« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の6件の記事

2008/02/23

やりすぎだよ、もやしもん6巻

昨日、もやしもんの6巻を買った。しかもオリゼーぬいぐるみ付きの限定版coldsweats01。これがすげーんだ。

1
この箱が限定版。事前にアマゾンで発売日は確認していたのだが、値段と大きさはすっかり確認するのを忘れていた。携帯ストラップがついてきた4巻や5巻も結構な梱包だったけれど、まさかこれほどデカイとは。となりのティッシュの箱と比べてみてください。漫画の単行本のパッケージぢゃないよね。実は最初SDRで買いに出かけたのだが、この箱の大きさだとSDRじゃ持って帰れないので、後で車で出直した。

2
レジの前に2箱積んであったのだが、レジに出したら店員さんも一瞬何の箱なのか、理解できなかったらしい。そんな場合に備えてなのか(?)注意書きがしてある。

4
蓋を開けると出てきましたオリゼーが。菌だけに『取り扱い注意』が妙にあうね。手触りのいい、なかなかよくできたぬいぐるみです。

内容物全部です。
5
下の透明なクリアケースみたいなのは、持ち手に穴をあければバックになるし、白い部分をはずせばブックカバーになるというもの。一面に菌達が銀色のインクでプリントされています。単行本も当然箱の中にあったので、わざわざブックカバーをもらってきたのだが、なんだ、親切じゃないか。

で、早速使ってみた。
7_4

とまぁ、こんな感じで、2480円分の価値は十分あるかなぁと。でもやっぱやりすぎだろ講談社coldsweats01。楽しめたけどね。果たして次はいったいどんな箱になるのやら。

もやしもんは漫画自体もとても面白い作品です。付録のない普通の単行本(560円)もありますので、未読の方はぜひ読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/22

30年分がこれかい?

道路調査報告書:3部で9千万円、内容もずさん 公益法人

 国土交通省所管の公益法人「国際建設技術協会」が07年、道路特定財源約9200万円で作成した海外の道路事情の調査報告書が、わずか3部しか作られず、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」の表を丸写しするなどずさんな内容だったことが、21日の衆院予算委員会で分かった。冬柴鉄三国土交通相は「よく調査し法人の存続も含め検討したい」と苦い顔で答弁した。

 報告書は約1100ページ。06年末に国交省が随意契約で同協会に発注した。報告書は米国各州の郡の数や、法定速度に関する表などをウィキペディアから引用。その他の参考資料も大半がインターネットからの引用だったという。

 ウィキペディアは誰でも書き込めて誤りがある場合もあり、通常の論文では引用されない。予算委でこの問題を取り上げた細野豪志氏(民主)は「学生のレポートでも教授が受け付けない。税金でできた約1億円の報告書が、ウィキペディアの引用でしゃあしゃあとできている」と皮肉った。【田中成之】

毎日新聞 2008年2月21日 21時53分

もうね、この現実に、怒りとか、あきれるとか、はるかに通り越して悲しくなってくるよ。久しぶりに心底胸くそが悪くなるニュースだ。

『平均年収300万円』と言われて久しい昨今、やれ原油高だ中国製品がアブナイだで、一般大衆は家計のやりくりに四苦八苦してるというのに。9000万円といったらその年収の30年分なんだよ!? それが、これかい? ふざけるのもいい加減にしろよ。

ずさんとかなんとか言う以前に、これは明らかなペテンだし非常に悪質な詐欺行為だ。こんな耳クソほどにも公益にならない公益法人なんぞ、とっとと潰すべきだし、上から下まで関係者には厳重なる処罰を下し、9000万を取り返してもらいたい。

確定申告の時期だけれど、ほんと、こんなに無駄に使われるのなら、税金払いたくなくなるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

栄枯盛衰〜さよならNetscape

Netscape、最後のアップグレード
3月1日でサポートを終了するNetscapeが、最後のアップグレードをリリースした。
2008年02月21日 08時45分 更新

 米AOL傘下のNetscapeは2月20日、最後のアップデート「Netscape 9.0.0.6」をリリースした。Netscapeブラウザは開発終了となり、3月1日でサポートも終了することが既に発表されている。

 Netscapeの公式ブログによると、最新アップデート版を起動すると、サポート終了の日付とともに、FlockまたはFirefoxブラウザへ乗り換えるよう促すメッセージボックスが表示される。

 ボックスの右下にある「Remind me later」をクリックし、「Stay with Netscape」ボタンをクリックすると、サポート終了後もNetscape 9の使用を継続できる。またNetscape 9.0.0.6には、Firefox 2.0.0.12に含まれるセキュリティパッチが含まれている。

 FlockまたはFirefoxへ切り替える場合は、ダウンロードリンクをクリックするだけで新しいブラウザがダウンロードされ、Navigatorの設定を新ブラウザにそのまま移行できる。Flockブラウザを選択した場合、Navigatorによく似たデザインを選択可能なオプションがあるという。

ITmedia News

このニュースを読んで、NetscapeについてWikipediaで調べてみた。驚いたことに、96年には70%ものシェアを誇っていたのに、10年後の2006年時点では利用率がなんと1%を切っていたという。また、以前はWeb Siteの閲覧推奨環境として、IEと並んでその名が掲載されることが当たり前だったが、最近では完全に無視された上、Firefoxにその座を奪われているとの事。まるでお手本(?)のような栄枯盛衰ぶりだ。最後に最新バージョンを発表し、乗り換え先まで提示して消えて行こうという後始末の良さは、在りし日の覇王としてのプライドなのだろうか。

かつてはインターネットと言えばNetscapeだった。ページを読み込む時の、Nの字のまわりに流星が降り注ぐあのアニメが懐かしい。私もNetscape NavigatorをVer.2の頃から使っていて、Mac版のIEがリリースされた後もしばらくはVer4を使い続けていた。しかしNavigatorの後釜のNetscape Communicatorは私にとって用の無い機能がゴテゴテと盛り込まれていて使う気になれず、やがてiCabというMac専用のWebブラウザを見つけて乗り換えてしまった。

その後OS Xに移行した当初など、IEだけは意地でも使いたくなかったので(^_^;、NetscapeのVer.6や7を使ってみた事がある。だが余計な機能ゴチャゴチャ感は相変わらずで動作も重く、そのうちにSafariFirefoxが出てきたのでそれっきりになっていた。私個人でもこんな感じで、ずいぶんとNetscapeにご無沙汰していたのだから、今更その凋落ぶりに驚く事でも無いのかもしれない。ちょっと寂しいけれど、一つの時代の終焉だね。

せっかくなのでNetscapeのWeb Siteから最新にして最終のVer.9をダウンロードして、しばし使ってみた。予想していたより起動時間は短いし動作も軽快だ。ページの読み込みも、今使っているSafari Ver.3より速い。見た目もSafariやFirefoxよりすっきりスマートで、私の好みのデザインだ。

ちょうどここ最近、Safariに少し不満を感じていた所だった。Ver.3になってからなぜか落ちる回数が増えたのだ。Firefoxは確かに安定しているがSafariと比べて少し動作が遅い。他に軽快で安定しているブラウザはないものかと思っていたので、これはちょうどいいかも、と思い始めた時、履歴の日本語が文字化けしているのに気がついた。2001年に日本法人が撤退して以来、Netscapeは日本語にローカライズされていない。今回のVer.9も、基本的にUIは英語版のみだと言う。もちろん、開いたページは英語以外の言語をきちんと表示してくれるのだが、どうも細かい所で英語以外の言語の扱いが苦手なようだ。ということで、とても残念だけれどゴミ箱行き。

おそらくこれで、もういじる事はないだろうな。
さよなら、Netscape。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

味なんか判らんだろうに

コープ東北の缶コーヒー、「ブラジル産豆」入ってなかった

 コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は15日、コープブランドの缶コーヒーに「ブラジル産の豆を配合」と表示しながらすべてインドネシア産を使って、約14年間販売していたと発表した。中国製冷凍ギョーザの中毒事件後、客からの問い合わせを受けて調査し、判明した。同事業連合は同日から缶コーヒーの回収と代金の払い戻しを始めた。
 問題の缶コーヒーは、「COOPオリジナルブレンド」(60円)。1993年から東北6県の7生協で販売している。本来はブラジル産のコーヒー豆を4%使用するはずだったが、実際は全量インドネシア産だった。(01:15)

NIKKEI NET

冷凍ギョーザのせいで大事を取ったのだろうが、それでも過剰反応じゃないかなぁ。どうしても納得いかないという客に払い戻しはあってもいいけど、毒が入っていたとか、牛100%ひき肉と言っておいて実は豚肉がはいっていたとか、賞味期限が過ぎていたとかではないのだから、回収するほどの事かねぇ。

確かに表示通りでなかったのは問題だが、比内地鶏や高級和牛偽装なんかと違って、ブラジル産豆使用と言う事で価格をつり上げた訳ではないし(一本わずか60円だしね)、消費者の購買意欲に影響を与えた訳でもなかろう。それに、インドネシア産のコーヒー豆がブラジル産に比べて著しく格が劣るということもない。『客からの問い合わせ』とあるが、まさか『お宅の缶コーヒー飲んだけれど、ブラジル豆の味しないじゃないか!』とクレームがあったわけではあるまい。そもそもブラジルだマンデリンだトラジャだジャワだ、アラビカだロブスタだとこだわる人間は、はじめから缶コーヒーなんて飲みゃあしない。

しょせん缶コーヒー。どーせ味の違いなんか、わからないんだしね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008/02/08

ホントに作るヤツがいたとは

ずいぶん昔、友人と「零戦のエンジンをつんだバイクとか、あったらスゴいんじゃね?」と馬鹿話で盛り上がった事がある。そん時は、そんなのきっとエンジンがデカ過ぎて跨がれないよ、とお開きになったのだが、本当に飛行機用星形エンジンをバイクに積んだヤツがいた。しかも、市販されている

星形7気筒エンジンを積むバイク

080205bike_01
あ、お姉ちゃんはついてこないよ(^_^;。

080205bike_04
サイクロン号も真っ青のエキゾーストパイプ。

なんでバイクにする必要があるのか、さっぱりわからんけれど、でもこの見た目の圧倒的さは素晴らしい。なんというか、造形美だね。冷却効率の悪そうなエンジンの積み方だけれど。

エンジンは2800ccの2バルブOHV、空冷7気筒。3600rpmで110HPの出力。エンジン特性的にはクルージング向きか。発売元のJRL CYCLESのWeb Siteを見ると、実際に走り出す映像が見られるが、見た目に反してなかなかジェントルな走り出しだ(真っ暗でよくわからないけれど)。ジェットエンジン搭載したY2Kなんかに比べれば、意外とまともなバイクのようだ。

でも、私の英語力に間違いがなければこのエンジン、1時間で22Lものガソリン(アブガスまたはハイオク)を消費するらしいので、このガソリンタンクだと残念ながらツーリングはできないね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/07

次元大介に賛成

CIA:アルカイダ幹部3人への「水責め」認める

 【ワシントン和田浩明】米中央情報局(CIA)のヘイデン長官は5日、米上院の情報特別委員会で証言し、国際テロ組織アルカイダ幹部3人に対する尋問で、拷問と見なされる「水責め」を行ったことを確認した。米政府高官が水責めの対象や人数を明示したのは初めて。

 ヘイデン長官によると、3人は01年9月の米同時多発テロを計画立案したとされるハリド・シェイク・モハメド容疑者ら。CIAの尋問担当者が水責めを最後に使ったのは5年前で、「大規模なテロ攻撃の再来を懸念していたため」(同長官)だという。

 水責めは対象者に水死の恐怖を与えて情報を引き出す手法で、人権擁護団体などは「拷問にあたる」との見方を示している。米陸軍は水責めを禁止している。

 ヘイデン長官はモハメド容疑者らへの尋問はアルカイダに関する有益な情報の入手に役立ったとして有効性を強調した。

 CIAはアルカイダ幹部2人の尋問を撮影したビデオを破棄したことが、昨年12月に発覚している。

毎日新聞 2008年2月6日 18時22分

『有益な情報の入手に役立ったとして有効性を強調した』って。そんな理由がまかり通ったら何やったって許されちまうぢゃねぇか。

アメリカに、次元大介の名台詞を送ろう。

『それがあんたらの民主主義ってヤツかい。』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »