« またトミン、だが進歩無し(T_T) | トップページ | 夜の歌声 »

2008/04/27

色々確認

最近KING Cobraのカーボンサイレンサーのリベットが緩んで、サイレンサー自体がかなり揺れるようになってきた。自分でリベットを打ち直すことも考えたが、使われているリベットが特殊で、市販の工具とリベットでは何ともできない事が判明。これ以上状態が悪くなるのも困るし、ちょうどノーマルチャンバーで確認したい事もあったので、少々時間がかかってしまうが忠男レーシングにメンテナンスを頼む事にした。

ノーマルチャンバーで確認したい事というのは二つあって、一つはノーマルSDRのエンジンが何回転まで回るのか、という事。せっかくタコメーターつけても、基準となる基本の状態が判らなければ活用しきれないからね。ノーマルチャンバーを取り付けて、近所の広域農道を低いギアで全開走行してみる。デイトナのデンタコの表示では11,000回転まで回った。意外と回っているんだなぁ。10,000回転位で頭打ちかと思っていた。パワー自体も10,000回転前後まで良く出ている。やはり10,000回転からレッドゾーンてトコか。

確認したい事のもう一つはエンジンの音だ。実は先日のトミンでもその前のトミンでも、一緒に走っていた人からエンジン音がおかしくないか? と言われて気になっていたのだ。特に先日の走行では、クランクシャフトベアリングが逝ったようなシャーシャーいう音がかなり離れていても聞こえる、とまで言われた。

しかし、昨年エンジンをOHした際にクランクシャフトベアリングは交換している。慣らしは丁寧にやったつもりだし、トミンを二回走った以外でエンジンに高い負荷がかかるような走行もしていない。ましてやクランクケースに異物が落ちるようなトラブルも無い。ミッション回りのベアリングについても、普段からオイルに浸かっているベアリングがダメになるような要因は見当たらない。

実は異音の元はある程度想像がついていた。KING Cobraそのものだ。このチャンバー、とにかく振動による共振音がスゴい。アクセルを開けるとビビーン!シャシャーン!と本当にケタタマしい。このシャシャーン!って音が、エンジンの異音と間違えられたんじゃないかなぁ。少なくともこの音より大きく外に聞こえるようなエンジントラブル音があったらマジでオオゴトだ。

ノーマルチャンバーでのエンジン音を聞いてみる。やはり特に問題になるような音は聞こえない。走行時も気になる音はない。念のため、いつものバイク屋のメカさんにも事情を話して音を聞いてもらう。特に問題はない、とのこと。やれやれ、とりあえずは一安心だな。このメカさんはKING Cobraのウルサさも知っているので、やっぱそれが原因じゃないの? となった。実際ノーマルチャンバーは排気音も含めて本当に静かだ。おまけに中低速の加速がすごく良くて乗り易い。つくづくメーカーが考えるノーマルって偉大だなぁ。

純正パーツをいくつか発注して帰宅。チャンバーをつけるために予備のガスケットなどを探していてわかったのだが、いつどうして発注したのか良く覚えていない純正パーツが結構でてきた。リアサスのカラーとかキャリパーピストンとか、なんであるんだ もったいない。

それと、今回は当座の用が足せればいいので、キャブのセッティングはそのまま。だいぶ濃いけど焼付く心配は皆無だからまぁいいでしょう。おまけに結構ちゃんと走るよ、これ

<08.05.17追記>
キャブのセッティングもノーマルにして、エンジン回転数を再確認してみました。10,500回転で頭打ちでした。

|

« またトミン、だが進歩無し(T_T) | トップページ | 夜の歌声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々確認:

« またトミン、だが進歩無し(T_T) | トップページ | 夜の歌声 »