« おニューパーツ投入とちょいドレスアップ | トップページ | SDR用ステアリング・ダンパー考 »

2008/05/30

MacBookの汚れ落とし2

このBlogに来てくれる人のアクセス解析を見てみると、『MacBookの汚れ落とし』という記事にアクセスしてくる人が多い。やはり皆さん、この汚れやすいハタ迷惑な白い筐体に悩んでいるんですね

あの記事を書いた後も、掃除する度にいろいろ試していたのだが、やっとこれがベストと思える掃除道具に巡り会えた。これだとかなり手軽に、かつ効果的に汚れを落とす事ができる。どれくらい汚れが落ちるかと言うと、こんな具合。

これが掃除する前の私のMacBook。手のひらの跡がはっきり残ってます。
Before

あの、エラくバッチく写ってますが、これは汚れを判りやすくする為にPhotoShopでキツ目の補正をかけた為で、ホントはここまでキタナくはなかったんですよ

で、その掃除道具を使った後。
After

撮影した時の光の関係で、少し感じが異なりますが、一応掃除前の画像と同じ値で補正をかけています。パームレストもキートップも、あのしつこい黒ずみがきれいさっぱり落ちてます。

お待ちかねの種明かし。使用した掃除道具はこちら。
Photo_2

メラミンスポンジというヤツです。『水をつけて擦るだけで汚れが落ちます』というあれですね。スポンジをカッターで手頃な大きさに切って水に浸した後、少し固めに絞ってから使うと、ほんの10分程で全部キレイになります。手前の脱脂綿みたいなのは使用後の物。こうしてみると、だいぶ汚れてたんだなぁ

この記事読んでメラニンスポンジを試してみようと言う方へ注意

メラニンスポンジは少量とは言え電化製品の天敵の水を使います。掃除の際は必ず電源を落とし、念のためアダプターとバッテリーを外すなど、十分な注意をして下さい。またスポンジを使っている内に小さい削りカスが出てきますが、それらや余分な水滴がキーの隙間からMacの中に入り込むと、故障の原因になります。他にも、ひょっとしたらキートップの文字が汚れと一緒に消えて無くなる、なんて事が起きるかもしれません。

何が起きても一切責任取れませんので悪しからず。あくまでも自己責任でやってくださいね

|

« おニューパーツ投入とちょいドレスアップ | トップページ | SDR用ステアリング・ダンパー考 »

コメント

MacBookの汚れ落とし情報、たいへん参考になりました。
こちらは水を使わず、メラニンスポンジと無水アルコールで処置しました。購入当初のようになり、清々しい気分です。

投稿: アツゴロー | 2010/03/06 17:22

アツゴローさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

当方の記事がお役に立てて光栄です。確かに手垢で汚れたMacBookが元の白さを取り戻した瞬間は清々しいですね。

アルコールを使われるというアイデア、ナイスだと思います。これなら水と違って拭く端から揮発していきますから、残った水分に気を遣わなくてもよさそうです。今度の掃除で試してみます。情報どうもありがとうございました。

投稿: Q | 2010/03/07 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBookの汚れ落とし2:

« おニューパーツ投入とちょいドレスアップ | トップページ | SDR用ステアリング・ダンパー考 »