« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の2件の記事

2011/01/24

夜明け前のハママス

夜明け前の薄明かりの中で、私の腕まくらで寝ていた娘が小さくクスクスッと声を立てて笑ってます。
顔をのぞき込んでみると、眠りながら満面の笑みを浮かべて、小さい手で拍手までしています。

どんなに楽しい夢をみているのかな。
その夢に、パパとママは登場しているのかな。
今日も一日、絶対楽しい日になるよ。

一人静かに、小さい幸せに暖まる、冬の朝でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/16

原因判明

今更ですが2011年ですね。喪中の為、寒中お見舞い申し上げます。

先週末、新年早々にSDRをOXレーシングにドッグ入りさせました。

エンジンが止まった原因はピックアップコイルの破損であることが判明しました。ピックアップコイルだけの交換で済んでくれれば、と期待したのですが、チャージコイルの抵抗値が規定に満たなかったため、ベースアセンブリごとの交換になりました。

34X-85595-M0 コイル,パルサ ¥4,935
ピックアップコイルだけならこの値段だったんですが…。

2TV-85560-M0 ベ-スアセンブリ ¥34,020
やれやれ、ちょっと痛いですsad

このパーツは7年前、走行距離20,000kmを越えた直後にも壊れて交換したことがあります。その時もベースアセンブリ丸ごと交換になりました。価格は¥28,200。さすがにだいぶ値上がりしましたね。毎度のことですが、パーツがでるだけでも感謝しないとね。

そんなこんなで、原因は電気系であったことがはっきりしたのですが、一緒にお願いしておいたエンジンの腰上OHでも問題発覚。軽く抱きついてました。

Photo
吸気側がひどいです。

Photo_2
あああ、もう0.5オーバーサイズで掘ってあるというのに。

幸いと言いますか、こういった事態を見越して一年ほど前に中古のシリンダーを入手していたので、こちらを0.25mmボーリングして使うことになりました。ちなみに他の選択肢として、

1.ペーパーがけして元のシリンダーを再利用。
2.DTのオーバーサイズピストンを入れる。元のシリンダーをさらに0.2mmほど再ボーリング。
3.ワイセコピストンの67mmを入れる。元のシリンダーをさらに0.5mm再ボーリング。

といったことが考えられましたが、街乗りだけならともかく、サーキット走行を考えるとどれも信頼性に欠けますからね。まぁいつの日か、このうちのどれかを実施する羽目になるんでしょうが。抱きつきの原因としてはやはり回し過ぎが考えられます。KingCobraを使う限りまた同じ事が起こる可能性が高いので、チャンバーについても再考したほうがいいのかもしれません。

ともかく、早ければ1月中にも直りそうな感じです。寒い中我慢して慣らしをすれば、春一番でまたサーキット走行に復帰できそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »