« 『太平洋芸術祭』今年の夏はアメリカンサモアを目指せ! | トップページ | 殴っちゃいけません、…が。 »

2008/01/06

夏のツーリングでは『もちや二輪車会館』へ!

昨年のクリスマス、連れと一緒に富士・河口湖へ行った時の事。泊まったホテルの近くに『もちや二輪車会館』というのがあったので、帰りにちょっと寄ってみた。この日は真冬で雪が降った翌日だった事もあり、他の来場者も無く空いていたが、後でここのWeb Siteを見てみたらオフ会などでもよく使われる所だそうで(オフ会をやる場合は必ず事前に連絡を、との事)ツーリングシーズンには結構混むそうだ。

中に入るとずらりと並んだバイクの群れ。約160台のバイクがあるという。80年代までのヨーロピアンスタイルのクラッシックバイクを中心に展示してあり、古いものは明治時代の物まである。個性的なデザインの車両、昔ながらの機構を持った車両など、どれもこれもバイク好きなら見ていて飽きないものばかり。連れそっちのけで堪能した。

国道139号沿いにあるドライブインもちやの看板。
Photo

もちや二輪車会館の正面。
Photo_2

入ってすぐの所にあったオートレース競技車両。フロントのサスの左右それぞれにNHKのステアリングダンパーが装着されている。どういった効果を狙った物なのか?
Photo_3

個性的なスタイルのツバサファイターHC。ツバサ工業(株)製作、昭和34年式、価格13万2千円。当時の大卒の初任給の平均が1万1297円だそうだから、まるまる給料一年分!!
Photo_4

ツバサファイターHC前方からの図。まるで波動砲だね。
02

グッドGR型というバイクの125ccエンジン。年式、製作会社不明。なんとシンプルな構造か。エアクリーナーこんなんで大丈夫なのか?
Gr124cc

長本発動機研究所製作のライフ号。年式不明。キャブレターが変なとこについてる。リアのサスペンションに注目。昭和20年代前後の車両にはこのタイプの物が多かったみたい。
Photo_5

金剛F-1という昭和30年のバイク。画像は切れてますが、車体から伸びたワイヤーが車両前方の木に結び付けてあります。
02

ワイヤーの先をたどって行くと…?
01

なんと後輪の動力を利用したウインチになっていた! 道路事情の悪い時代の工夫なんでしょうね。
03

日本に現存する最古のオートバイ、インディアン。1910年(明治43年)製。ほぼ百年前のバイク! その割にはキレイ!!
Photo_13

インディアンの説明文。当時、かなりの高級品だったんだろうなぁ。
Photo_12

インディアンのフロントサスペンション。板バネを使っています。
Photo_8

こちらは1919年(大正8年)のトライアンフ。単気筒500cc。ライトでかっ。
01_2

1950年製のモトグッチ。さすがイタリア車、キレイなデザインです。
Photo_9

このスペアタイヤの積み方、今なら絶対に法律違反。
Photo_10

昭和25年製のシルバーピジョンC-21と昭和36年製のヒラノバルモビル。前後ともサス機構はなく、リジット。当時の道路事情を考えると、さぞかしお尻が痛かった事だろう。オレンジのヒラノバルモビルは折りたたみ可能とのこと。
Photo_11

世界のHONDAの原点。ホンダカブF型。昭和27年製。自転車に6kgのエンジンを載せただけで、35km/hでたそうだ。でも危ないよね。
Hondaf

バイク以外にこんなのも展示されていました。貨物運搬車両のようですが…。
01_3

真下にエンジンじゃハンドル重すぎるだろ。ぬかる道とか、はまっちゃうんじゃないかな。操縦性悪そう。
02_2

ここに上げた他にも、軍用車両や旧ソ連、中国の車両など、なかなかお目にかかれないバイクが目白押しだった。今の時期はバイクで行くのはさすがに無理だろうが、夏のツーリングなどで近くまで行った際には、料金も安いし、ここの隣の売店で飲める、暖めた地元の牛乳はとても甘くておいしいしで、なかなかお勧めのポイントです。入場料には併設してある遊園地(富士山がとても綺麗に見える)の料金分も含まれていたはずなので、お子様連れでも楽しめますよ。

|

« 『太平洋芸術祭』今年の夏はアメリカンサモアを目指せ! | トップページ | 殴っちゃいけません、…が。 »

コメント

あけましておめでとうございます。

こちらには初でしたでしょうか?
毎度迂闊な『かえぅすき』ですが、宜しくお願い致します。

この二輪車会館凄いですね!
過去に何度も付近を通過していながら、全く気付きませんでした。

とっても興味あるのですが、ここでオフ会したら見学に夢中になってしまい、
集った意味が無かった、なんて事になりそうな?笑

いつかオフ会でお会いできると良いですね。
ではまた~!

投稿: かえぅすき | 2008/01/07 21:55

かえぅすきさん、こんにちは。あけましておめでとうございます。某所ではいつもお世話になっております。本年もよろしくお願いいたします。

さて、ここの二輪車会館、一部では有名らしいんですが、あまり宣伝もされていないようなので、私も行くまで知りませんでした。元のオーナーはもう亡くなられているそうで、まぁそんなに積極的に営業しよう、というつもりはないのでしょう。展示されているとはいっても、台数に対するスペースが圧倒的に足りない状態で、どっちかというと古いバイク屋の倉庫を覗いているような感じです。でもよほどバイクが好きだったんでしょうね。ほんとに、よくぞ集めたり!って感じですよ。今度あちらの方に行く事があったらぜひ訪れてみてください。

オフ会に最後に顔出したのっていつだったかな。いつかの機会にお会いできる事を楽しみにしています。ではでは。

投稿: Q | 2008/01/07 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90754/17574228

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のツーリングでは『もちや二輪車会館』へ!:

» インディアン走る! [Rabis Tok]
1月6日の【夏のツーリングでは『もちや二輪車会館』へ!】で現存する日本最古のオー [続きを読む]

受信: 2008/04/15 00:03

« 『太平洋芸術祭』今年の夏はアメリカンサモアを目指せ! | トップページ | 殴っちゃいけません、…が。 »