« 『不都合な真実』〜この人が大統領だったハズなのになぁ、大統領だったらなぁ〜 | トップページ | 大名…5万円 »

2007/02/04

Skypeはじめました

Mac OSのバージョンをTigerにあげたことで、Skypeが使えるようになった。
10年前、協力隊に参加していた頃、『Net2Phone』という同じようなソフトが登場し、なんとかこれを使ってパプア・ニューギニアから日本や世界中の同期隊員と電話できないか、と悪戦苦闘したもんだったが、結局あの頃は全くといっていいほど使える状況ではなく、その後ずっとパソコンを使ったインターネット電話には興味がなかった。

また、携帯電話もつい二年ほど前に、転職活動の必要にかられてようやく手にした私は、もともと普段からあまり電話で話をすることが好きではないのだが、携帯を持っていると、やはり便利で何かと使ってしまって、その後の請求書にビックリする事がある。そんなこんなで、Skype同士での会話ならタダになるし、それ以外でも、電話料金の節約になるのなら、と導入してみた。

使ってみての感想は、まぁ、意外と使えるか、といったものだ。ちょっと前の、いっこく堂がやっていたみたいな衛星中継のような音声のズレがたまにあるが、音声も悪くなく、Skype同士の会話はあまりストレスなくできた。問題は一般電話への通話だ。

自宅の電話や、自分の携帯、某鉄道会社への問い合わせ電話などは問題なく通話できたのだが、一番肝心の彼女の携帯電話と自宅の電話には、通話状態になって数秒後にこちらの声が切れてしまう。向こうからの声は聞こえるんだけれどね。

あと、周りにSkypeを使っている知人がほとんどいない、ということも困った事で、結局、タダ電話の意味があまりない。なんか、初めてNIFTY-Serveでパソコン通信のメールアドレスを取得した時と状況が似ている。メールを送ってみたいんだけれど、送る相手がいない、ってね。

まぁ、そんなこんなで。なにかどこかが本末転倒な気もしますが、これを読んだ友人、知人のみなさま、Skypeやっていたら連絡してください(^_^;。ただ、電話での会話はあまり弾まないかもしれませんが…。

|

« 『不都合な真実』〜この人が大統領だったハズなのになぁ、大統領だったらなぁ〜 | トップページ | 大名…5万円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Skypeはじめました:

« 『不都合な真実』〜この人が大統領だったハズなのになぁ、大統領だったらなぁ〜 | トップページ | 大名…5万円 »