは。TBとコメントありがとうございます。
現実には事実を知ったからといって映画の中の赤十字の女性のような、直接影響のある行動を取れる人は限られています。
でもだからといって自分には何もできる事はないと傍観したり、関係ないことだと無関心でいるのは、やはり罪なことなのだ、ということを再確認させられる映画でした。
世界には不幸な出来事が多すぎますが、それでも自分のできる範囲で、できる事を、地道にやっていきたいと考えています。
この映画を一人でも多くの人に観てもらうことも、その一つと言えますよね。

投稿: Q | 2006/03/05 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダ:

» ディナーを続けている私(ホテル・ルワンダ) [家にいさせて]
ホテル・ルワンダを観た。公式サイト(日本) 亀も空を飛ぶ、Little Birds なんかを観てしまった後だけに、どうしても伝わり方が弱かった。 ドン・チードルの演技はとても良かったと思うけど、所詮ルワンダの人ではないし。全員英語を話してるところが不自然に思えたり。 どれも仕方のないことというか当たり前のこと。 というか、そもそも自分は何を期待して観に行ったんだ? 悪に悠然と立ち向かう正義を観たかったとでも? 目を伏せたくな�... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 08:50

» 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス 《公開時コピー》「愛する家族を....... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 10:16

» 「ホテル・ルワンダ」無力感を持って暖かい家に帰ろう [soramove]
「ホテル・ルワンダ」★★★★ ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ主演 テリー・ジョージ監督、2004年アメリカ ルワンダの内戦 そこでは想像を絶する行為が 行われていた。 今これを見てどうしたらいいのだろう。 真実は何を教えてくれ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 20:55

» トーク対談 ネットの匠 [限界SS:本流]
下諏訪で行なわれたトーク対談、行ってきました。 トーク対談 水木雄太氏×大橋俊夫... [続きを読む]

受信: 2006/07/02 21:34

« クロ 〜みんなのうた〜 | トップページ | ナルシスト議員の乱 »