« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の1件の記事

2006/11/14

ヒザ擦った!

今日、ちと早いが愛機SDRでの今年のサーキット走り納めとして、トミンサーキットに行ってきた。

寒いのが大の苦手の私は、すでに最近の朝方の寒さですら閉口しており、今朝も起きたのは早かったが、バイクにまたがって出発する踏ん切りをつけるまでが長かった。おかげでトミンまでの道中、すり抜け中に幅寄せしてきた前の車に追突しそうになるほどに急いだものの(我ながらみごとなジャックナイフフルブレーキングで、なんとか回避した(^_^;)、15分くらい走行開始時間から遅れて到着した。

そこからテーピングしたり、ミラーを外したり、ちょっと休憩したりと、走り出すまでに、また10分ほど無駄にしてから走行開始。あ〜ぁ、せっかく早起きしたのに、もったいないことしたなぁ、と思ったものの、これが意外な好結果を生み出した。

今日のトミンは平日にも関わらず、なかなか盛況で、走っていたのは12、3台は居ただろうか。到着時に感じた感想は、なんかコース混んでんなぁ、というものだったが、なぜか私が走行を開始すると、コースが空いてくる。最初に30分ほど遅刻した分、他のみんなと休憩のタイミングがうまくズレたようだ。時には、たった一人でコースを走っている時間帯もあった。で、私が疲れて休憩に入ると、その他大勢が一斉に走り出す、と行った感じ。おかげでじっくり自分の走りを考えながら走行することができた。

今回の走行は、ジャッカルチャンバーをつけての初めての走行でもある。エンジンの高回転域での伸びがノーマルチャンバーにくらべて良くなっているので、それまでとは多少シフトのタイミングや、ギヤの選択が違ってくるかもしれない。そう考えて、はじめのうちは慎重に走る事にする。また、今回こそは、きっちりハングオフスタイルを体得したい、と思っていたので、ブレーキングからコーナリング立ち上がりまでの、一連の動作、体勢を考えながら走る事を心掛けた。

少しづつ、ペースをあげて行く、やはり、ジャッカルチャンバーの効果は大きい。前回まではメインストレートで、場合によっては4速まで上げていたが、今回は3速で十分引っ張って行ける。また、トミン唯一の左コーナーは、いつも1速でまわっているのだが、これまではコーナーの最後の部分でエンジンが頭打ちになってしまい、シフトアップするのにもバンク中の微妙なタイミングで困っていたが、今回はストレスなく1速で回る事ができた。全体的にふけ上がりがいいので、加速もいい。以前は、特に排気量の大きい4st車に、コーナーで追い付いてもストレート加速で追い付けず、追い抜きができない、ということがよくあったが、今回はコーナーで追い付ければ次のストレートで前車を追い抜く事も可能になった。

ジャッカルチャンバーの軽快さを楽しみながら、自分のライディング動作を一つづつ確認して行く。ブレーキングの体勢、そこから倒し込みに行く時の動作の流れを素早く、確実に。そして視線は常にコーナーの先の先へ。頭の中で、今後ろからみたら自分の背骨はどんなラインを描いているか、頭や腰の位置はどうなっているのか、イメージしながら走ってみた。はじめのうちは、おそらく後ろから見たらかなり不格好なハングオフだったろう(^_^;。私も一生懸命腰をずらしたり、足の位置をステップの上で移動させたり、色々やってみたが、いつものようにブーツのつま先のプロテクターや、バンクセンサーを外したステップは地面に擦るのだが、なかなかヒザのスライダーは地面に着かない。

しかし三回目くらいの走行の時に、ついにその時がやってきた。

最終コーナーに入った時、ほんの一瞬、右ヒザから「ザッ!」と言う音が、感触とともに伝わってきた。焦って早めに車体を起こしたのでラインを外してしまったが、間違いなく、ヒザを擦ったのだ。バイクに乗って苦節十ン…年。WGPを見るようになって12年、ようやくレーサーの入り口のとば口の最初の一歩を踏めたのだなぁ、と、ちょっとだけ、感慨に耽った。おかげで、次の周回はコースアウトしそうになるくらいリズムガタガタ、危なくって仕方なかったけれどね。

まだ自分の意志で確実にヒザをバンクセンサーとするところまでは行けなかったが、その後も周回を重ねる毎に、右コーナーではヒザから下を擦る回数が増えてきた。確かにこの方が、これまでの完全ニーグリップ講習会スタイルよりもコーナーを安心して速く回れる。多少は差があるかもしれないとは思っていたが、こんなにも効果的なものだとは思わなかった。またサーキットを走る楽しみを見つけられたようだ。

惜しむらくは、トミンサーキットは左コーナーが一つだけなので、右と比べて練習回数が圧倒的に少ないせいもあって、左ヒザは擦ることができなかったことと、興奮を抑えつつ確認してみた右足の二ースライダーが、予想に反して、ちょこっとだけしか削れてなかったことかな。

ま、初めてなんだし、こんなもんかな(^_^;。良しとしときましょ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »