« ホテル・ルワンダ | トップページ | 二つの『拒否』 »

2006/03/01

ナルシスト議員の乱

いわゆる『疑惑の堀江メール』を巡っての、ここしばらくの政界の騒動。昨日の永田議員の謝罪(?)会見を受けて、新聞各紙、TV各局はそれぞれに論争討論かまびすしい。おおまかに言って、どこも民主党および永田議員に批判的である。

まぁ、当たり前だろう。あれだけ証拠をつかんでいるようなことを言っておいて、フタを開けてみたら何もなかったのだ。もともとの情報の脆弱さもあきれるばかりだし、ハッタリだけで乗り切ろうなんて、国会をナメているとしか言い様がない。それでなくても問題山積みなのに、余計な事で時間を浪費したことは、国民の利益を大きく損ねる背信行為に等しい。

永田議員という人は、学歴などを見ると非常に頭のイイ人らしいが、今回の事だけでなく、これまでの事も含めて人物像をみてみると、ただ単にナルシストの目立ちたがり屋で、ハッキリ言って国会議員の資質はないように思える。今回も、功名に駆られてエエカッコシイがしたかっただけのようにしか思えない。会見前、入院先の病院からでてきての最初の言葉にも、その自己愛ぶりが見て取れる。

『ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません。』

迷惑はともかく、誰もアンタの心配なんかしていないよ。
鳩山さんによると入院は『肉体的・精神的に憔悴した状態』だったからだそうだが、思っていた通り、やつれた感じもなく、血色もよかった。よほど快適な療養生活だったのだろう(^◇^)。こんな目に遭っているにも関わらず、どこかまだ、『自分は正しい』とでも言いたげな会見内容も、見ていて気持ちのいいものではなかった。正直、選挙区は違うが千葉県民として恥ずかしい。

国会での懲罰動議は確実だろう。自分から議員辞職していれば、すこしは見直したのだが、いずれにせよこのタイプの政治家も、国会から消えてほしい事には変わりはない。

|

« ホテル・ルワンダ | トップページ | 二つの『拒否』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナルシスト議員の乱:

« ホテル・ルワンダ | トップページ | 二つの『拒否』 »