« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の5件の記事

2010/11/27

オバノシ

先日、伯父から伯母の葬儀の香典返しが届いた。そこに同封されていた伯父の手紙に、亡くなった伯母が生前したためていたという、詩をまとめた紙が添えられていた。

この伯母は母の姉にあたり、母とは一回り年が離れている。母は幼い頃に両親を亡くしており、この伯母が母親代わりだった。5人兄弟の長女であったため、戦中戦後の混乱期に若くして大黒柱として一家を支えざるをえず、自分のやりたいことを犠牲にして必死に働いたそうだ。そのせいか、私にとってはがさつでデリカシーのない、お金にうるさい田舎者のオバサンといった印象しかなく、裸一貫でガテン系の会社を興し、ある意味豪快な伯父や、その両親の影響をもろに受けて育った従姉弟達ともウマがあわなかったので、もともと親戚付き合いが苦手な私は亡くなる直前まで20年以上会っていなかった。

伯母が詩を書いていたことを伯父は知らなかったという。従姉弟達は伯母が昔、詩を書いていた事は聞いていたらしいが、現物は見たことはなかったのではないだろうか。全部で80あまりの詩編は、少女の頃から亡くなる直前までに作られたもので、少女らしい乙女心、戦中の苦しい生活、両親との死別、戦後の混乱の中で耐えるのみの自分の青春への嘆息、そして伯父と出会ってからの瑞々しい恋愛、小さいながら幸せな結婚生活、孫ができてからの満ち足りた日々、晩年の人生を達観したような心境など、一人の女性の人生が生き生きとそこにあり、あの伯母にこのような一面と感性があったのかと非常に驚くとともに、深い感銘を受けた。当たり前のことなのだが『人に歴史あり』などと簡単にまとめられない人生がそれぞれの背景にあるわけで、それを軽んずるような態度は決して許されるものではなく、誰が相手であってもその歩んできた人生に敬意を表することを忘れないようにしないと、と改めて強く認識させられた。

最後に会った時、伯母はすっかりおだやかな口ぶりのおばあちゃんになっていた。何度も大病を患いながらもその都度生還し、多くの孫に恵まれた晩年を迎えられた伯母は、人生を十分生き抜き満足していることだろう。不義理な甥っ子ではあったが、改めてご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/23

また初めからやりなおし

う〜む、全身筋肉痛wobbly

デイトナでの筑波サーキット走行で、4ストバイクのアクセルワークが全然ダメダメなことが分かったわけですが、手っ取り早くそのテクニックを習得するならこれだろう、と、二輪車安全運転講習会に参加してきました。ものすっごい久しぶりの参加で、記録を確認したら一番最後に参加したのはなんと6年も前の2004年。最近、月日が経つのが早いですsad。当日会場に着いたら低速バランスのコースが綺麗になっててびっくりしました。講習内容も少し変わってましたね。

以前はSDRで主に中級を走っていたので、今回も中級で予約しようとしたのですが、数年ぶりの参加といったら初級を勧められました(初参加者向けの初回クラスもあります、と言われましたがさすがにそれは断りました)。結果としてはこれは正解でしたね。いやぁ〜、ほんとーに俺、デイトナに乗れてないワshock。我ながら、こんなんでよく筑波を走ったもんです。パイロンスラロームはギクシャクだし、一本橋は落ちまくり、千鳥走行は足つきまくり。最後のコーススラロームでようやくそこそこの感触を得たのですが、クリッピングのあたり、エンジンの回転が一番落ちるところで回転が落ちすぎて失速し、何度かそのままイン側に崩れ落ちそうになりました。まだまだ上手なパワーデリバリーがわかりません。SDRからの乗り換えがこんなに大変だとはなぁ。まぁ、かたや軽量小排気量2ストで、重量も排気量も正反対、エンジン形式も別物ですから当たり前ですね。これはしばらく続けて講習会に参加しないとダメそうです。また初級からやりなおしですが、でもちょっと楽しくなってきたかな。

今でもSDRで参加したら中級についていけるかって? うむむむぅ(…ちょっと自信がないです)coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/18

ウチのが男の子だったら

トライアンフから送られてくる小冊子に掲載されていたこちらの商品。

Daytonatoy

DAYTONA 675 WOODEN BIKE
Ideal for ages 2-6, helps encourage balance, CE marked.

だそうです。価格は分かりませんが良くできてます。カッコイイです。

ウチのが男の子だったら絶対クリスマスプレゼントにしたね。で、きっとパパが夢中になってるのさsmile

<2010.11.20追記>
日本語版の冊子にはこちらの画像が載っていました。

Daytonawoodenbike

こちらの方が、よりDAYTONA 675に似せてありますが、上の英語版の冊子の商品のほうが個人的には好きかなぁ。

あと、こちらの商品
以前テレビで紹介されていたのですが、確か東京の下町の町工場で細々と作っられている商品で、特に宣伝もせず工場での直販だけだったのに、安い上に軽くて持ち運びが楽と公園で子供を遊ばせるママさん達の間で評判になって売れている、と聞きました。ウチの娘にはとりあえずこれかなぁ。

<追記ここまで。>

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2010/11/16

く、くやしくなんか、ないもんね

ミラノ・モーターショーでついに発表されましたね。コイツ。

5135730672_5716ddb78d_b
MVアグスタのF3。

うーん、あと一年早く発表されていたら、デイトナ買うの待ったかもしれない。性能が互角以上で、このデザインでデイトナよりずっと安いとなったら、ちょっとくやしいかなぁ。しかもトラスフレームだしね。

Img_1134936_34413621_2

タンクから後ろのスタイルがいい。減量して絞ったアスリートの身体みたいだ。

F00246bb

このマフラー、こういうデザインも、遊び心があってさすがイタリア。

画像で見る限りでは、フロントの顔つきがちょっとごついかなぁ、という印象がありましたが、現物見て浮気心が生じないか不安ですcoldsweats01

で、デイトナも2011年モデルが登場。こちらはRバージョンが追加されました。

Big_triumph_daytona675r_01_2

くっ、このカラーリングもいい。赤いトラスが目に痛いぜ。
オーリンズのサスとクイックシフター、カーボンフェンダーを標準装備しているそうで、価格設定によってはこれもくやしいことになるかも。STDの赤も、トルネードレッドからディアブロレッドに変わるとのことで、この赤も気になります。

まぁ、隣の芝は何とやら、って話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/05

体調管理は大事よね

本当なら今日はデイトナで筑波を走っているはずでしたが、奥さんが風邪でダウンしたので急遽キャンセルしました。先月も一回、筑波に行く予定だったのに、三日前になって自分が風邪で倒れてキャンセルしています。せっかく良い季節になってきたというのに、なかなか筑波に行けないです。

それでも、先月末にやっとデイトナで筑波初走行をしてきました。SDRと比べてタイムが上がるかなぁ、と期待していたのですが、甘かった。結果はケチョンケチョンでした。まだ4ストスーパースポーツの乗り方が全然分からない。コーナーへの進入時、SDRの感覚でアクセル戻しちゃうからタイミングが早すぎる上に、ブレーキが半端無く効くからコーナーのずっと手前で止まっちゃう。オートシフターはあまり滑らかに作動しないし、コーナリング中のアクセルワークも違和感だらけ。まぁ、そう簡単にいかないからこそ、努力のし甲斐もある、と言ったところですか。

話は変わって意外だったのが、その日私を含めて5台もデイトナが走っていたということ。マイナーなバイクだと思ったから選んだのに、結構メジャーだったみたい。トライアンフでスポーツバイクというと、デイトナしかないってのもあると思いますが…。ま、自分のバイクが一番カッコイイから、いいんですけれどねcoldsweats01

<2010.11.6追記>
そういや、BMWのS1000RRもずいぶん走ってましたね。価格と性能とBMWってところで人気があるんでしょうね。
<追記ここまで>

Pa0_0102
デイトナも軽ワゴンのサンバーに載りました。サンバーすげー。

走行はキャンセルしたけれど会社は休んじゃったので、丸一日娘の面倒をみています。これはこれで楽しいですね。9ヶ月目の娘は今、つかまり立ちに夢中です。倒れながら自分の身体の使い方を覚えていってます。父も倒れる所以外を見習って、今後もバイクライフを楽しみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »