« 『ぷっ』すま見て驚いた | トップページ | 黄色い螺旋 »

2009/05/16

天網恢々粗にして漏らさず

危険運転致死傷罪を適用、懲役20年判決 福岡3児死亡

2009年5月15日12時1分

 福岡市東区で06年、飲酒運転で3児を死亡させたとして危険運転致死傷罪などに問われた元同市職員、今林大(ふとし)被告(24)の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。陶山博生裁判長は、業務上過失致死傷罪の適用にとどめて懲役7年6カ月(求刑懲役25年)を言い渡した一審・福岡地裁判決を破棄。「酒の影響で正常な運転が困難な状態で事故を起こしたと認められる」として危険運転致死傷罪と道交法違反(ひき逃げ)の罪を適用し、懲役20年を言い渡した。弁護側は判決を不服として、上告する方針。

 01年の刑法改正で施行された危険運転致死傷罪の適用の可否については、一、二審で裁判所の判断が分かれるケースが相次いでいる。

 判決は、危険運転の要件となる「正常な運転が困難な状態」とは、「現実に道路・交通状況に応じた運転操作を行うことが困難な心身の状態にあることだ」として、一審と同じ判断の枠組みを維持した。しかし、事故原因は脇見運転だったとする一審の事実認定を否定して、正反対の結論を導いた。

 判決はまず、一審判決が事故原因を脇見運転とした点について検討。現場の道路が左側が下がっていることから、直進するためには絶えずハンドルを右側に微調整する必要があり長い脇見は不可能だと指摘。事故原因を11.4〜12.7秒にわたる脇見とした一審判決の認定は誤っているとした。

 そのうえで「被告は先行車の存在を間近に迫るまで認識できない状態にあり、道路と交通の状況などに応じた運転操作を行えなかった」と指摘。アルコールの影響で正常な運転が困難な状態で事故を起こしたとして、危険運転致死傷罪の成立を認めた。量刑の理由で陶山裁判長は「相当量の飲酒をしたうえ、一般道を時速約100キロで走行した行為は危険。結果は誠に重大で、厳しい被害感情ももっとも」などと述べた。

 弁護側は、事故は被告、被害者ともに「不意打ち」だったと主張。被告の脇見運転だけでなく、被害者の居眠り運転や急ブレーキなどの過失が重なって被害が拡大したと訴え、無罪か大幅な減刑を求めていた。しかし判決は、道路の状況などから「(被害者側が)居眠り運転をしていたとは考えられない」と退けた。

 一審の福岡地裁は、危険運転致死傷罪のほかに業務上過失致死傷罪を起訴罪名に追加するよう検察側に命令。08年1月、業務上過失致死傷と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の組み合わせでは最高刑に当たる懲役7年6カ月を言い渡していた。

asahi.com

以前より記事にしてきたこの事件。弁護側は判決を不服としているそうだが、私も不服だ。懲役20年なんて、甘すぎるよ。こんな手前勝手な奴は懲役30年でも構わない。しかし、『天網恢々粗にして漏らさず』とは良く言ったものだ。まさにこの高裁判断の事だよ。この判決が、なにかと問題があると言われる危険運転致死傷罪の適用の一定の指針となることを願う。

この6月には飲酒運転に関する道路交通法施行例の一部改正があり、厳罰化されるそうだが、まだまだ甘いね。やっぱり飲酒運転=危険運転にするべきだよね。

西日本新聞5月15日号外
200905150017_000

|

« 『ぷっ』すま見て驚いた | トップページ | 黄色い螺旋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天網恢々粗にして漏らさず:

» 不可解な不起訴 [Rabis Tok]
娘の無念晴らしたい 岡山女性死亡事故 検審3度申し立て 父親懸命の訴え 21日公 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 22:28

» 二つの事故、その後 [Rabis Tok]
以前取り上げた二つの飲酒運転事故のその後のニュース。 まず07/12/13の 『 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 22:37

» 『飲酒運転』の定義を変えよう [Rabis Tok]
3児死亡で危険運転罪見送り 福岡地裁、業過致死適用か 2007年12月18日13 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 22:40

» 飲酒運転は危険運転だ [Rabis Tok]
飲酒運転、厳罰化後も事故多発 遺族「残念で仕方ない」 22日早朝に宮城県多賀城市 [続きを読む]

受信: 2009/05/16 22:43

« 『ぷっ』すま見て驚いた | トップページ | 黄色い螺旋 »