カテゴリー「経済・政治・国際」の49件の記事

2011/09/24

考え方を変えよう

「原発止めたら電力不足」高校生、原子力業界OBと対話

 北九州市で開かれた日本原子力学会の大会最終日の22日、東京電力福島第一原発事故などについて業界OBの研究者らが若者と語り合う会があった。OBのつてで集められたという高校生らからは「安定したエネルギー供給に原子力は必要」などと逆風の業界に好意的な意見が相次ぎ、演出色の濃い催しとなった。

 原子力関連企業などに勤めていた元技術者や元研究者ら約300人でつくる原子力学会シニアネットワーク(SNW)が開いた。高校生2人と大学院生1人が約40人の前で講演し、続いて意見交換した。

 北九州市内の高校2年の生徒は「原発を今すぐ止めたら確実に電気が足りなくなり、日本経済が徐々に立ちゆかなくなる」。同じ高校の別の生徒は、放射能汚染に関する食品の風評被害に「怒りを覚えている」と話した。

2011年9月22日23時43分 asahi.com (朝日新聞社)

日本原子力学会の大会であるから、原発推進の立場であることは理解できるし構わないのだが、それでも子供をダシに使うようなやり方にこそ、怒りに近い感覚を覚える。

原子力学会の皆さんに加えて、原発に対して否定的な最近の風潮を「感情的」だの「ヒステリック」だのと言う政治家と、「原発を止めたら電力不足に陥り、日本経済にダメージを与える。」と言う経済人は、福島の現状をどう捉えているのだろうか? たった一カ所の原発事故でこれだけの被害と迷惑がかかっていて、未だに収拾の目処すら立たないのに、まだ原発が必要だとする神経がよく判らない。

風評被害は確かに困った問題だ。でも正直、だからといって放射能汚染に関する食品を避ける行動を責める気にはなれない。誰だって放射能は怖いからだ。もちろん福島産の生産物を買うことで被災地の復興を助けたいとは思う。だけれどもそのために、自分や自分の家族の健康を賭ける気にはなれない。国が言うところの安全基準なんて全く当てにならないし、それを信じて将来何かあっても助けて貰える保証も無い。原発が必要だと声高にのたまうお偉いさん方は、被災地の風評被害にさらされている食品を積極的に購入して食べていらっしゃるのか、是非聞いてみたいものである。

確かに今すぐ原発を止めるとなると、電力は不足するのかもしれない。それでも別に原始時代の昔に戻るわけじゃない。不便を強いられるとしても、それを乗り越える知恵がどこかに必ずあるはずだ。例えば都内の地下鉄は節電で構内照明を通常よりもだいぶ落としたが、世界的に見て日本の地下鉄は明る過ぎなんだそうで、今回の節電でもフランスの地下鉄並だったと言う(とはいえ弱視の方などはだいぶ困られたそうなので、その辺の対策は再検討する必要はある)。今の福島の状況を考えれば、少しでも早く原発に依存しないですむ社会を作ることを優先するべきだ。だれかの不幸と引き替えに快適さを求めるような社会のままで良いはずがない。

今の日本に必要なのは、原発がない=電気が足りない=経済活動が滞る、という考え方を、原発がない=電気が足りない=その分を補う新しい仕組みを作りだそう、に変える事だと思う。それによっておそらく一時的に経済状況は悪化するかもしれないが、新しい価値をもった技術、製品を作り出すということは、新しい市場を作り出すことに他ならず、それができれば経済の活性化も図る事ができる。エネルギー供給の問題は、これから多くの途上国が発展していくなかで、全世界が直面する問題だ。民主党政権は日本の原発を輸出することに前向きな姿勢を示しているが、今回の様な災害だけでなく、テロの可能性も日本国内に比べて高くなるだろう途上国に、自分の所でさえ事故が起きたらこんな状態の危険物を売り渡すのは無責任すぎる。原子力ではない、より安価で安全でクリーンで効率的な電力供給方法が提示できれば、これからの日本経済にとって大きなアドバンテージになるし、なんぼか人類の進歩に寄与するというものだ。そういった前向きな考え方こそ期待したい。

