« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の3件の記事

2007/11/27

久闊を叙す

先週の土曜日、青年海外協力隊9年2次隊、駒ヶ根訓練所候補生の10周年を記念して、新宿で同期会を開催した。北は北海道から南は沖縄まで、全国、全世界に散らばっていた同期128名の内、35名が集まってくれた。半分は本当に10年ぶりの再会だ。懐かしい顔ぶれが揃い、あっという間に時間が経つ楽しい集まりになった。判らないくらい変わった人というのはかろうじていなかったが、総じて男性陣はフケ込んでいて(^_^;、女性陣はみんなキレイになっていた。

今回、事情あって(^_^;暇していることから、同じPNG隊のIさんと一緒に幹事を引き受けたのだが、参加できなかった人を含めてみんなの近況を聞く度に結構凹んだ。海外で国際協力の最前線に居たり、国内外の大学院で博士課程にいたり、帰国してから勉強して教職や医療職についたりと、みんなこの10年でスゴい努力をしている。ちゃらんぽらんでうだうだしてんのは俺だけだなぁ、とちょっと情けなくなった。これから頑張らないと、と励みになりました。

都道府県ごとのOB・OG会や派遣国ごとの集まりは結構あっても、同期会はあまりやらないものらしい。まぁ、同期隊員が一緒にいた訓練所生活は、中身が濃かったとはいえわずか二ヶ月半だからね。それでも、またそう遠くないうちに集まりたいね、という意見が出た。異存はないが言い出しっぺが幹事だからね。モルティブ隊のAちゃん、W.Tちゃん、言質はとったよ。次はモルティブ隊中心でヨロシク(^^)。

それと今回、せっかく集まれたのだし、今後も緩やかに連携が続いていければいいなぁと考えていたら、スリ・ランカ派遣だったSさんが中心になって、mixiでコミュニティ作ろうと言ってくれた。これ読んだ同期の方、私にMailしてくれればmixiへ招待します。どうぞご遠慮なく連絡してくださいね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

KING Cobraとキャブのセッティング

先日、愛機SDRのキャブレターのニードルジェットのクリップ段数を一段上げて、少し絞ったセッティングにしてみた(理由はこちら)。まだそんなに長距離を乗っていないのだが、アクセル中開度でのエンジンの切れとパワー出力が良くなったように感じる。もっとも、ここ数日で急に気温が下がり、冬型の気候になったので、乾燥して空気の密度が濃くなっている事の方が強く影響しているかもしれないが。なんにせよ、もう少し検証が必要という事かな。

せっかくなので、自分の備忘録も兼ねて、現状のセッティングデータを記しておこうと思う。どれくらいKING Cobraを使っているSDRユーザーがいるかは知らないが、何かの参考になれば幸いです。

 エンジン:0.5mmボア・アップの排気量198cc
      (シリンダーヘッド面研-0.5mm)
 エアクリーナー:ノーマルでブタ鼻外し
 プラグ:NGK BR9ES
 ガソリン:ハイオク
 2stOil:YAMAHA オートルーブスーパーRS
     (分離給油+40〜60:1混合ガソリン)

キャブは、基本は忠男レーシング推奨のセッティング(MJ#230、NJ Q-2、PJ#25、PWJメクラ)。ここから、メインジェット(MJ)を焼き付き防止で#240にし、ニードルジェットを上記のようにアクセル中開度でのカブリ防止でクリップ一段上げてある。

忠男レーシングによると、MJは#230でもかなり安全マージンを取っているとのことだが、前回それでエンジン壊れたので…。混合ガソリンの混合比も、忠男レーシング推奨は80:1なのだが、エンジン保護の為に濃いめにしてある(以前は100:1くらいでやっていてエンジン壊した)。

余談だが、そんなにエンジン保護が気になるのなら、マイクロロンやZOILなんかの添加剤は使わないのか、とういう方がいらっしゃるかもしれない。実は以前、物は試しと「エンジン内部にチタン皮膜をつくる」という2stオイル"MAX TITAN"や、
"ZOIL"を使ってみた事があるのだが、現在は基本的に使わない事にしている。理由は以下の二つ。

