« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の4件の記事

2010/06/27

親になって四ヶ月の朝につらつらと

昨日で娘が生まれて四ヶ月が経ちました。比較的成長の早い子のようで、気がついたら下の歯が生え始めていました。寝返りも三ヶ月半ばころから打ちはじめましたし、二ヶ月半頃から始まったクーイングも最近ずいぶん活発になって、今では良く声を上げて笑います。かわいい盛りで親バカ全開120%ですhappy01

娘が生まれたからこそ気になるようになったのですが、最近、児童虐待などのニュースをよく耳にします。被害児童と我が子を重ね合わせて、こんなに無邪気で無垢で頼りない命に向けられた暴力の理不尽さ、凄惨さに愕然とするとともに、子供達がどれだけの恐怖と絶望と惨めな思いの中で過ごしてきたのか、考えると胸が痛くなり、頭がくらくらしてきます。

いかなる理由があってもふるわれた暴力は正当化されませんが、その多くの背景に、加害大人達の余裕のなさがあるように感じます。それは経済的にも時間的にも、人間関係や気持ち的にもです。言い換えると社会全体として余裕がなくなってきているのでしょう。色々と問題があり、解決策も一様ではありませんが、少しでも悲惨なニュースが減って、子供達の笑顔でいっぱいの社会にするために、父親として何ができるのか、我が子の寝顔をみながらつらつらと考えたりする日曜でした。

まずは来月の参議院選挙ですね。抽象的なキレイゴトを並べる輩ではなく、地に足のついた話をする人・党に投票しましよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/26

人材のだだ漏れ

RIDING SPORTの8月号を読んでいて、青山周平選手、岩田裕臣選手、渡辺篤選手の三名がオートレースに転向するとの記事が目に付いた。

これで良いのか日本のロードレース業界よsign03。これを人材の流出と呼ばずしてなんとする。三人とも全日本チャンピオン経験者で、内一人は世界選手権のレギュラーライダーでもあったんだよsign02 青木治親選手の時も思ったのだが、不況の折りとは言え、もっとメーカーなどが積極的にバックアップできないもんなんだろうか? それともそんなに手間をかけられないほどに、日本市場はメーカーにとってうまみのないものとなっているのだろうか?

三選手の新たな挑戦への健闘を祈りますが、伊藤選手も引退表明しているし、ますます寂しくなりますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

買っちゃったヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

今日、娘が初めて寝返りを打ちましたhappy02。パチパチパチ。

で、お祝いにってわけぢゃあないんですが、

ダダン!
67501

エゲレス生まれのトリプルトルネード、
shineTRIUMPH DAYTONA675new、本日納車されました! 実は先月契約してました。
67502

この10年、SDRにしか乗っていませんが、もともと大型自動二輪車免許は持っていました。ただ、特に乗りたいバイクがあって取った免許ではなかったし、SDR一台でもまったくもって必要十分だったので、これまでその免許を生かせず終いでした。

でもここにきて、SDRだけだとキツイなぁ、と思う事が多くなってきました。サーキットとかね。そんな折、スズキのグラディウス650を見て、このバイク悪くないジャン、と「2010年バイクカタログ」なんぞを書店で手に取っちゃったのが運の尽き。夜な夜な寝る前にカタログを眺めているウチに、どんどんその気になっちゃいましたcoldsweats01。天の邪鬼な私は、日本メーカーは並列4発ばっかでつまらんなぁ、さりとてドゥカティはみんな乗っているし、どうせバイクなんて全部がスポーツカーみたいなもんなんだから、あまり他人が乗っていない種類のバイクが欲しいよねぇ、それに1000ccはいらないよなぁ、乗りこなす自信もないし予算的にもねぇ、と逡巡したあげく、最終的にはグラディウスを遠く離れてこのDAYTONAに。フレームの一部はトラスですしねcoldsweats01

今日はお店から自宅まで乗って帰っただけで、さすがにまだまだ全然乗れてません。バイクの慣らしと同時にライダーもじっくり慣らして行きます。

サーキット走行を前提に、オートシフターもつけました。
67503_3

タンデム走行もしないつもりなので、タンデムステップもとっぱらっちゃった。シングルシートカウル装着です。
67507

この車両はメーターだけ2009年モデルの2010年モデル初期ロット車です。これのおかげで割引キャンペーンの対象車両になりました。
67506

これからはSDRとの二台体制です。
67505

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/08

心の方が折れそうです(^_^;

先週末、G'craftで販売しているリザーブタンクレスKIT・TYPE4という製品を使って、SDRのリアブレーキマスターをリザーブタンクレスにしようとしました。結果から言うと、ポン付けでノーマルリアブレーキマスターへの取り付けはできましたが、ノーマルステップだとリアサスが沈んだ時にこの製品がスイングアームに当たることがわかりました。そんなこんなで、リザーブタンクレス計画は中止。一度外したノーマルのリザーブタンク一式を再利用する予定です。

水平方向のクリアランスはバッチリだったんだけれどねぇ。
Gcraft

で、他にもちまちまとメンテナンスをしていて見つけてしまったのがこれ。
Front_mount

ちょっと見辛いですが、フロントエンジンマウントの折損です。これで二回目。やれやれ。せっかくサーキット走行に向けて、タイヤを新調したってのに、これでまたしばらくサーキットはお預けです。サーキット走行が街乗り走行と比べて負荷が大きいことはわかりますが、こう走るたびに何かが壊れるのは正直げんなりしますね。その都度直すこっちの心の方が折れそうです。やはり全体の経年劣化がすすんでいるんでしょうね。SDRでのサーキットはやめた方がいいのかなぁ。

ちょっと気分転換に。
Ria_brake

リアブレーキキャリパーのブリードスクリューのキャップをアクティブの物に変更しました。これでもういつの間にかにキャップがない、ということはないでしょう。以前、デイトナでアールズのキャップを販売していて、ずっと使っていたのですが、最近になってデイトナでも取り扱いやめたようで、キャップ無くして困ってたんですよね。キレイにはまって満足です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »