« MacBookのレアトラブル | トップページ | ガイアナとエルサルバドルに行った話 その1 »

2009/09/29

FreeHand MXaとSnow Leopard (Mac OS X 10.6)

たまにはお役立ち情報をば。

先日、MacBookのOSをSnow Leopard (Mac OS X 10.6)にアップグレードしました。そうしたらやはりといいますか、FreeHand MXが使えなくなってしまいました。起動しようとクリックすると、しばらくはDockでアイコンが跳ねているのですが、何も起こらないままそのうち収まって終わってしまうのです。

どこかに対処方法が無いものかとネット検索してみると、海外のサイトに同じようなFreeHandユーザーの悲痛な叫びが充満しています。なかなか起動に成功した、という記事にぶつからず、まぁ、そのうち誰か何とかしてくれるだろう、最悪MacBookでの起動は諦めて、FreeHand使う時はPowerBook G4を使うか、とそちらにインストールする準備を進めていたところ、

I've done it!

と大きな文字で書かれた書き込みを発見。読んでみると、ボリュームライセンスをうんたらかんたら、こりゃ結構めんどくさいかなぁ、と思っていたら、その次の次あたりのコメントに、あっさりとオフィシャルで解決策が提示されているとURLが記載されていました。コチラ

ここからFreeHand MXa Registrationファイルをダウンロードし、Macintosh HD\Library\Application Support\Macromediaに入れるだけ。クリックしてみると無事起動しました。やったー、パチパチパチ。

一番期待していなかったAdobeが対応していたとはちょっと意外でした(日本のAdobe Siteにはまだ情報載っていません)。やっぱ海外にはまだまだFreeHandの存続を要求するユーザーが多いんでしょうね。対応してくれているのはうれしいのですが、Adobeはどっかの、まだ開発してくれるメーカーにFreeHand譲ってくれないかなぁ。

一つだけ問題というか、いいのか?と思ったことは、起動したFreeHandの『FreeHandついて…』を開くと、登録したはずの名前がなく、シリアル番号も『ボリュームライセンス』となっていること。まぁ、有効期限は『なし』になっているし、動くからほうっておきますか。ここでネット経由で登録とかしたらまた動かなくなりそうだもんね

まだまだ使いますよぉ、FreeHand MX

<09.11.12追記>
上記以外に、OSにRosettaがインストールされている事が条件になるそうです。
詳細情報は、こちらをごらんください。

|

« MacBookのレアトラブル | トップページ | ガイアナとエルサルバドルに行った話 その1 »

コメント

Qさま ご無沙汰しております。
貴重な情報をありがとうございます。
私のところは、メインマシン G5 のままですので、このような情報には とんと疎遠になっておりましたが、ノートが MacBookPro(Tiger)なのでいずれ活用させていただきます。

確かに、ボリュームライセンス契約している高校では、Snow Leopard で何もせずに動いていますので、アクチベーションがらみで問題が出るんでしょうね。
以前 Leopard 環境で、トライアルで使えていたものがアクチベーションしたとたんにアイコンにバツ印がついて起動しなくなったことがあってからは、ネット経由のアクチベーションはしないように皆に言っていましたが、Snow Leopardでは、こういうことになったのですね。
たぶん、世界中の FreeHand ユーザーの要望に応えて、ADOBE もなんとかせざるを得なかったんでしょうね。
出来れば、どこか積極的なソフトウエアメーカーに FreeHand を譲渡してくれたら嬉しいんですけれどもねぇ。

投稿: ASPECT | 2009/10/17 22:09

ASPECT様、こんにちは。コメントありがとうございます。

いつもいつもFreeHandの貴重なお役立ち情報で大変お世話になっているASPECTさんから感謝していただけるなんて、光栄の至りです

業務でMacを使用されているとなると、やはり信頼性の方が重要になりますから、使える限りは既存のOSのままという方が多いでしょうね。でも私のようなプライベートユースの場合、LeopardやSnow Lepardはとても利便性の高い、魅力的なOSになっています。実際、CPUのクロック数の関係でLeporadをインストールできず、Tigerのままになっている奥さんのPowerBook G4をたまにいじると、細かい機能の部分で結構ストレスを感じます。ですので、今回のAdobeの対応はGood Job!でした。今後もこの姿勢を継続、改善していってくれることを祈りましょう。

今のところ、Snow LeopardでのFreeHand使用で特に問題は起きていませんので、是非機会があったらお試しになってみてください。Snow Leopardはほんとに良いOSですよ。

で、本文にも書いた『FreeHandついて…』の件、あれ、シリアル番号の盗用を防ぐために、これまでも伏せられていましたっけ? でも名前は表示されたように思うんですが…。どうも釈然としないですね。

投稿: Q | 2009/10/18 11:52

『FreeHandついて…』の件、もちろんユーザー名も、シリアルも表示されますよ。シリアル番号が「ボリュームライセンス」となるとは、何じゃそりゃですね。ひょっとして、シリアル無しでも使えたりして?...そんなはずはないか。

Snow Leopard は評判がいいですね。何より、速くなっていると聞いています。そちらではどうでしょうか? 高校の先生は FreeHand のスクロールが速すぎるので「スクロール中に描画」をチェックして、わざと表示を遅くして使っていると言っておられました。
Intel CPU に最適化され、ロゼッタが高速に動作するようになったようですね。Leopard をテストした時は遅く感じたので Tiger のままにしていました。近いうちに MacBookPro の OS アップグレードも検討したいと考えています。

投稿: ASPECT | 2009/10/18 21:11

ASPECT様、こんにちは。コメントありがとうございます。

FreeHandのヘルプの『登録情報の印刷』を選択すると、ちゃんとシリアルナンバーがでてきますので、どっかで情報は保持しているようなのですが、それでもちょっと気持ち悪いですね

「スクロール中に描画」は常にチェックしてあったので、そんなに早さが変わったかどうか、あまり考えていませんでしたが、言われてみれば確かに早くなっているように思います。うっかりマウスのスクロールボールに触ると、画面がどんどんかわっていきますから。FreeHandで一つだけ気に入らないのは、スクロールボールでのページのスクロールが、他のアプリケーションと逆なことですね。これはなんとかならないもんでしょうかねぇ。意識していても未だに慣れません。ちょっと不便です。

投稿: Q | 2009/10/20 04:28

ASPECTです。
ご無沙汰しています。

『こちらのサイトはご存知でしょうか…?

http://www.freefreehand.org/index.shtml

Freehandをこのまま埋もれさせてしまわないよう、
復活のためのコミュニティが去年つくられたようです。』

との情報が寄せられました。
私も早速登録しました!

投稿: ASPECT | 2010/01/30 03:39

ASPECT様、こんにちは。コメントありがとうございます。

情報ありがとうございました。さっそく私も登録いたしました。Opensourceでもなんでも、バグが修正されて、今後もずっと使えるようになるのなら大歓迎です。順調に事が運ぶといいですね。

投稿: Q | 2010/01/31 15:17

このサイトで救われた者の一人です。
Snow Leopard 環境下でFreeHandを様々な仕事で利用していたのですが、先ほど(2010/9/27)にソフトウェア・アップデートをしたあと、急に起動しなくなりました。何がアップデートされたのか確認せずにアップデートしてしまいました。解決策は無いでしょうか。仕事が溜まりすぎており。システムを再インストールし直そうかとも考えております。

投稿: ポコさん | 2010/09/24 12:25

先ほど書き込んだばかりのポコさんです。
FreeHand MXa Registrationファイルを指定の箇所に入れ直して再起動をしましたら、問題なく動く様になりました。お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

投稿: ポコさん | 2010/09/24 13:05

ポコさん、こんにちは。コメントありがとうございます。問題、無事解決されたとのことで、良かったです。

こちらでも先ほどソフトウェア・アップデートをしてみました。『セキュリティーアップデート 2010-006』というやつがインストールされました。再起動ののち、ATOKの最初の設定画面がたちあがりましたが、それ以外は特に問題もなく、FreeHandも普通に起動してくれました。あまり偉そうな事は言えませんが、ポコさんはお仕事でFHをだいぶ使われていらっしゃるとのことですから、それまでにも少しづつ蓄積されていた小さい問題が、アップデートで顕在化した、といったところではないかと推察します。ともかく、解決策があったということは他の皆さんにとっても有益です。今回は情報をありがとうございました。メーカーサポートがないと、こう言った時は心細いですよね。ユーザー同士の連携がますます必要になってきますね。

正直、私は趣味の範囲でしかFHを使っていませんので、あまり素早いRESも付けられませんし、お役立ち情報もほとんど持っていませんが、これからもお互い、助け合いましょう。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Q | 2010/09/25 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FreeHand MXaとSnow Leopard (Mac OS X 10.6):

» MAC遍歴--6 <遅まきながら Snow Leopard 導入> [aspect ログ]
MAC遍歴【その6】です。    →→【その1】【その2】【その3】【その4】【その5】はこちら 久々に MAC遍歴です。 開発停止されてしまった FreeHand をメインアプリケーションとして使用している私の MAC遍歴は、G5以降 MacBook Pro(最後のTiger版)導入に留まっていましたが、22台目のMACとして 約3年ぶりに現行の MAC(mini ですが)を導入しました。 iPad とコンビを組ませるのが第一の目的です。 iPad 購入当初は、Windows マシンとコン... [続きを読む]

受信: 2010/09/06 00:01

» あっぱれ! FreeHand -6 <Snow Leopard 動作確認> [aspect ログ]
【FreeHandで行こう!(番外編)】その51 <あっぱれ! FreeHand その6> です。 このシリーズでは、FreeHand の優位性を紹介しています。 FreeHand の情報を求めている方や、Illustrator ユーザーの方にも、お役に立てれば幸いです。 現在、 番外編としてざっくばらんに話を進めています。 初めてお越しの方は、総集編か カテゴリーTOPからご覧になられるのをお薦めします。       → FreeHand _総集編はこちら    → FreeHand _カテ... [続きを読む]

受信: 2010/09/12 09:00

« MacBookのレアトラブル | トップページ | ガイアナとエルサルバドルに行った話 その1 »