まず、上記の二種類の添加剤を使ったみた直後にエンジンが壊れたから(^_^;。別にこれらの製品が悪かったというわけではないだろうが、使ってみても結局、壊れる時は壊れる。気休めにもならないと思った事が一つ。

二つ目は、もしそれらの製品が本当にエンジンに対して有効なものであるのなら、真っ先にMotoGPのワークスチームが使っているはずだからだ。0.1秒のタイムを縮める為に多大な出費をも厭わない彼らがそれらを一切使っていない。ということはつまり、『たいした効果がない』ということだ。

そんな感じで、具体的にどの程度効果があるのかわからないのに、値段だけは張る添加剤を使うより、その分のお金を日々のハイオクガソリンや良質のオイルにあてた方が、絶対にエンジンに優しい、と今は考えている。

もっともKING Cobraの場合、エンジンを回しすぎると理屈の上では回転数が13000回転を超えてしまい、ピストンスピードがレーサーエンジン並みになるらしいので、何をどーしても必然的にエンジンは壊れるらしい。基本は『回さない』事だそうだ(ベルーガ氏談)。しかし、回せないレーシングチャンバーって、一体…(^_^;。

<追記>
この10日後、セッティングをまた変更しています。詳細は12/02のblogを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

My name on the MotoGP Bike!!

先ほど、あの『キング』こと、ケニー・ロバーツが率いるMotoGPのチーム、Team Robertsから私宛にE-Mailが来た。

Mailの内容は、来期、MotoGPで活動するにあたって有能なスタッフを捜している、ついては君、どーだ、…というような妄想の内容ではない(^_^;。Team Robertsは、この週末にスペインで行われる今シーズンの最終戦、バレンシアGPにおいて、自分たちのマシンKR212Vに、これまでチームを支えてくれたファンの名前を無料で掲示する"Your name on the TeamKR Bike!!"というキャンペーンをやっていて、それに応募したことへの返答だった。

実は、募集のページの英語、さらっと読み流し過ぎてしまって、てっきり抽選だと思い込んでいた。なので、Mailが来て非常にびっくりしたのだが、なんのこっちゃない、応募者全員(16000人分)を掲示したようだ。とはいっても、憧れのMotoGPマシンに自分の名前が乗るなんて、やっぱりスゴい。これが茂木だったら絶対に観に行ってたなぁ。スペインまではさすがにいけないもんなぁ。残念。もっとも、観に行ってもピットウォークかなにかで、KR212Vにこれでもかと近づかないと、名前なんて判別できないけれどね。なんせ16000人分。ものスゴく細かい字で書いてある。

613048_140
見よ、この細かさ。文字なんてほとんど判別できん。

それでも、送られて来たMailには、丁寧に、アナタの名前はここの部分にある、SiteにあるPDF形式のステッカー図で確認してくれ、とのこと。早速確認してみた。

私の名前は"Right panel"にあるとのこと。ちょうど、タンクとエンジンの間に挟まれた部分だ。ソコの部分のサイトを開いて名前で検索をかけてみると…、あった!

絵的には、ちょっと下の方がとんがっているのだが、そのとんがっている所の中程に私の名前が確かにあった。うわ〜、なんかスッゲー小さいけれど、スッゲーうれしい。この週末はこのKR212Vに乗るケニー・ロバーツの次男坊、カーティス・ロバーツを応援しようっと。

昨年はHONDAのエンジンとミシュランタイヤで予想以上の好成績を残したが、今年は逆にその二つが足を引っ張る形となって散々なシーズンとなってしまったTeamKR。エースライダーのはずの元500クラス王者、ケニー・ロバーツJrはやる気をなくしてシーズン途中でマシンを降りてしまい、このまま引退するのではないかと噂されている。チーム自体も来年はMotoGPではなくSBKか、とか、有力なエンジンの供給が見込めなくて活動停止か、となかなか不透明な先行きだが、せめて今度のレースでは来年につながる走りを見せてほしい。そんな16000人分の思いが乗っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »