« 数値化される愛なんて | トップページ | ロレンソ…、恐ろしい子!【MotoGP第3戦ポルトガルGP】 »

2008/04/13

いざとなったら…

最近の気になったニュースについて、つらつらと。

まず例の、東京都立川市の防衛庁宿舎ビラ配りの裁判。やはり有罪確定。

最高裁の言う通り、官舎は一般人が自由に出入りできる場所ではない(この判断もどうかと思うが)としても、相手に直接注意や要請をする前に、一足飛びに警察沙汰にして75日も勾留するのは、やはりちょっとやりすぎたと思うんだが。どうしても一部の思想、主張に対する意図的なモノを感じざるを得ない。

次にその上映についてゴタゴタしている映画『靖国』。

「靖国」刀匠 議員「本人が削除希望」監督「なぜ変心」
2008年04月11日01時40分

 上映中止が問題となった映画「靖国」の中心的な登場人物で高知県内に住む刀匠の出演をめぐり、有村治子参院議員(自民)が国会で「刀匠本人が出演場面を外してほしいと希望している」と取り上げた。これに対し、制作した李纓(リ・イン)監督は10日、「刀匠は納得してくれていた。変心した理由がわからない」と語った。

 刀匠は映画の冒頭から登場し、作業場で刀を制作する様子などが描かれている。

 有村議員は3月27日、参院内閣委員会で「刀匠は作品から(自分の)映像を一切外して欲しいと希望している」と取り上げた。有村議員はその前々日に刀匠本人に確認を取ったという。

 10日、朝日新聞の取材に応じた刀匠(90)とその妻(83)によると、05年に李監督側から出演依頼の手紙が届いた。戦後、伝承されなくなった靖国刀の最後の刀匠として取り上げたいとの内容だった。刀匠は承諾し、李監督は靖国刀を制作している場面などを撮影した。

 その後、李監督らが自宅に来て映像を見せたが、靖国神社に参拝する小泉首相(当時)とそれに反対する人たちに交じって刀を作る映像が流れていたため、「撮影を受けた趣旨と違う」と出演場面と名前の削除を頼んだという。

 3月末と今月9日に、有村議員から「国会で映画を審議しているからどう考えているのか意見を聞きたい」という内容の電話を受けた。刀匠は「出演は本意ではない。名前と映像を省いてほしいし、完成品を見たいと思っている」と伝えたという。

 刀匠は「靖国刀の伝統技術や価値を後世に伝えてくれるものと思っていた。『靖国問題』と結びつけるとは思っていなかった。違う趣旨で映画が作られ、『靖国問題』に巻き込まれた」と話した。

 有村議員は9日、自身のサイトに「刀匠ご夫妻を変心させる意図も働きかけも一切ない」とする文書を載せた。

 李監督は10日、東京都内で記者会見し、刀匠との交渉経緯を説明。昨春、ビデオを刀匠夫婦に見せ、作品の意義、監督が考える靖国問題の意義などを伝えた。今年2月に刀匠を訪ねた際、夫婦は上映に不安を感じている様子だったが、じっくり話し合った。最後は、刀匠がチラシに自身の写真と登場人物に名前があるのを見て、「上映頑張ってください」と言ったという。

 3月上旬にも公開パンフレット用に刀匠からメッセージとして誠心誠意という言葉をもらったと言い、「刀匠の場面がないとこの映画は成立しない。国会議員がどんな話を(刀匠に)したのか。出演者を変心させていいのか」と話した。

asahi.com

実際、刀匠が変心したのかどうかは判らない。ただ、もともと出演が本意ではなかったとしても、一宗教施設に関する一映画の一出演者個人の要望を、国会で云々するのは果たして国会議員の仕事なのかとまず問いたい。

さらに、この事に絡んで有村議員は「刀匠ご夫妻を変心させる意図も働きかけも一切ない」と言っているが、これはあまりにも配慮と想像力に欠けた対応だと思う。自分が関わった映画がいろいろ問題になって騒がれている所に、参院議員から「国会で審議しているから意見を聞かせろ」なんて電話がかかってきたら、それだけで十分圧力になるだろう。高齢の老夫妻が、これ以上面倒な事に関わりたくないと思ったとしても不思議ではない。刀匠本人が実際に本心からそう希望していたとしても、問題のあるアプローチだったと思う。

こういった事ごとは、民主主義の根幹に関わる大事なことなので、ちゃんと自分の中で言語化しないといけないのだけれど、最近いろいろあって頭が良く回らないから困ったもんだ。でもイヤァ〜な雰囲気だけはヒシヒシと感じている今日この頃。いろんな意味でしっかりしないといけないんだがな。ホントにこの国の社会の将来はどうなる事やら。

いざとなったら、PNGに逃げるかなぁ。そんなこと言ってちゃいけないんだけれどね。

|

« 数値化される愛なんて | トップページ | ロレンソ…、恐ろしい子!【MotoGP第3戦ポルトガルGP】 »

コメント

はい。
逃げてきてください。
おかしな民主主義の国よりここの方がまだまともかも・・・。

投稿: deka | 2008/05/05 19:21

dekaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ほんとにね。思考が単純な分だけ、そっちの方がまともかもしれませんね。

でもそっちも、おかしなWantok Sistemの国だからなぁ…

投稿: Q | 2008/05/05 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざとなったら…:

« 数値化される愛なんて | トップページ | ロレンソ…、恐ろしい子!【MotoGP第3戦ポルトガルGP】 »