« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の4件の記事

2008/11/29

やっとお披露目+チェスト&脊椎プロテクター

本日、やっとこさっとこSDRのブレーキ周り作業を終えました。

ようやくお披露目です。じゃじゃーん。
Sdrb01

もそっと近寄ってみましょう。

Sdrb02
まずはフロント周り。

Sdrb03_2
マスターシリンダーはデイトナのニッシン1/2マスターに変更。ラジアルにも心惹かれましたが、ちょうどいいマスター径とお値段のものがなかった事と、まだまだ自分には宝の持ち腐れになると思った事から今回はこれでいくことにしました。ちょっとレバーが長かったかな?

Sdrb04_2
そしてこちらが今回の目玉eyesign03。ブレンボの4podキャリパー、赤アルマイトバージョンでございます。いいでしょう、この色happy02sign01。もう、眺めるだけでにやにやしちゃうよ。

Sdrb05
今回、リアもホースをステンメッシュに変更。ついでにOH。キャリパーを掃除して、ピストンとシールは新品に交換、パッドピンとパッドは損耗の少ないフロントの物を移植。さらにエアブリーダーをデイトナのステンレス製スペシャルエアブリーダーに交換しました。見た目の綺麗さUPup

早速近所を試走してみました。久しぶりにSDRに乗るので、体を慣らしつつブレーキパッドの当たりを出します。交通量の少ない、いつもの広域農道に出てから、周りの交通に注意しつつブレーキのテスト開始。とはいっても公道なのでハードな事はできません。それでもさすがにブレンボ+ニッシンキャリパーです。まずとにかくタッチがいい。軽くレバーに指をあてるだけで、確実に作動して制動を行います。ステンメッシュホースのおかげもあって、リニアでダイレクトな感触で、とてもコントロールし易くなりました。ブレーキがかわってもタイヤやローターはそのままなので、実際の制動力はさほど上がってはいないでしょうが、これなら簡単にジャックナイフとかできそう。コーナーへの突っ込みに少し自信が持てそうですdelicious

リアは思っていたほどはダイレクトな感触を得られませんでした。それでもやはり、これまでよりも作動の状況がわかり易くなっています。新しいピストンで切れもいいし、なんというか、ブレーキを踏んでから実際にリアホイールが制止されるまでのタイムラグがなくなったような感じです。

前も後ろも、この感覚に慣れたらすごく面白い事になりそうでワクワク。しかしせっかく足回りがよくなったのに、肝心のライダーが久しぶりすぎてヘタレてちゃなんにもならないなぁ。やはりバイクは乗ってナンボだねぇcatface

ついでにこちらも紹介。先日、某バイクパーツ店で購入しました。チェスト&脊椎プロテクターです。まずは胸側の画像。
Komine01_2

こちらは背中側。
Komine02

実は、三ヶ月ほど前にダイネーゼの『GILET WAVE 2-3 NECK』を見て欲しくなり、ダイネーゼジャパンに問い合わせたところ、品切れ欠品、入荷はまったくの未定とのお返事。入荷したら連絡してくれるようお願いしたのですが、ずっと連絡はなく、先月再び問い合わせたときも同じような状態だったので、痺れをきらして先週末にたまたま見かけたコイツを買ってしまいました。そしたらお約束。購入4日後にダイネーゼのお店から、

『入荷しました!』

というお姉さんの明るい声が。ヘナヘナヘナとなりながら、もう別の買っちゃったから、とキャンセルをお願いしました。あああ、あと一週間早かったら買ってたのにぃ。今回、D-Store Tokioに15個入荷したそうです。欲しい方はお早めに。

このコミネの『SK-623 ボディアーマードベスト』は他の製品と違って、ベストタイプなのにチェストガードが一枚型であるところが気に入っています。街乗りの際にライダージャケットの下に着る分には十分な装備です。サイズがXLなので、ちょっとお尻のところに脊椎プロテクターが余ってしまいますが、見てくれよりも安全第一。上から下まで脊椎を保護してくれるのは安心感があります。ただ、脊椎プロテクターをベルトなどで腰にしっかり固定するタイプではないので、革ツナギの中に着けるのはちょっと不向き。というより、私のツナギだとこれを中に入れると、なんとかツナギのチャックは締まるものの、胸が圧迫されてしまって息ができなかったwobbly。ダイネーゼをあきらめたのも、現状ではツナギ着用時に使えないからです。まずは痩せるか、新しいツナギを買うかしないとなぁ。

そんなこんなで。まずはどこでもいいから早くサーキットでブレーキを試したいですね。でももう寒くなる一方だからなぁ。早く春cherryblossomにならないかなぁ(おいおい)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/23

早速届きました!

前の記事に書いた、airplants様謹製のSDRのリアマウント。本日早々に届きました!

Photo

こすげさん、ベルーガさん、本当にありがとうございます。

せっかくエンジン降ろすのならついでにいろいろやりたい事もあるので、実際に取り付けるのはちょっと先になりそうですが、見ているだけでワクワクしてきます。あんな事やこんな事もやって、走りのレベルを一段落上げたい物です。

もっとも、ライダーのレベルはなかなか上がりませんが…(´Д⊂グスン。

結構注文が殺到しているようです。欲しい人はお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/22

寒い上に日が暮れるのが早過ぎて

ここ数日、早足でやってきた冬に秋が押し出されるかの如く急に寒さが増してきて、どんどんバイクをイジルのがおっくうになってます。日が暮れるのも早いから、日が昇って暖かくなってから作業をしよう、なんて思っていると、あっという間に真っ暗になって後片付けが大変(A;´・ω・)アセアセ。

そんな感じですが、少しづつ作業を行っています。最近やった作業をまとめると、まずはインナーロッドの再組付け。先にここでも記事にした新しく作り直したロッド部分に、オリジナルのバルブやスプリング等を取り付けて再生しました。

Photo
バッチリですscissors

油面は今回は114mm、これまでより1mm上げてあります。わずか1mm、されど1mm。

次に、ベルーガさんのお店のオリジナル商品、『SDR200 フロントエンジンマウント補修キット』を使って、フロントエンジンマウントのメタルブッシュとスペーサーを交換しました。

Photo_2
新品のスペーサーと古いスペーサー。

Photo_4
打ち抜いたブッシュ。見ての通り、片側は変形していて打ち抜くのが大変だった。

Photo_3
新旧ブッシュの厚さ比較。さすがに摩耗しています。

実は私のSDRのフロントエンジンマウントは以前一度折損していて、Yahooオークションで見つけた程度の良かった中古品に交換してあります。初代のマウントはブッシュも本体も、講習会での連続一速走行による振動で削れに削れて、折れてなくても要交換のヒドい状態だったので、今回はそうなる前にメンテナンスをしておこうと思ったのですが…。

F

時既に遅しでした(´;ω;`)ウウ・・・。マウント本体と新しく打ち込んだブッシュの間に隙間ができてます。そんなにすぐにどうこうと言う訳ではないでしょうが、またYahooで中古のマウント探さないとなぁ。

ナーンて思っていたら、こんな素敵な情報が! なんてタイムリーなんでしょう。以前もパワーパイプというパーツ屋さんが似たような構造の物を出していましたが、作っていた職人さんが退職されたのか、取り扱いが無くなっていたので残念に思っていました。これは楽しみですねぇ。フロントもリアも、セットで購入して早く取り付けてみたい物です。品質と価格のバランスに苦労されているそうですが、ガンバッて下さい、TOSH-TEC様!

さらにリアのマウントについてもこんな嬉しい情報が! リアのマウントも、前回エンジンをフルオーバーホールした時にバイク屋さんを泣かせたパーツだったんですよね。airplants様ありがとう! こちらのリアマウントはすでに先述のベルーガさんのお店で販売が開始されています。早速注文して、発送を知らせるメールが先ほど届きました。こちらも楽しみです。

SDRユーザー積年の悩みが、ここにきて二つも一気に解決するなんて。この勢いでだれかリアサス&スイングアーム周りのカラー一式、作ってくれないかなぁsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

ハラショー! ウズベキスタン

急に寒くなってきたと思ったら、もう11月も半ばなんですね。しばらく忙しい日々でしたがようやく落ち着いてきました。でもすぐ年末突入なんだよね┐(´д`)┌ヤレヤレ。

10月25日から11月1日まで、ウズベキスタンの首都タシケントに行っていました。もちろんまたお仕事です。事前にウズベキスタンに行くと話した知人は概ね『そこって安全なの?』と聞いてきます。私もよく調べてなかったので(オイ)、なんとかスタンなんて国はきっと砂漠でアラブでイスラームなんだろうと勝手に想像していたら、タシケントはいかにも東欧旧共産圏の街といった面持ちの、妙にだだっ広い、緑の多い街で、思っていたよりフツーの国でした。実はウズベキスタンにはサマルカンドやブハラといった所に世界遺産もあって、結構観光で訪れる人も多い、比較的治安の良い国なんだそうです。

1059
タシケントの街並み。

1071
到着した翌日の日曜はフリーマーケットが開かれてました。旧ソ連時代の遺物が結構あって面白かった。レーニンのピンバッヂとか、買っときゃよかったかな。

1084
最新の車も走る中で、結構見かけたロシア製の車。デザインは日本の70年代?

1087
学校らしき建物の側面にあった如何にも共産圏な壁画と銅像。

1285
こちらも如何にも共産圏な装飾の建物。

1081_2
今回、仕事で訪れた建物のエントランスです。細工が細かく、とても豪華です。

1294
その建物の中に掲示してあった、これまた如何にも同志!なポスター。

1310
嘘かホントか、スターリン時代から使っているという電話。こんなレトロ感溢れる電化製品がいっぱいあって面白かった。

1272
街で見かけた洗濯機。これ、売り物です。

1248
旧共産圏と言う事で、ホテルもヒドい所を想像していたら、泊まったホテルはとても立派でサービスの行き届いた所でした。お湯はもちろんちゃんと出るし、ワイヤレスネット環境もある。朝飯にはなんとハープの生演奏付き!

1251
滞在中うれしかったのは果物が豊富で美味しかった事。柿とかザクロなんてのもあった。この葡萄はホント最高。

1194
ウズベキスタン料理。左から、ジャガイモを粉系の生地で包んだマンドゥー、馬肉の入ったつけ麺スタイルのナレン、あとなんか肉料理。油がちょっと多いけれど、どれも美味しいかったです。ご飯がおいしい旅行は楽しいね。

1304
レストランで出会った女の子。一族総出の集まりでご機嫌だった。

1293
仕事先で出会った子。子供はみんなスレてなくて可愛い。中央アジア系のウズベキスタン人の女性は結婚するのが早く、10代後半にはもう子供を産んでいて、二十歳そこそこで二児の母なんてのが普通らしい。この子も、あっという間に結婚しちゃうんだろうなぁ。

1289
ホテルのお土産屋さんのアリナさん。彼女はロシア系。美しいです。ロシア系のウズベキスタン人の結婚はもっとゆっくりで、自分のライフスタイルに合わせて決めているとの事。でも最近はロシア系が随分減ったそうです。

1290
こちらは空港のお土産屋さん。50ユーロもだして、だれがこんなの買うんだろ?

今度はゆっくりと世界遺産を見に行きたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »