« 10ン年振り? | トップページ | Appleよ、この対応、おかしくね? »

2007/01/11

~フラガール~ 太陽にキスを

ちょっと前の話で恐縮だが、ここ数年、クリスマスの少し前に休みを取って、相方と旅行に行くことにしている。で、昨年はスパリゾートハワイアンズ、かつての常磐ハワイアンセンターに行ってきた。なんでかっつーと、理由はいくつかあるのだが、一番はとてもお手軽価格だったからだ。

東京から無料で送迎バスが出ていて、一泊二食付き、スパリゾートの二日間入場券込みで、たったの10500円。

これで経営が成り立っているのか?と余計な心配をしたくなるくらいの料金である。

ここに行くことを決めた時、初めて『フラガール』の映画を知った。
まぁ、行く前にハワイアンズの予習にでもなれば、と軽い気持ちで観に行ったのだが、これがとてもいい映画だった。すごく乱暴にまとめてしまえば、『プリティ・リーグ』に『リトル・ダンサー』と『遠い空の向こうに』をまぜて、上質のエキスだけを汲み取ったような感じだ。映画についてのマスコミなどの紹介では、東京からダンスを教えにくる平山まどか役の松雪泰子と、これが映画デビューになる南海キャンディーズのしずちゃんのことがやたらと取り上げられている気がするが、全体を通して誰か一人が突出するという話でもなく、中弛む事もなく、最後まで楽しめた。劇中のダンスも、さすがに本場のタヒチやクックの連中には及ばないが、南太平洋文化オタクの私が十分に楽しめる内容だった。ついでに、はじめて豊川悦治がいい役者だと思えた(^_^;。まだ映画館で見ることができる方にはぜひ観てもらいたい。

ある事の責任を取る形で、東京に去ろうとしている松雪演じる平山先生を、ダンサーたちが引き止めに行く駅のシーン。ダンサーたちは、フラならではの方法で、自分達の思いを先生に伝える。とても素敵で感動的なシーンだ。これが実話だと言うから恐れ入る。あんなことされたら、そりゃ誰だって居残るわな。

あと個人的に、松雪や蒼井優らとは違って、映画の情宣でもマスコミでもあまり取り上げられないが、早苗役の徳永えりが非常に気になっている。中学を卒業後、家庭の事情で高校には行かず、選炭婦として爪を真っ黒にして働く18歳の早苗。なんとかそこから抜け出したいと切実に願う気持ち、練習なんてまだまったくしていないのに、初対面の平山に練習の成果を見せろと言われ、体操のようにぎこちないフラダンスを踊ってみせる時の精いっぱいの笑顔、そしてタヒチアンダンスの衣装を身に付けて、幼い弟妹に『姉ちゃん、めんこいか?』と嬉しそうに訊ねる姿。その後の展開を考えると、あまりにも不憫で仕方がない。フラダンサーの夢を、幼い弟妹のために諦め、父親の都合で夕張の炭坑に引っ越して行った彼女のその後はどうなったのか、それが気になって気になって(^_^;。早苗には、せめてその後に、そこそこでも幸せな人生が待っていたことになっていてほしいし、そこまで想像させる演技をした徳永も、もう少し評価されていいのではないだろうか?

さて、このblogの表題についている『太陽にキスを』は、フラガールのサントラの最後の曲、『フラガール 〜虹を〜』の一節。このサントラもいいんですよ。映画を観たらぜひこちらも買って聴いてみてください。照屋実穂という新人のシンガーソングライターが歌っている歌だが、
 
 大地に光を
 果てしない夢を
 太陽にキスを
 変わらぬ瞳を

というサビは、歌詞と曲調に、照屋の声質がマッチしていて聞いていて清々しい気分になる。自然と南太平洋の、海辺にたたずんでいる記憶が湧いてきます。

話もどって、スパリゾートハワイアンズだが、これが結構楽しかった。

最初の日は、なぜか室温が低く、水着でいると震えてしまって風邪をひきかけたが、帰りの日はウォータースライダーで滑ってはポケットの中の小銭を失くしまくるくらい散財してきた。そして、本物のフラのショーも、映画の影響か盛況で、内容も、国内版太平洋芸術祭、と行った感じで十分満足させてくれるものだった。まぁ、マオリの、特に男の方の踊りはもう少し努力(というか、迫力?)が必要かな。しかし、ハワイアンなはずなのに、フラにタヒチにマオリにサモアとくるならば、パプア・ニューギニアのシンシンもいれてくれないかな。マッドマンの踊りだったら、俺がやってもいいですよ、ハワイアンズさん(^_^;。フリ族のシンシンでもいいや。どうですかね?

Mud_man_1マッドマン

Furi_1フリ族

|

« 10ン年振り? | トップページ | Appleよ、この対応、おかしくね? »

コメント

はじめまして。
東京から1万円とは破格ですね。
リーズナブルでラッキーですね。

投稿: 白石のマツケン | 2007/01/11 23:57

白石のマツケンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

一万円だったのは、
私たちが泊まったホテルがクレスト館という離れの別館だったから、
と言うこともありますが、
東京から自分で車運転して高速使って行くことや、
電車に乗って行くことを考えたら、
やはり破格のお値段ですよね。
東京からだけでなく、埼玉や横浜からも無料送迎バスが出ています。
もしこの辺りにお知り合いの方がいらっしゃったら宣伝してあげてください(^_^;。

投稿: Q | 2007/01/13 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~フラガール~ 太陽にキスを:

» フラメンコ衣装・フラダンス衣装emika [フラメンコ衣装・フラダンス衣装emika]
フラメンコ・フラダンス衣装ならこちら [続きを読む]

受信: 2007/01/12 15:05

» フラメンコ衣装・フラダンス衣装emika [フラメンコ衣装・フラダンス衣装emika]
フラメンコ・フラダンス衣装ならこちら [続きを読む]

受信: 2007/01/12 16:29

» フラガール−(映画:2007年25本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい泣き....... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 09:50

» 『太平洋芸術祭』今年の夏はアメリカンサモアを目指せ! [Rabis Tok]
今年2008年は、第10回太平洋芸術祭アメリカンサモア大会の開催年である。 太平 [続きを読む]

受信: 2008/05/02 18:01

» ひまつぶしに大量上げ(太平洋芸術祭) [Rabis Tok]
ゴールデンウィークのひまつぶしに(かなしー)、前から続きをや [続きを読む]

受信: 2008/05/02 21:05

« 10ン年振り? | トップページ | Appleよ、この対応、おかしくね? »