« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の5件の記事

2007/07/25

これがほんとの

免許をとってから、かれこれ20年近い月日が経っている(ヤバい、年がバレる(^_^;)。
この間、そんなに台数が多い訳ではないが、乗り継いできたバイクはすべてYAMAHAのバイクだった。私のようなライダーを、世間では『YAMAHA乗り』と言う。

そんな風にお世話になってるYAMAHAだが、もともとはオルガンを修理するんだか作るんだかの会社としてスタートして、その後音楽関係の仕事も充実させつつ、その他にいろいろと音楽とはあんまり関連なさそうな業界に幅広く手をのばして現在の世界的企業YAMAHAに至っている。改めて考えてみれば、なんで楽器製作からオートバイを作ってみようという気になったのか不思議だが、まぁ、そのおかげでSDRがあるのだから、ありがたいことだ。

さて。今日の昼、仕出しの弁当を食べていて、YAMAHAの新たなチャレンジをみつけてしまった。
こちらがその証拠写真である。

Yamahanori

ついにYAMAHAは食品業界にまで撃って出るようになったのか。それもニッチな岩海苔を狙うってあたりがYAMAHAっぽくていい(^^)。

海外、とくに欧米諸国では、岩海苔は食べ物として認識されていないと聞いた事がある。世界のYAMAHAが取り扱う事で、今後は健康食品として、音叉マークの岩海苔をフランスパンにディップするスタイルが流行に敏感なパリジャンの間に定着していく事だろう(ほんとか?)。

そして、これがほんとの『YAMAHAノリ』!

.........お後がよろしいようで(^_^;。

※注 この海苔を作っているヤマハさんと、音叉マークのYAMAHAは何の関係もありません。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

似て非なるもの

慣らし運転もすでに700kmに達し、少々遅いが少しづづエンジンに負荷をかける乗り方に変えてみた。う〜ん、やっぱりいいなぁ、この加速(^^)。
そんな昨夜、仕事が終わっての帰宅途中。前方に見覚えのあるCB1300SFがいた。慣らし運転始めたばかりの頃に出会ったおじさんライダーだ。なぜ覚えていたかというと、結構巧くて速いおじさんで、慣らし運転だったのもあるが、前回出会った時ブッチギられてしまった事と、まるで白バイ隊員のような、わかりやすいリーンインでコーナーを駆け抜けていった姿が印象的だったからである。

よーし、ここであったが百年目。(おいおい)

信号待ちでさりげなーく横に並び、信号が青になるとともに、猛然とダッシュ!(大人げな(^_^;)

ちょっと濃すぎるセッティングの為、モウモウたる白煙を残して2stの加速力で一気に引き離した。さぁここからだ。向こうはゆとりの1300。ここから悠然と追い越してくるぞぉ、って、あれ?

そのまま引き離して次の信号まで。なんだ、やっぱSDRその気になればスゴいぢゃん、なんて悦に入っていたら、後ろから、

「すごいねぇ、そのバイク。」

一瞬白バイにでも話しかけられたのかとおもったら、そのCBのおじさんでした。何の事はない、おじさん、SDRに興味をもって、ずっと後ろから見てたのだ。

まぁ興味を引くような車体であることは否定はしないよ。いっちゃなんだが、CBなんて、いいバイクだけれどすべての面で無難すぎるし、SDRみたいなバイクは刺激的でしょ?

なーんて相変わらず不遜に思っていたら、不意打ちの一言。

「このバイク、ドゥカティでしょ?」

目眩がしました。(^_^;)

あの、まぁ、似てるかもしれませんが、こっちの方がデザインは多分先なんです。こんな小さいドゥカ、あり得ないし。

いろいろと話し込んで説明したかったが、信号は無情にもかわってしまった。なんとか「いや、YAMAHAです。」と言うのがやっと。おじさんは角を曲がって行ってしまった。

なんか、何に対してだかははっきりしないが、微妙に悔しく、口惜しい夜でした(^_^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/19

Macのお約束

現在検討中の転職に向けて、先月末に、Apple Storeで新しいMacBookを購入した。
いろいろ忙しくて時間がとれず、しばらくほったらかしにしてあったが、ようやくここにきて、設定などの環境を九割方整えたところで、Macを買い替える時のお約束が発生。

これまでメインで使っていた青白G3が不調になった(T-T)。

いろいろ試してみたが、HDに修復不可能なダメージが発生したとのこと。こうなっちゃもうしゃーないね。今、全てを諦めてHDを初期化して、システムを再インストールしている最中です。とほほ。なんでまぁこんな、機械のくせに駄々っ子みたいな反応を示すのやら。

Mailや重要なデータなんかは既にMacBookに移してあったりBackupとってあったりしたのだが、iTunesに入っていた音楽データが全部消えたのは痛い。iTunes Storeで購入したものもいくつか消えてしまった。こういった形での音楽の購入について、再検討したほうがいいんだろうなぁ。

現在データ転送中で暇なので、これまたさらに前のメインMacだったiBook Dual USBを使って投稿してます。MacBookを使ってみて思ったことは、これまで10年以上Macを使っているが、Macの処理速度に満足できたのって、今回が初めてではないだろうか、ということ。
LC3、Power Mac 7100/80AV、PowerBook150、PowerBook1400/117CS(のちにCPUをG3に載せかえた)、iBook、青白G3と使ってきたが、どれも微妙にソフトとハードの性能に満足できないところがあった。

LC3とPowerBook150は、もともとのハードの性能が低すぎた。Power Mac 7100/80AVはハードの性能を生かせるOSがなかった。PowerBook1400/117CSはPower PCに期待したが基盤がタコでハズレだった。iBookはOS 9ならなかなかいけたが、当時のOS Xはまだまだ使い物にならなかった。青白G3はOS X Tigerのできの良さでそこそこ使えるが、今使うにはやはりハードが古すぎだ。

現在のintel MacとMac OS Xの組み合わせはとても快適だ。サクサク動くし安定感も抜群である。ようやくAppleも、この価格でこの満足を提供できるようになったんだなぁ。あとは耐久性かな。前のiBookとPowerBook1400は仕事で持ち歩いたらすぐに壊れたけれど(両方ともバッテリーとモニターと電源アダプタがイカレ、1400はHD、iBookはキーボードが潰れた。ちなみに今、iBookに外付けキーボードとモニターつけて使ってます。かなり反応が鈍いです。)、果たして今回はどうなるか?

ま、これまでの経験から、今回『は』Apple careに入ったから(^-^;、少しくらいなら耐久性悪くてもいーけどねー(いいのか?)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/07/06

そんな考えだから

原爆投下の正当性、米核不拡散担当特使が強調

 【ワシントン=大塚隆一】米国のロバート・ジョゼフ核不拡散担当特使(前国務次官)は3日、国務省で行った記者会見で、広島、長崎への原爆投下について、「さらに何百万人もの日本人が命を落としたであろう戦争を終わらせたという点に大半の歴史家は同意すると思う」と述べ、改めて正当性を強調した。

 原子力平和利用分野における米露協力に関する記者会見で、「原爆投下は技術の非常に無責任な利用だったと思う」と指摘されたのに反論した。
(2007年7月4日13時33分 読売新聞)

胸焼けがするほどの詭弁っぷりである。さらに何百万人もの日本人の命を助けたるために、広島長崎の何十万を殺さなくてもいい方法が絶対にあった筈だ。だいたい、人の命をそんな数字の損得勘定でしか考えられないから、アメリカの『正義』ってヤツは世界中で嫌われるのだ。

広島長崎の原爆に対して、アメリカがこの程度の認識しかできないと言うのなら、核廃絶はとてつもなく、絶望的に遠い道のりだと言えるだろう。被爆地出身のクセに、同じような認識しかできない愚かな政治家がいるが、アメリカの多くの良識ある人たちは、あんな愚か者でない事を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/04

ボッてないで、マニュアルくらい付けようよ。

先日、ずっとほったらかしていたPhotoShopとFreeHandをアップグレードした。
PhotoShopは5.5からCS2を経てCS3へ。
FreeHandは9からMXへ。

で、CS2はこれまでのPhotoShop、というかAdobe製品の良い伝統を引き継いで、とても綺麗でわかりやすいマニュアルがついていたのだが、CS3にはついてこなかった。FreeHandもVer.9までは、Adobe製品程は力が入ってはいなかったが、それでも実用的なマニュアルが付いて来ていたのだが、MXにはついてこなかった。共にうすっぺたいファーストガイドが付いて来ているだけで、マニュアルはPDFにしてディスクに収録してあるそうだ。PDFにすることで、検索しやすく、見つけやすい、とのことなのだが、パソコンで作業していて、同じパソコンの画面でヘルプを見る事くらい、やっかいでめんどうなことはないというのに。

FreeHand MXの方は、Adobeに問い合わせたらもともとマニュアルが無いとの事。まぁもう、このソフトを使おうってな輩は、もとからのFreeHanderくらいしかいないんだろうけれど。それでもこれじゃ、新しく使おうという人が出てくる筈が無い。寂しい話だ。

PhotoShop CS3はパッケージをよく見たら、マニュアルは別売りで有る、との事。早速Adobeストアで発注する。送料込みで2000円弱。こんなんなら、パッケージに含めておいてよ、Adobeさん。マニュアル分はちゃんと払うから。850ページもあるマニュアルを、いちいちPDFなんかで見ていられないよ。

ついでに同じAdobeストアで、FreeHand MXの、わずか38ページでモノクロの上記のうすっぺたいファーストガイドが、なななななぁんと、5250円もする。
ボリすぎだっつーの、Adobe。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »