« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の5件の記事

2008/09/24

もっと作ってくださいよ

先日、バイク用のブーツを新調した。

Photo

画像の左側が新しいブーツ。XPDのXP-3です。右は今まで8年間使ってきたディアドラのブーツ。どちらもイタリアのメーカー品。

ブーツを試着する度に思うのだが、なんでレーシングブーツはイタリア製品ばかりなのだろう? 正直いつも悩まされる。まず足の形が確実に日本人向きではない。縦に細長くて、みんなよくこんな窮屈なブーツを履けるものだ。痛くないですか? しかもかかとが何故か深く取ってあって、かかととブーツの間に隙間が空いてしまう。転倒でかかとを打った時にこの方が衝撃を減らせるとか、理由があるのかもしれないが、これだとバイクを降りた時にかなり歩き辛い。レーシングブーツはバイクに乗っている時に履く物だから、歩く事はあまり深く考えられていないのかもしれないが、私は日常生活の町乗りでもブーツを履かないと安心できないし、ブーツを履く事で足の内側全体をバイクに密着させてホールドする乗り方なので、普通の靴としての最低限の機能がないと困るのだ。

おまけに同じモデルの同じサイズなのに、個体毎に形や大きさが違う事が良くある。ある店で履いてみてこれなら大丈夫と思ったブーツを、後日他の店で購入しようとしたらぜんぜん足に合わない、なんてことがしょっちゅうある。ほんとにイタリア人は大まかすぎる。つーか、なんで日本のメーカーはレーシングブーツを作らないんだろう。日本人の足に合わせた動きやすいのを作ってくれれば良いのに。今作っているのはクシタニくらいらしいが、そのクシタニのブーツは2りんかんやライコランドでは通常置かれていないので、試す事ができないのだ。ブーツなんて、試着しないで買う物ではないと思うのだが、試着だけの取り寄せは断わられてしまった。なんだかなぁ。

今まで使っていたディアドラのブーツは、以前コミネが取り扱っていた時のモデル。本当はふくらはぎの辺りにディアドラマークの付いたスライダーがあったんだけれど、いつの間にか取れてなくなっていた。某メーカー主催のサーキット体験走行会に参加する為に購入したのだが、当時ディアドラのブーツは非常にマイナーで(実際これまで、他にこのブーツを履いている人を見た事がない)、聞いた事の無いメーカー名に多少不安を感じた事を覚えている。それでもこのブーツを選んだのは、他のイタリア製ブーツに比べ格段に履き心地が良かったから。靴幅が広くて両脇の締め付け感がなく、つま先に余裕があり、なおかつかかとをしっかりホールドしてくれるという、靴を買う時に当たり前の条件がキチンとそろったブーツだった。昨年からクシタニが新たにディアドラの取り扱いを始めたので、随分と期待していたんだが、最近のモデルにはこの昔のモデルの良さがなくなっていた。とても残念。

XP-3もドンピシャでフィットしている、というわけではなく、色々試してみた結果、一番これがBetterだという理由で選びました。値段も手頃だったしね。まぁ、これでしばらくはブーツで頭を悩ます必要はなくなったんだけれど、もうちょっとなんとかならないかね。Made in JAPANの質の高いブーツが出たら絶対に買うんだがなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

Sväng ハーモニカ・カルテット

昨日、船橋市のきららホールにて開催されたSVANG(スヴェング)というフィンランドのハーモニカ・カルテットのコンサートに行ってきた。このグループについての詳細はリンク先のWeb Siteを見てください。ハーモニカが特段好きと言う訳でもなく、なんとなくチラシに惹かれただけだったのだが、なかなか面白いステージだった。

こんなチラシ。
Svng

はじめの30分ほどは『世界でただ1人のハーモニカ博士』という、メンバーのヨーコ・クッハラ氏(見た目キューピーちゃんのような髪型をしてる人)によるハーモニカについてのレクチャーが行われた。クロマチック・ハーモニカは、3オクターブもの音の広がりを持っているのに、構造上ただ吸ったり吹いたりしただけでは出す事ができない音程がいくつかある。しかしハーモニカを愛する奏者たちによって、その欠落した音を再生する為の奏法が編み出され、現在では全音程を再現できるようになったのだそうだ。レクチャーの傍らで、やはりメンバーのエーロ・トゥルカ氏(披露はされなかったが、モンゴルの咽歌もできるとのこと)がその実演をしてくれたが、あんな小さい楽器を演奏するのに実にいろんなテクニックがあるものだと感心させられた。

20分の休憩の後に、四人のメンバーそろっての演奏がスタート。テンポの早い曲からスローな曲、明るい曲からしっとりした曲と、なかなか多彩な選曲だった。しかし、実際に目の前でハーモニカ吹いているから納得できるが、音だけ聞いていたらこれ全部がハーモニカだとはとても信じられないだろう。メンバーの一人、パシ・レイノ氏が演奏してた『ベース・ハーモニカ』というハーモニカは本当にベースのような音がしているし、ヨーコ氏が演奏していた沢山のボタンがついた『ハーモネッタ』というハーモニカはまんまアコーディオンだ。メンバーで一番モテるという赤毛のエーロ・グルンドストルム氏は演奏中に犬の鳴き真似までやってのける。演奏時間は一時間ほどだったが、期待していた以上に楽しいコンサートだった。ちょっと小屋の設備が貧弱で、PAの音があまり良くなかった事が残念。

公演終了後、CDとTシャツを買ってメンバー全員にサインしてもらいました。
1066_4

この後、浜松、厚木、札幌と公演を行うそうなので、面白そうだと思った方は是非聞きにいってみてください。彼らのアレンジした『ハウルの動く城』のテーマ曲なんか、オリジナルより雰囲気があっていいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

のんびりやる予定

ここしばらく、SDRに乗る時間もイジル時間も取れないでいるけれど、ちょっと羽目をはずして色々衝動買いをしてしまいました。

Keikaku01_58

前々から買おうと思っていたリアスタンドと、ブレーキ周りのパーツです。作業効率アップとサーキット走行の質的向上を狙います。もっとも、まだ足りないパーツもあるし、相変わらずイジル時間も取れないので、実際に作業するのはしばらく先の話になりそうですが。

Keikaku02_5

このプチプチの向こうには、一体何が隠れているのか!? 今回一番フンパツし、一番お気に入りのパーツです。乞うご期待。

ちなみに、先日フロントフォークのオイル交換とインナーロッドの回収を行った時の作業風景。『脚立で吊る』はかえぅすきさんのアイデア。慣れるまでは準備が大変だったけれど、作業は格段にやり易かった。リアスタンドの導入でさらに楽になるといいなぁ。

Sdrturi02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/05

200本目はネセサリー!

この記事で、このブログ通算200本目の記事になるそうです。SDR乗りとしても記念すべき?数の記事のハズなんですが、書くのはこんなぐだぐだなことを。

今日、昼飯後に立ち寄った会社近くのローソンで、思わず引き寄せられたこちらのグッズ。

09050001

初めて大人買いをするヤツの気持ちがわかりましたcoldsweats01。ターキーレンジャーチップスが売り切れてたのが残念。

嬉々として会社に戻ったら、隣の席の同僚女性からは呆れらた( ´_ゝ`)フーン。いいんだいいんだ、これは私にとって、ネセサリーなんだsign02 我が輩は、ネコナリーヘ(゚∀゚ヘ)アヒャsign03

ココログがまた色々変わっていてびっくり。お絵描き機能とかおもしろいかも。そのうち使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/01

あきらめました

実は今年、ブログで一つやり遂げようと思っていた事があった。それは、

MotoGP全戦について、なんかしらの記事を書くsign01

ここ数年、日本人ライダーは減ってくるし、海外の選手は若手が入れ替わり立ち替わりでなかなか覚えられないし、何より小排気量クラスは昔のようなベテランの駆け引きの醍醐味を味わえないしで、レースを見てもなんか記憶に残らない。だから自分の備忘録としても活用したい、と思っていたのだが…。

正直、結構時間かかるのよねcoldsweats01

三クラスのレース見るだけで4時間はかかるし、それをまた記事に起すのも数時間かかる。コメント付けやすいレースならまだしも、淡々と終わったりされると何をどう書こうかとホントに悩まされるワケで…。おまけに最近、急に忙しくなってきたりしたこともありまして、まぁ別に、商売でやってるわけでも、誰かに期待されている訳でもないからと、あきらめる事にしました。

とりあえず、書きかけのドイツGPについての記事を載せときますcoldsweats01。貧乏性なもんで。

========================================================

勝つのはドイツだ!?(寒)【MotoGP第10戦ドイツGP】
7月20日

次戦アメリカGPも終わって、MotoGPが夏休みに入った頃になって寒いタイトルでなんですがcoldsweats01、7月13日に旧東ドイツ領のザクセンリンクで開催されたドイツGP雑感。もはやうろ覚えbombannoy

曇り空でコースの所々にウェットパッチが残るがドライ宣言で始まった125ccクラス。小山選手が今期最上位の予選グリッド7番手から表彰台を狙う。前戦優勝の勢いを維持したチャンピオン、タルマクシが今季初のP.Pをゲットするも、スタートで一瞬フロント浮かせる大失敗。セカンドグループに落ちてしまう。3番グリッドスタートのステファン・ブラドル18歳が調子いい。解説の坂田和人選手によると、『安定したレース展開をみせ、転倒も少ない将来有望な選手』とのこと。

スタート出遅れたタルマクシがセカンドグループをひっぱってトップ集段に追い付いた辺りから、テレビカメラに雨粒がつくようになる。9周目にブラッドリー・スミスとシモーネ・コルシが自己ベストを更新しながらトップグループを抜け出し始め、やがてスミスがコルシを引き離す。しかし、今期はレース後半に強いポイントリーダー、マイク・デ・メッディオがファーステストラップを叩き出しながら後方から追い上げてきて、16周目に一気にスミスを捕らえ、次の周にはついにトップに。また将来有望ブラドルと上り調子のタルマクシもスミスをかわしてデ・メッディオを追撃。残り2周はこの四人の表彰台をかけた攻防に。そしてデ・メッディオ、ブラドル、タルマクシ、スミスの順にフィニッシュ。スミスはまたしても最後に詰め切れない。

2位表彰台の18歳、ステファン・ブラドル。
227994_takumi1251280x960jul14jpgpre

今期ここまでノーポイントレースのないポイントリーダー、デ・メッディオ。実況アナウンサーにライバルはタルマクシか?と問われた坂田選手が『マシントラブルがライバル』と答えるくらい安定感がある。休み明けにチャンピオンと若手がどこまで食らいついて行けるか?

小山選手は11番手走行中にクラッシュしてリタイア。中上選手は19位完走。残念。

完全にウェットレースとなった250ccクラス。昨年は青山選手,一昨年は高橋選手と連続して日本人が優勝しているゲンの良いサーキット。だがしかし、今回から08年モデルのワークスアプリリアに乗ったマルコ・シモンチェリが予選2番手のミカ・カリオに0.5秒もの差をつけてP.P獲得。コースが短く、コース幅も狭いザクセンでは、0.5秒の差は茂木や鈴鹿での2、3秒に相当するという。恐るべし、新型アプリリアsign03

スタートは濡れた路面を気にしてか、全体に非常に慎重なスローな展開。KTMのフリアン・シモンとシモンチェリが抜け出し、一周目最終コーナーでシモンチェリがトップに立つ。そこからはまさに独壇場。濡れた路面もなんのその、ファーステストラップで独走。追われる立場のポイントリーダー、ミカ・カリオが2番手に浮上した頃にはすでに7秒先を走っていた。

途中から雨が強くなり、17周目に青山がリアをすべらせ転倒。カウルを大破させるもレースには復帰。なんとか8位で完走した。調子良く2位集団を追いかけていた時だったのでホントに残念。

Photo_2

レース終盤、カリオ、バルベラ、シモンの2位集団にパシーニと、オープニングラップで17番手まで順位を落としたバウティスタが追い付く。そしてバルベラとバウティスタが抜け出して2位争いを。ポイントリーダーのカリオがこの争いに加われないまま、この順位でレースは終了。シモンチェリは初のポール to ウィン。ポイントランキングでもカリオに11ポイント差をつけてトップに。

暴れん坊モップ頭のシモンチェリ。
228001_marcosimoncellionthepodiumat

ここに来てシモンチェリを全面的に支援する事になったアプリリアとジレラを統括するピアジオグループと、125でもチャンピオンまであと一歩だったし今度こそカリオでゼッケン1番が欲しいKTM。このメーカー同士の対決が激しくなってきて、レースは一段と面白くなっている。でもシモンチェリもカリオも苦労人同士だから、どっちも勝たせてやりたいなぁ。

チャンピオンのストーナー絶好調のMotoGP。4戦連続のポール獲得。昨年ペドロサが記録したサーキットレコードから2秒も速い予選タイム。しかし決勝は結構な雨のウエットに。これがはたしてどう影響するか?

ホールショットは二番手のペドロサ。

========================================================

とまあ、こんな中途半端な所で筆が止まってます。レース見ながら取ったメモ見ても、もうレースの詳細が思い出せないのよねぇ。年のせいかなぁbearing。またレース見るのも時間無いし。とりあえずざっと書いとくと、ペドロサが呆気なく転倒してがっくり。ロレンソの転倒も残念。ギュントーリの6位獲得にびっくり。さすが雨のバーミュレン、といったとこかな。ざっとしすぎかcoldsweats01

あと、アメリカGPはほんとに面白かった。やっぱガチンコのロッシはしぶとい。あれは今年のベストレースだね。レース後のケーシーのロッシに対する物言いについては、モータージャーナリストの遠藤智さんがライディングスポーツ10月号の『GPサーカス2』で非常に的確なコメント寄せてますね。

チェコGPも一昨日やっと見られました。エリアスは毎年、忘れた頃に急浮上してくるなぁ。カピロッシはさすがベテラン。中野選手もHONDAに移籍して以来、ようやく納得のいく走りができたんじゃなかろうか。今後に大いに期待です。あと、ウエストも首がつながり始めたかな。チャンピオンシップもそうですが、来年のシート獲得競争も眼が離せなくなってきてます。う〜ん、せめてオンタイムでレースを見たいよぉ〜crying。昨日のサンマリノGPは一体いつ見る事ができるのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »