« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の4件の記事

2010/01/30

欲しいけれど惜しい

AppleからiPadが発表されましたね。世間的にどういう評価がされているのかは知りませんが、久しぶりに欲しいと思えるApple製品です。あのシンプルさと割り切り方がAppleらしくていい。そんなに重くもないから持ち歩くのも苦にならなさそうですし。MacBookは持ち歩きたく無いけれど、iPhoneはソフトバンクだからイヤ、という私にはぴったりです。

ただ惜しむらくは、ビデオチャット用のカメラが無いこと。これがあれば出張の時なんか便利なんですけれどね。技術的につけるのがそんなに難しいこととは思えないんですが、次のバージョンアップにとっておいてあるんですかね。待たされるのはちょっと悔しいですが、カメラが付いたら即買います。

あと、これまでもそうなんだけれど、Appleの製品て実物見ると意外とデカかったりするんだよね。私が勝手に一回り小さく想像しているのが悪いんだけれど、ジョブスが持っているところを見ていると、やっぱちょっとデカイかなぁ。購買意欲がしぼむとしたら、そのファーストインプレッションでしょうね。とにかく実物がでてくるのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

やっぱカッコイイねぇ

冬になると、空気が乾燥する分、エンジンのピックアップが良くなって、特に2stは乗っててたのしいですね。

昨日、久しぶりに乗ってスタンドでガソリンを入れた時、光の加減が良かったので思わず撮影してしまいました。もうちょっと落ち着いて、アングルなど考えればよかったなぁ。

でもやっぱ、このバイクのデザインって最高goodsign01

P1010836

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/01/09

こうゆうのが大切なんだよね

別に私がしくじった訳ではないのですが、少し前から仕事で大きな面倒事を担当しています。マイナスを0に戻すだけの、なんのプラスにもならない仕事で、面倒を起こした相手のあまりの非常識さ、杜撰な対応に頭に血が上ることも多く、やっているウチにどんどん自分が偏執狂のイヤな人間になっていくような気がして滅入ります。

そんな中、この件のクライアントへ、年末からの進捗を報告しに行ってきました。1時間ほど報告をし、今後の善後策を協議した帰り際、先方のご担当の方が、

『最後に二つ、言わせてください。一つは、この件については○○○○○で、もう一つは、Qさん、こんな面倒な仕事をここまでやっていただいて、本当にお疲れ様です。どうもありがとうございました。』

と言ってくださいました。正直、自分でも意外なほどに、この最後の言葉がうれしかった。

こちらが播いた種でもあるので、大変でもやるのが当たり前の仕事なのに、ここまで言っていただけた、ということもありますが、最近は年末、年度末の関係もあって、この件に関わっている他のスタッフも忙しく、ほとんど私一人でかかり切りになっており、ちょっと煮詰まっていました。なので、なんといいますか、報われたというか、救われたよう気持ちになりました。些細な事かもしれませんが、こういった気遣いって、やはり大切なんですね。自分が周りの人に対してこれまでできていたかは心許ありませんが、今年からは少し、そういったことに気を配っていこうと考えた出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/01

2010年

というと、木星がモノリスによって太陽になった年…。あの映画を見た当時は、どんな世界になっているものかと思いましたが。

ということで、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく。今年もこちらに年賀状をおいておきました。暇つぶしがてらごらんいただければ幸いです。

Catinforest
こちらの絵はアンドレ・ドュラントン(André Duranton)作の『ジャングルの中のネコ(Chats et plantes exotiques)45cm x 55cm』。ン十年前に新宿の小田急だったかにあった美術館で見たように記憶しています。大胆な絵柄、ドングリ眼の愛嬌のあるネコの顔がお気に入りです。特に意味はないのですが、寅年ということで、ご紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »