« やっとこさ | トップページ | ~フラガール~ 太陽にキスを »

2007/01/05

10ン年振り?

10年以上前、モアイ像で有名なイースター島に旅行に行ったことがあるのだが(現地の人はイースター島とは呼ばず、ラパヌイと呼ぶので、以下それで行く)、その時一緒になった日本人旅行者から、唐突に年賀メールが来た。まぁ、懐かしいし、覚えてもらっていて、ありがたい話だ。
久しぶりに当時を思いかえしたりした。

当時、まだ協力隊に行く前だった私は、個人での海外旅行は初めてだと言うのに全然英語が話せず、しかも南米がスペイン語圏だと言うことさえも知らず、普通に飛行機で行けば日本から30時間くらいかかるラパヌイまで一気に行こう、という、今考えれば無謀としか言い様のないスケジュールで、まぁなんとかなるさ、と気楽に考え過ぎて旅に出た。結局、飛行機の便の都合で、一旦チリのサンチャゴで足留めされたが、それがなかったらとてもじゃないが体が持たなかったろう。それでも案の定、大変な旅行になってしまった。

例えば、南米に行くのになぜか一度アメリカ合衆国に入国しなければならず、アメリカからチリ行きに飛行機の乗り継ぎ時間が二時間しかなかったので、入国審査してすぐ出国審査と、デカい荷物を抱えてロスの空港を汗だくで右往左往したり、チリについてからの宿を全く考えていなかったので、サンチャゴの空港でスペイン語に囲まれてどうしていいのか途方に暮れていたり。

なんとかたどり着いたラパヌイも、結局言葉の問題から、今考えればとてつもなくもったいないのだが、二週間ほど滞在していながら、ほとんど現地の人との交流が持てなかった。ちょうど独立記念日前後の頃で、島全体がお祭りムードだったのに。ついでに、17歳の白人美少女とのロマンスもありそうだったのに(T_T)。今なら無理矢理でも交流しているだろう(^_^;。

で、今回年賀メールをくれた彼は、当時東大を休学して南米にサッカー留学していて、スペイン語が話せた。おかげで、宿やレンタカーの値段交渉や、帰りの飛行機のリコンファームなど、ずいぶんと助けてもらったし、旅行自体、楽しいものになった。その後、帰国してから、二度ほど旅行で知り合った人たちと一緒に食事をしたように思うが、それからしばらくはお互い連絡をとっていなかった。確か日本郵船に就職した、と聞いていたが、今回貰ったメールにあるURLによると、語学に関する本を執筆しているらしい。

『こねこねのさいと』

せっかくだし、面白そうだから、一冊買ってみようかな。特に英語の勉強に興味のある方は、上のSiteを御覧になってみてください。

ちなみに、このWeb Siteの、とあるところに、小さいながら当時の私が写っている写真があった。
若いなぁ、俺。あれからいろんな意味で、全然成長してないなぁ。とほほ。

<追記>
こちらは2004年にパラオで開催された第9回太平洋芸術祭でのラパヌイのパフォーマンス。ラパヌイはポリネシアと南米の血が混ざっているせいか、美男美女が多いです。

|

« やっとこさ | トップページ | ~フラガール~ 太陽にキスを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10ン年振り?:

» 『太平洋芸術祭』今年の夏はアメリカンサモアを目指せ! [Rabis Tok]
今年2008年は、第10回太平洋芸術祭アメリカンサモア大会の開催年である。 太平 [続きを読む]

受信: 2008/05/02 18:03

» ひまつぶしに大量上げ(太平洋芸術祭) [Rabis Tok]
ゴールデンウィークのひまつぶしに(かなしー)、前から続きをや [続きを読む]

受信: 2008/05/02 21:38

« やっとこさ | トップページ | ~フラガール~ 太陽にキスを »