« 今年の初夢 | トップページ | 完済しました »

2009/02/01

ベネズエラで時差ボケ

先月の後半、出張で南米のベネズエラに行ってきました。

今回、初めて時差ボケというものにかかり、最初の三日ほどは散々な目に会いました。キッツイねぇ、時差ボケって。まぁ眠いこと眠いこと。おまけに到着してすぐに、晩飯代わりに食べたカップケーキが悪かったのか、めずらしく胃の調子を崩して飯を満足に食べることができなくなってしまい、正直体調的にかなり厳しい旅行になってしまいました。結局帰国まで量を食べられなかったので、一週間で3kg痩せましたよ。

また、ずっと首都のカラカスにいたのですが、ここは南米一の治安の悪さでならした街。PNGも治安が悪いと言われていますが、被害報告を聞く限りではこっちのほうがずっとタチが悪そうです。幸い、比較的治安のいい所だけしか行かなかったので、特に怖い目にはあいませんでしたが、移動はすべて車で、勝手に出歩けなかったので(散歩もできなかった)、街の雰囲気をいまひとつ肌で感じることができず、ちょっとつまらなかったかな。まぁ、お仕事ですから、いいんですが。

でも今回の日程は週末を挟んでいたので、そんなウサを晴らすべく、土曜日にカラカスから車で30分ほどのところにある観光地、エル・アティージョという街に行ってきました。本当に小さい街ですが、ピンク、オレンジ、エメラルドグリーンといったパステルカラーに彩られたコロニアル風の建物が並び、いるだけで楽しい雰囲気に浸れるカラフルな街です。お土産屋さんやレストランが多くて、歩いた距離はほんの少しだけでしたが、いい気分転換になりました。ベネズエラに行かれる機会があったらお勧めです。

で、帰ってきて、今度は逆時差ボケ。どーしよー、昼間爆睡でぜんぜん夜眠れねーよ。

Photo
カラカス市街の様子。

Photo_13
カラカスはガソリン代が安く、リッター当たりなんと5円。そのせいか、車の量が半端じゃなく多く、毎日渋滞でした。街の中をほんの数km移動するだけで、平気で30分とかかかるから、時間を読むのが大変。

Photo_8
結構ビルが林立してます。でも中には、傍目にも雑な工事をされているビルもちらほら。地震がきたら大変なことになりそうなレンガ造りビルとかありました。

Photo_5
一見すると、そんなに治安が悪いようにも見えないんですけれどね。ここら辺は比較的治安の良い所らしいです。

Photo_9
ベネズエラといったら石油が有名ですが、他の中南米国同様、コーヒー豆の栽培も盛んです。結構おいしい豆です。

Photo_10
さらにベネズエラと言えば、忘れちゃいけないのはチ・ョ・コ・レ・ー・ト! とてもおいしいチョコレートが食べられます。バレンタインに向けて、日本でもベネズエラ産カカオ使用をうたったチョコレートが売られてますね。

1000m
この山はアビラ山。カラカスは標高1000mの街なので、こんな感じでいつも雲が低いです。でもおかげで、赤道に近いわりには通年で快適な気候なのだとか。まぁ、PNGのGorokaみたいなもんだ。滞在中も快適でした。

Photo_6
エル・アティージョの街並。カラフルでしょ?

1
土産物屋で。クリスマス前にキリスト生誕の物語を人形にして飾る習慣があるそうで、その為の人形たちです。

2_4
こちらもお祭りで使われるという悪魔のお面。デカッ!

Photo_11
この国、見た目はバリバリの資本主義国家なんですが、実は社会主義。エレベーターガールも立派な仕事のようです。

途上国にはありがちですが、この国も貧富の差が非常に激しい国です。帰りの飛行機は朝一だったので、暗いうちに空港に向かったのですが、山という山の中腹からてっぺんまで明かりが灯っていて、とても綺麗でした。しかしその明かりは、山に勝手に家を造って不法に住み着いた貧民達の家の明かりで、どう見ても危険極まりない場所に多くの人が生活しているのが見て取れました。日が昇ってから飛行機の窓から見下ろした山には、マッチ箱のような小さい家がまるで藤壷のように密生していました。

Photo_15
貧しい人たちが暮らす、不法占拠の住居群。

石油で儲けているのなら、もう少し富の分配をうまくやれないもんですかね。まぁ、憲法修正してまで自分の権力の維持に一生懸命なチャベスさんには、期待しても無理かなぁ。さてさて。

|

« 今年の初夢 | トップページ | 完済しました »

コメント

Qさんお仕事で色んなところに行けていいですね~!写真と紀行文(?)、今回も楽しませていただきました。美女・美少(青)年の写真がなかったのが残念(ぉい)時差ぼけ、もう治りましたか。

今日たまたまダンナと、ラジオで流していた車の話題から石油の話になって、ベネズエラが石油輸出王国とダンナから(恥ずかしながら)初めて聞きました。そうか、貧富の差はオイルダラーと貧困層からでてきてるのか。

ラジオの車の話は「ブラジルは35年も前からエタノール100%を車の燃料に使ってる。でも経済的には途上国と言われてる。方や我等アメリカは石油依存でようやく少々石油にエタノールを混入している程度、まだまだ石油依存。いったい途上国はどっちだ?」ってな話だったのですが。

投稿: | 2009/02/01 12:37

こんにちは、名無しさん、コメントありがとうございます。って、Noviさんかな?

出張は今年度はこれで最後です。来年度はあるのかないのか、まだはっきりしてません。最悪ずっとデスクワークかもしれない。それは嫌だなぁ。

ベネズエラ美女は私も期待していたんですけれどね。可愛い娘、きれいな女性もいるにいるんですが、ミスユニバース排出国と言われるほどハッとする美人にはなかなかお目にかかれませんでした。まだチリに行った時の方が眼福が有ったように思います。

ベネズエラの石油の話は変な話もありまして、実はベネズエラ、石油輸出大国のくせにガソリンを輸入しているのです。なんでも国内のプラントでは精製が間に合わないそうで。だから政府はガソリンの値段をずいぶん前から上げたくて仕方ないのですが、その話が出ると国中から反対が起こるものだからやれない状況だとか。貧富の差については他にも、過去からのしがらみや、チャベス政権の抱えている問題も大きいようです。ちなみに、ベネズエラの高級公務員の年収は日本円で7千万円以上ですよ!? そらみんな、チャベスのイエスマンになりますよね。

エタノールの事は、ずいぶん昔、初めてその話を聞いた時はすごいなぁ、と思いましたが、今はどうなんだろうと思っています。なんか結局、原材料の穀物生産が環境を破壊してマネーゲームの対象になっただけのような。トータルで見た場合、穀物は穀物として扱った方が一番効率がいいのではと思うようになりました。車の燃料に当てる為に自国民や途上国の人たちに回す食料がなくなった、なんて意味ないですもんね。なんにせよ、早くまともに使える石油の代替えエネルギーが出てきてほしい物です。

投稿: Q | 2009/02/01 23:50

おおお、Qさん失礼しました。お察しのとおり、コメントはNoviです。(名前自己申請式なのねん)穀物は穀物として・・・っての、同感ですね。

投稿: Novi | 2009/02/03 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラで時差ボケ:

« 今年の初夢 | トップページ | 完済しました »