« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の2件の記事

2006/05/29

元気の源、赤いギニア!!

先日、JETROが主催している『太平洋諸島展』と言う展示会を見に行った。
大洋州各国の特産品の見本市なのだが、こじんまりとしている割には盛況で、なかなかおもしろかった。将来、こんなのを扱うお店でもやってみたいもんだと思いながら回っていたら、こんなの発見。

『元気飲むある原住民パワー レッドギニア』

60粒入り¥19,800。怪しい。怪しすぎる。

ここで取り上げられている『ブアメラ』とはパンダナスの実で、現地の言葉では『マリタ』と言う。確かにパプア・ニューギニアの山岳地方では人気のある食材だった。私も何度かマーケットで売っているのを見かけたし、ビレッジステイをしている時に一度食べてみたこともある。赤い部分を砕いてバナナの葉に包み、蒸し焼きにすると、赤い部分が溶けてソース状になる。それをスプーンですくってなめ、種を吐き出すのだ。味は、ちょっと脂っぽい、薄味のケチャップみたいな物だったように思う。塩味と脂分に飢えているハイランド人はみなこれが大好きだった。

もらったチラシによると、非常に栄養成分が高いらしい。確かに、普段イモしか食わないくせに、とんでもない山道を荷物を担いで平気で十何時間も歩き回る彼らの持久力には驚かされたが、まさかこんな所にその答えがあったとは。でも、胡散臭いなぁ。このレッドギニア、実際飲んでいる人がいたら、効果のほどを是非コメントしてください。

初めてこのブアメラをマウントハーゲンのマーケットで見た時、まだ現地語のピジン語がうまく話せなかった私は、売っていたおばちゃんに英語でその味を尋ねてみた。するとおばちゃんは『スウィートだ』と答えたので、実際に食べるまで甘い物だと思っていた。後で知った事だが、ピジン語の『スウィート』には、甘い、と言う意味ももちろんあるが、むしろ広い意味で『美味しい』という使われ方をすることが多い。甘いモノと勘違いしたまま、大嫌いなケチャップ味の実を無駄に買わずに済んだことにホッとしながら、他の言語を取得するおもしろさを実感したもんである。

さらに余談。
このブアメラを食べた後、トイレ行くと、大変なことになってます(^^;。以下、自主規制。

Marita1_1Marita2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

我が名はシーザー

先週の火曜日、子猫の内の黒と灰色がもらわれていった。
新しい家について一時間ほどはオドオドしていたらしいが、その後はいつも二匹一緒で、家中を転がり回っているとのこと。生後二ヶ月とちょっとなので、親から離すのはちょっと早いかと心配していたが、姉妹で揃ってもらわれた事が良かったようだ。クレオとパトラと命名されたとのこと。じゃあ残った茶トラは男の子だし、ということで、シーザーに決定。でべそシーザーである。

さて、一人残されたシーザー君は寂しい状況になってしまった。急に遊び相手がいなくなってしまったのだ。たまに母親のトントが、興奮して我を忘れて全力で相手をしているが、やはり姉妹二匹と比べると役不足のようだ。また、他の古株猫達はみなメスで、揃って神経質と来ているため、なかなかシーザーに心を開かず、ゴマなんか近づく事すら許してくれない。シーザーが近づくことを喜ぶのは、犬のヨン位である。ウサギのウサコも近づくことは許している。喜んではいないみたいだが。

こうなると、欲求不満が高まるのも自然の事。シーザーは、人の顔を見ると、遊び相手をせがむようになった。まぁ、こちらの都合で兄姉妹生き別れの目にあってしまったのだから、責任は取らずばなるまい。棒の先にリボンをつけた手製の猫ジャラシでしばし遊んでやる。その元気たるや、凄いモンだ。部屋の隅から隅まで、全力疾走し、いきなり空中に跳ね上がり、まるでゴム鞠のようだ。正直、こんな小さい体のどこにそんなエネルギーがあるのか不思議になる。猫科の動物は総じて瞬発力に優れ、持久力に劣る、などというが、どうしてどうして。持久力だって侮れんよ。細い棒を振り回しているだけのこっちの方が先に疲れちゃうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »