« 殴っちゃいけません、…が。 | トップページ | Colour, like no other »

2008/01/09

二つの事故、その後

以前取り上げた二つの飲酒運転事故のその後のニュース。

まず07/12/13の
『不可解な不起訴』
で取り上げた、3度も不起訴不当決議を受けた岡山の短大生死亡事故。

短大生死亡事故:地検が飲酒女性を4度目の不起訴 岡山

 岡山市で02年、短大生の中桐裕子さん(当時19歳)が飲酒運転の軽乗用車にはねられ死亡した事故で、岡山検察審査会の3度目の不起訴不当議決を受けて再捜査していた岡山地検は20日、業務上過失致死容疑で書類送検された同市の女性(23)を4度目の不起訴処分とした。事件は22日、公訴時効を迎える。

 村瀬正明次席検事は「適正に捜査したが、起訴に足る証拠が得られなかった」とコメント。中桐さんの父裕訓さん(56)は「信頼していた検察から納得できる説明が受けられなかった」と話した。

 裕子さんは02年12月21日に事故に遭い、翌日に死亡。女性は道交法違反(酒気帯び運転)罪で罰金刑が確定したが、業務上過失致死容疑では03年8月、不起訴処分となった。【石戸諭】

毎日jp

また、07/12/20『飲酒運転の定義を変えよう』の、福岡の三児死亡事故。

3児死亡事故、被告に懲役7年6カ月 危険運転適用せず
2008年01月08日11時09分

 福岡市東区で06年8月、幼児3人が死亡した飲酒運転事故で、危険運転致死傷罪と道路交通法違反(ひき逃げ)の罪に問われ、懲役25年を求刑されていた元同市職員・今林大(ふとし)被告(23)の判決公判が8日、福岡地裁であった。川口宰護(しょうご)裁判長は危険運転致死傷罪の成立を否定したうえで、予備的訴因として追加された業務上過失致死傷罪などを適用。業務上過失致死傷と道交法違反の組み合わせでは最高刑に当たる懲役7年6カ月を言い渡した。

 川口裁判長は危険運転致死傷罪の要件である「酒の影響で正常な運転が困難な状態」について「正常な運転ができない可能性がある状態では足りず、現実に道路・交通状況に応じた運転操作が困難な心身状態にあることが必要」と判示した。

 そのうえで本件を検討。被告の飲酒量については検察側の主張通り、自宅や居酒屋、スナックで缶ビール1本と焼酎のロック8〜9杯、ブランデーの水割り数杯を飲んだと認定した。が、事故後の飲酒検知は呼気1リットルあたり0.25ミリグラムで酒気帯び程度だったことなどから「泥酔状態」との検察側主張を退けた。

 そして「被告はスナックから現場まで約8分間、普通に右左折やカーブ走行を繰り返し、蛇行運転などの事実は認められない。事故直前も衝突回避措置を講じており、正常な運転が困難な状態にはなかったと強く推認される」と述べ、故意犯である危険運転致死傷罪の成立を否定。事故原因を脇見運転と認定したうえで、「過失程度の大きさ、結果の重大性、酒気帯び運転とひき逃げの悪質性から、刑の上限に当たる7年6カ月が相当」と量刑理由を述べた。

 川口裁判長は「一生かけて罪を償ってほしい」と説諭。今林被告は即日収監された。

 公判では、被告が「正常な運転が困難な状態」にあると認識しながらあえて運転したかどうかや、事故当時の酔いの程度が争われてきた。

 検察側は(1)居酒屋の店員に「酔うとります」と言った(2)現場直前の交差点を大きくふくらみながら左折(3)見通しのよい直線道路なのに約12メートル手前まで被害車両に気付かなかった、などを挙げ、「被告は正常な運転が困難な状態にあり、かつ、その認識があったのは明らか」と訴えていた。弁護側は、飲酒検知結果などに基づき危険運転致死傷罪を否認。脇見運転が原因と主張し、量刑の軽い業務上過失致死傷罪の適用と執行猶予を求めていた。

 地裁は結審後の昨年12月、予備的訴因として業務上過失致死傷罪と道交法違反(酒気帯び運転)の追加を福岡地検に命じた。地検は追加に応じたが、危険運転致死傷罪を適用すべきとの立場は変えておらず、控訴を検討するとみられる。

 同地検の吉浦正明次席検事は「判決を子細に検討したうえで上級庁とも協議して適切に対応したい」、弁護側は「判決を厳粛に受け止める。主張が受け入れられていない点も多々あり、残念」とのコメントを出した。

 判決によると、今林被告は06年8月25日午後10時50分ごろ、福岡市東区の「海の中道大橋」で、乗用車を時速100キロで飲酒運転。大上哲央(あきお)さん(34)のRVに追突して海に転落させ、長男紘彬(ひろあき)ちゃん(当時4)、次男倫彬(ともあき)ちゃん(同3)、長女紗彬(さあや)ちゃん(同1)を水死させ、哲央さんと妻かおりさん(31)にも軽傷を負わせて現場から逃げた。

asahi.com

いずれも被害者側からすれば残念な結果になってしまったが、法の解釈・適用を厳密に行った結果であると言えなくもない。加害者にも人権はあるわけで、これはこれで法治国家としては真っ当なことだ。

しかし、やはり釈然としない。どうしても、飲酒運転して事故起して人を死なせておいて、この程度の罰で済んでしまっていいのか?と思ってしまう。そんなに飲酒運転は軽く見られるものなのか? 福岡の事故で地裁は『正常な運転が困難な状態にはなかったと強く推認される』と言うが、飲酒したら正常な運転が困難な状態になると強く推認されるからこそ、飲酒運転は禁止されているのではないのか? まるで『酒を飲んでいても正常な運転はできる』という酔っぱらいの戯言に、裁判所がお墨付きを与えているかのようだ。

岡山の事故は飲酒運転だったという点ですでに起訴に十分すぎるように思うし(なぜ不起訴なのか、岡山地検はもっと詳しく説明するべきだ)、福岡の事故は四時間もあれだけの酒を飲んでいて、正常だったと言える方がおかしい。飲酒がそれぞれの事故にどの程度の影響を与えていたのか、今から正確に特定する事は非常に困難だが、全く影響が無かったと考えるのは明らかに不自然であり、現状では法律の不備というか限界が露呈していると言えるのではなかろうか?

やっぱり飲酒運転=危険運転でイイよ。もともと禁止されてる事なんだしね。

|

« 殴っちゃいけません、…が。 | トップページ | Colour, like no other »

コメント

え~一度からむとネバっこいかえぅです(*^^)

この辺りの問題は、人によってかなり捉え方が違いますよね。

で、8歳女児の親であるカエゥとしては、
『飲酒運転=危険運転』で『当然・言い訳の余地無く有罪』だと感じます。

法律問題は私には理解不能ですが、おかしな話ですね。。。

投稿: かえぅすき | 2008/01/09 22:28

かえぅすきさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

私も法律は全くの素人なんであんまりエラそうな事は言えないんですが、もともと危険運転致死傷罪は、その適用が厳格な法律なんだそうです。それに制定されてからまだそんなに経っていない事もあって、運用もまだ手探り状態らしいです。また、他の刑法の罰則との関係上、飲酒運転の刑罰を大きく引き上げるような事もなかなか難しいとの事。

今回の、特に福岡の裁判については、概ね批判的な論調が多いようなんですが、専門家の中には上告しても懲役7年が9年くらいにはなるかもしれないが、危険運転が認められる可能性は低いと言う人もいます。しかしそれならなぜ飲酒運転は禁止されるのか? やはりおかしな話ですよね。

三人のお子さんを亡くされた被害者のご夫妻は、どのような判決でも受け入れるという『罪を憎んで人を憎まず』といったような、とても立派な態度を取られていましたが、さぞかし心中無念であったろうと思います。これがもし自分だったら、そう思うだけでやりきれなくなります。今後に向けて、法の手直しや運用の見直しを関係各所には求めたいですね。

投稿: Q | 2008/01/10 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90754/17624912

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの事故、その後:

» 飲酒運転は危険運転だ [Rabis Tok]
飲酒運転、厳罰化後も事故多発 遺族「残念で仕方ない」 22日早朝に宮城県多賀城市 [続きを読む]

受信: 2008/01/09 12:46

» 不可解な不起訴 [Rabis Tok]
娘の無念晴らしたい 岡山女性死亡事故 検審3度申し立て 父親懸命の訴え 21日公 [続きを読む]

受信: 2008/01/09 12:53

» 『飲酒運転』の定義を変えよう [Rabis Tok]
3児死亡で危険運転罪見送り 福岡地裁、業過致死適用か 2007年12月18日13 [続きを読む]

受信: 2008/01/09 13:00

» ◆岐阜検察審査会への審査申立書の全文紹介/起訴相当・不起訴不当の議決を求めて/選挙公費ポスター代詐欺 [てらまち・ねっと]
 昨日は、例のポスター公営の詐欺事件での不起訴に納得できないから、検察審査会に申し立てした。  午前中に書類の最終の仕上げ。午後1時半に岐阜地方裁判所の中の検察審査会事務局に提出して2時半から記者会見した。  記者やカメラマンら10数人。   人気ブログランキング→→←←ワン・クリック10点 ここのところ6位、7位、8位あたり ちょうど、年末来の書類部屋の整理中のため 新品のスチール棚2本が空いていたので それを利用して、提出書類の帳合いに使った。 (どの写真もクリックすると拡大。写真右下あたり... [続きを読む]

受信: 2008/01/15 23:16

» 天網恢々粗にして漏らさず [Rabis Tok]
危険運転致死傷罪を適用、懲役20年判決 福岡3児死亡 2009年5月15日12時 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 22:25

« 殴っちゃいけません、…が。 | トップページ | Colour, like no other »