« 虚弱猫トントの出産 | トップページ | 日進月歩 »

2006/03/25

種の壁を越える、愛

子猫が生まれて一週間が経った。3匹とも順調に育っている。
今朝体重を計ってみたら、茶虎200g、黒195g、灰色185gと、それぞれ生まれたときの倍くらいの大きさになった。

母猫のトントもすっかりお母さんらしくなった。基本的には一日中子猫のそばに張り付いて、甲斐甲斐しく面倒をみてやっている。でも一日に何度かは、息居抜きに寝床のカゴを抜け出して、人に甘えにやってくる時がある。その隙に、赤ん坊を狙う影があった。

我が家のビーグル雑種のヨン(♀4歳)だ。

ヨンは、子犬の頃から犬に慣れた我が家の猫どもに囲まれて生活してきた事もあって、基本的に猫が大好きだ。また、ヨンが我が家に来てから半年くらいたった頃に、私が生後一週間くらいの子猫を4匹保護して育てたことがあり(そのうちの一匹が、←の画像の猫、ごま♀)、その子たちの母親代わりとしてなにかと面倒を見ていたこともあって、特に子猫が好きでたまらない。今回も、出産が一段落してからと言うもの、子猫の鳴き声を聞く度に、心配して世話をしたくてウズウズしていたのだ。

幸いトントもおとなしい優しい性格の猫なので、あまりヨンに対してキツイ警戒や攻撃はしてこない。それをいいことに初めのうちは、トントの頭上を飛び越えて、背中の側にいる子猫に鼻先を当てたりしていた。さすがにこれにはトントもいい顔をせず、多少は手が出るようにもなったので、最近はトントがいる時にはあまり近づかないようにしているみたいだが、トントが餌を食べているときとか、上記のように息抜きに抜け出したときとか、今がチャンスとばかりにスススーッとカゴに近づいて、一生懸命子猫のお尻をなめてやったりしている。ヨン自身は早くに避妊手術をしたので、出産経験も犬の子育て経験もないのだが、動物に備わっている母性本能なのだろうか、犬なりに頑張って世話しようとするその姿に感心するとともに、種を超えた愛情を、微笑ましく思う今日この頃である。
偉いぞ、ヨン。

ただ、母親のトントがカゴに帰ろうとする時に、うなって怒るのはやめようね。

01kitten

|

« 虚弱猫トントの出産 | トップページ | 日進月歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種の壁を越える、愛:

« 虚弱猫トントの出産 | トップページ | 日進月歩 »