« 沼田憲保選手のご冥福をお祈りいたします | トップページ | 安倍さんはとっとと海を渡れ »

2007/09/09

盗人猛々しいとはこの事だ

宮路議員、二重計上は「微々たるミス」

 宮路和明・自民党衆院議員の選挙運動費用収支報告書と、本人が代表を務める党選挙区支部の政治資金収支報告書に二重計上が発覚した問題で、宮路議員は8日、鹿児島県日置市内で取材に応じ、「社会保険庁や役所、NHK、一流企業ですら、経理ミス、補助金ミスはしょっちゅうある。そういうものから比べれば、全く全く微々たるもの」と述べた。

(2007年9月9日3時23分 読売新聞)

ハァ? なんじゃそりゃ?

よそがミスしてれば自分とこも構わないってか。呆れるのを遥かに通り越すロジックだ。まさにこういうのを『盗人猛々しい』というんだろう。

この宮路議員は、選挙運動費用の収支報告書に、法律で義務付けられている約580万円分の経費の領収書を添付しなかった上に、そのうちの約540万円分を、自分が代表を務める自民党支部の政治資金収支報告書にも経費として記載し二重計上していたそうだ。事務所は「二重計上については失念していた。領収書を添付しなかったのは勘違いで、事務的ミスだった」と認めたそうだが、普通の会社で500万もの金の領収書を、勘違いで添付しなかったなんてあり得ない。その上二重計上なんてしたら懲戒免職、最悪刑事告発モンでしょ。

ここ最近の自民党のセンセイ方からは、懲りもせずに後から後から、まさに雨後のタケノコのようにこの手の金の不祥事がわいて出てくる。おまけにどいつもこいつもそろって百万単位の金の話なのに、記載ミス、事務処理ミスで済ませてしゃあしゃあとしている。どれだけ自分たちが世間一般常識とズレているのか、ぜんぜん理解できていない。だいたい、『微々たるもの』って、500万円だよ!? おそらく今の一般的なサラリーマンの平均的な年収よりも多いくらいだろう。こんな奴らに政治を任せておいても我々の生活は絶対に良くなんかなりはしない。宮路議員他問題の自民党のセンセイ方。期待がしないが、まだ政治家としてのプライドが心に一欠片でも残っているのなら、今すぐ辞表を提出してください。

ま、期待はしてないけれどねぇ。どうせあんたらの『プライド』こそ、微々たるもんだろうからねぇ。

|

« 沼田憲保選手のご冥福をお祈りいたします | トップページ | 安倍さんはとっとと海を渡れ »

コメント

ども!おひさ〜

そうな〜この手の話題は腹立たしいよね
私が良く思うのは
この手の事って絶対
『粗探し』している調査部門と
そのネタを『リークするタイミング』を見ている
反対勢力の政治家が見え隠れしていますよね

政策で勝負しないで情報操作で勝負している
海外も似たりよったりですが
程度が低いって〜か
くだらね〜つーか...

不正をしている方も
リークしている方も
俺たちをバカだと思ってんだろうな...あははぁ
(私あは、ある意味バカなので....あまり反論もできんか??...笑)

バイク乗ってます?雨降りの後は残暑で
バイクに乗るのも大変ですね...汗

投稿: smile? | 2007/09/09 13:55

smile?さん、こんにちは。毎度コメントありがとうございます。
Club Smoky、その後移転の具合は如何でしょうか?(^^)

今回の一連の自民党の政治資金関連の話は、最初取り上げようかどうしようか迷ってまして、そうこうするうちにオレもアタシもと、ウジャウジャウジャウジャわいてきて、しかもみんな突っ込みどころ満載なもんで、今回はパスしようかと思っていた矢先にこの発言でした。ほんともう、いい加減にせーよ、ってな感じです。ついでに、500万が微々たるもんだっつーんなら、オレにくれといいたいです(^_^;。

先日、SDRでいつも行く房総半島の山道を攻めに行きましたよ。もっとも、雨が降って半分くらいしか乗れませんでしたが。でも久しぶりすぎて、腰と尻と足が大変な事になりました。そのまた前にベルーガさんにお会いいたしまして、キングコブラについてすこしレクチャーしていただきました。おかげで楽しく乗ってます。2stオイルの消耗は相変わらず激しいですが…。

もう少しすずしくなったら一年ぶりにトミンに行こうかと思っている所です(^^)。でもその前に、タイヤ変えなきゃダメかな。トミンで走る為に去年履かせたBT-39SS、いろいろあった為に、トミン走る前にもう終わりそうです(T_T)。

投稿: Q | 2007/09/10 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盗人猛々しいとはこの事だ:

« 沼田憲保選手のご冥福をお祈りいたします | トップページ | 安倍さんはとっとと海を渡れ »