余談だが、よく日本の経済界は「日本は法人税が高すぎて国際競争力が損なわれる。法人税を減税するべきだ。しなければ海外に生産工場をシフトする。」と脅しのように言っているが、そんなことを大きな顔して言っている経営陣は三流だと思う。その法人税によってインフラが整備され、治安を含めた社会の安定が保たれているからこそ、高い品質の経済活動が出来る。今の日本企業、特に製造業が大きく成長できたのは、グローバルスタンダードでやってきたからではなく、戦後から高度経済成長期まで日本国内でモノ作りを頑張ってきた事が大きかったはずだ。日本ではやってられないと思うなら、どうぞどんどん海外に出て行ってください。そんな企業は仮に法人税が安くなったとしても、他にもっと大きな要因が出てくればやっぱり海外に出て行くだろう。そういう風見鶏企業は短期の利益と引き替えに品質と技術を失って遠からず市場から消えてなくなるでしょう。日本に空いた穴は、必ず別の新しい日本企業が立ち上がってが埋めてくれると信じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/14

天罰を受けるべき我欲の固まりは誰だよ!?

「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事

2011年3月14日19時34分

 石原慎太郎・東京都知事は14日、東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べた。都内で報道陣に、大震災への国民の対応について感想を問われて答えた。

 発言の中で石原知事は「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と指摘した上で、「我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを(津波で)一気に押し流す必要がある。積年たまった日本人の心のあかを」と話した。一方で「被災者の方々はかわいそうですよ」とも述べた。

 石原知事は最近、日本人の「我欲」が横行しているとの批判を繰り返している。

asahi.com

だったらお前が真っ先に太平洋の果てまで流されろ!!

<2010/3/15追記>

このニュースを読んだ瞬間に怒りが沸点に達し、その勢いのままBlogにアップしたが、少し冷静になってもムカツキが納まらないので追記する。

石原氏に問いたい。被災地の被害者の方々が、一体どのような罪を犯したと言うのか。一万人を越えるという犠牲者の方々は、そんなに我利に凝り固まった罪深い人たちだったと言うのか。同じ発言を、津波で全てが流された被災地の避難所で、災難に打ち拉がれている大勢の人たちの前ですることができるのか。そもそも罰を与えた天とは一体何のことだ。この災害は天災であって、天罰なんかでは断じて無い。

人が『天罰』という状況は二通りあると思う。一つは自分や自分の属するグループになにか災厄があり、それを自戒をこめて天罰と言う場合。もう一つは、常日頃よろしく思っていない自分以外の他人や自分に関係のないグループに災厄があり、それを「いい気味だ」と上から目線で突き放して天罰と言う場合。石原氏の発言は『我欲にまみれた最近の日本人』という、自分とは異なる(と本人は思い込んでいる)グループに向けての後者の天罰発言であり、そこには被災者や犠牲者に対する思いやりのかけらもない。「かわいそうですよ」なんて、とってつけたような発言にもそれが伺える。アンタは一体何様だ。

これが一個人の発言であればまだ戯言で済まして放っておけるが、悲しいことに世界でも有数の大都市、東京都の首長の発言なのだ。こんな状況の中で「天罰」だなんて神憑り的な考え方しかできない人間に、地に足のついた政治なんて絶対にできやしない。東京都民の皆さん、次の選挙ではいい加減に目を覚ましましょう。

このニュースの続報です。

東日本大震災:石原氏「天罰」発言 「日本に対する反省のよすが」

 「天罰」発言について石原氏は、14日夕に都庁で行った記者会見で「『被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかも』と(前置きで)言ったんじゃないですか」などと釈明したが、実際には発言していない。

 発言の真意については「日本に対する天罰ですよ。これをどう受け止めるかという問題なんですよ。大きな反省の一つのよすがになるんじゃないですか」と持論を展開。「それをしなかったら犠牲者たちは浮かばれないと思いますよ」と述べ、撤回しない考えを示した。【石川隆宣】

毎日新聞 2011年3月15日 東京朝刊

相変わらずの責任逃れとトンチンカンな持論だよ。『犠牲者たちは浮かばれない』? だから勝手に被災者を、自分が勝手に思い込んでいる罪深い日本人達の贖罪者にするんじゃない。そんなことのために犠牲者は亡くなったわけではないし、そんなこと反省されても何一つ浮かばれやしない。くだらないご託を並べていないで、頼むから被災者の助けになるような実効的な事をやってくれ。悲しいけれど今はアンタが東京都のトップなんだから。

<2010/3/15追記ここまで>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/12

問題と意図は奈辺にあるのか?

予算削減 国道ゴミに苦情増加
12月11日 22時21分

去年の政府の事業仕分けでムダが多いと指摘されたのを受けて、今年度から国道の清掃などを行う予算が削減されましたが、最近「国道や歩道にゴミが散らかっている」という苦情が大幅に増えており、国土交通省はマナーの向上を呼びかけています。
国道の清掃などを行うための予算は、去年の政府の事業仕分けでムダが多いと指摘されたのを受けて、今年度は10%削減されましたが、国土交通省は清掃を効率的に行うとして、歩道の清掃を原則としてやめたり、国道の清掃も大幅に減らしたりしました。ところが、今年度に入って歩行者やドライバーから「国道や歩道にゴミが散らかっている」などという苦情や要望が相次ぐようになり、東京23区を管轄する東京国道事務所の場合、ことし4月からの半年間で、ゴミに関する電話や電子メールが去年の同じ時期の4倍になっているということです。東京国道事務所では、10月から地域のボランティアグループにも協力してもらって、職員が歩道などの清掃活動を始めましたが、月に1回協力してもらうのが精いっぱいだとしています。東京国道事務所の浜谷恒平課長は「不法投棄の家具が邪魔なので処分してほしいといった声が増えている。清掃のレベルは落ちているが、できることをやるしかない」と話しています。歩道橋の利用者は「こんなところまで予算が削られているのは驚きです。道路はきれいなほうがいいです」と話していました。国道の清掃のための予算は来年度も増えない見通しで、国土交通省では、利用者にも道路や歩道にゴミを捨てないというマナーの向上をお願いしたいとしています。国道の維持管理の基準を巡っては、事業仕分けのあと、ゴミの清掃以外の作業にも全国一律の基準が設けられ、雑草などの「除草」作業はこれまでの年間3回が原則1回に、木の枝などの「せんてい」作業は年間1回が原則3年に1回と、それぞれ減りました。東京国道事務所にことし4月からの半年間に寄せられた、除草とせんていに関する苦情や要望は、およそ2倍に増えています。また、降雪地域で今後本格化する除雪作業についても、効率化するため降雪量や交通量の少ないところでは減る見通しで、国土交通省では、作業方法を見直すなどして安全に支障が出ないようつとめることにしています。

NHKニュース

このニュース、テレビで見た時も違和感をもったのだけれど、予算が以前の10%『に』減らされたワケじゃなくて、10%減らされただけなんだよね? それだけでこんなになるのは、仕分けの問題というより、国交省のお金の使い方に問題があるんじゃないか? 報道の意図に不自然なものを感じるのは私だけ?

こういうやり方の論法にはたいてい注意が必要なんだよね。ついでに言えば、日本人の公共マナーも褒められたもんじゃないのね。予算や仕分けよりも、道路にゴミを捨てる輩の再教育の方が必要だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/25

これは宇宙人の言葉ですか?

鳩山前首相、政界引退を撤回「辞任時と状況違う」

2010年10月24日22時5分

 【ハノイ=今野忍】次の総選挙に立候補せず、政界を引退すると表明していた鳩山由紀夫前首相は24日、訪問先のハノイで朝日新聞などの取材に対し、「議員を続ける方向に気持ちが傾いている」と述べ、引退を撤回する意向を明らかにした。

 鳩山氏は引退撤回の理由について「党の状況が思わしくないから、自分の(議員としての)役割を投げ出していいのか。私が(首相を)辞めたときと状況が違うから、(議員を続ける方向に)前向きに変えなきゃいけないかなと思っている」と語った。

 鳩山氏は6月に首相を辞任した際、記者団に「総理大臣たるもの、その影響力を行使しすぎてはいけないと思っている。従って、私は次の総選挙には出馬いたしません」と政界引退を明言していた。だが、7月には地元の北海道苫小牧市で開かれた後援会の会合で「地元に相談しなかったことを反省している。来年春の統一地方選をめどに結論を出したい」と述べていた。

asahi.com

政治家の「言葉」や「決断」ってヤツが、こんなにも軽くて良いのか? 実はこれは宇宙語で、私が内容を理解できないだけなのかね。こんなご都合主義者の宇宙人はとっとと故郷の星空に帰ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

金の問題じゃないでしょ?

福岡県庁などを全面禁煙へ 愛煙家の県議は猛反発

2010年10月7日22時37分

 他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙による健康被害を防ぐため、福岡県は県庁など約90施設の建物内を禁煙にする方針を固めた。公共施設などの全面禁煙を求める厚生労働省の通知を受けた対応で、県議会などにも禁煙を求めるが、愛煙家の県議は「多額のたばこ税を納めている喫煙者を尊重すべきだ」と反発する。

 麻生渡知事は9月下旬の県議会で「官公庁、医療機関の建物内の禁煙を徹底していきたい」と明言した。県の調査では、建物内が禁煙になっている県内の官公庁は約66%。県は近く県庁や出先機関の建物内禁煙に向けた具体的なスケジュールを決め、県議会や県警、市町村などにも禁煙化を呼びかける。

 大和浩・産業医大教授(健康開発科学)の調査では、本庁舎の建物内を禁煙にしているのは山口、佐賀など22道府県。ほかの20都県は禁煙を検討中だが、熊本、宮崎などは未検討。議会棟はさらに対応が遅く、建物内禁煙は兵庫、沖縄など5県。ほかは大半が分煙も徹底されていない。

 中でも、福岡県議会は1階の喫煙室のほかに委員会室やエレベーター前、食堂などにも灰皿があり、禁煙場所は本会議場などごく一部だ。受動喫煙対策を扱う厚生労働環境委員会では、議員が紫煙を上げながら審議している。

 全国初の女性議長になった田中秀子議長は就任当初、議会棟の禁煙化に意欲を見せたが、最大会派の自民党県議団(42人)は約15人が喫煙者。いまだ禁煙化は議題に上らない。

 喫煙派の反論材料は、たばこ税だ。昨年度は県税収入の約2%を占めたが、増税でさらに割合が高まる可能性もある。あるベテラン議員は「我々がどれだけ財政難の県に貢献していると思っているのか」と語気を強める。

 これに対して大和教授は、受動喫煙が原因の肺がんや虚血性心疾患で年約6800人が死亡しているという厚労省研究班の推計を挙げ、「医療費や喫煙室の維持費などを考えれば、国全体では、たばこ税を上回る支出がある。禁煙化を進めるべきだ」と話している。(小林豪)

asahi.com(朝日新聞社)

『受動喫煙による健康被害を防ぐため』の禁煙化なのに、『税金払ってんだから尊重しろ』ってのは論理がおかしいね。じゃあ何か、税金を人より多く払えば、納税金額が少ない人たちの健康を奪っても構わないってか。そもそも、税金を多く払っている人の主張が優遇されるべきだ、って考えは民主主義や基本的人権に反すると思うよ。こんな基本的なことも分からない頓珍漢な人たちが議員になっているのか、政治家の常套手段の『論理のすりかえ』ってヤツなのか、いずれにせよ、激しくレベルの低い話だよ。

しかし、未だにこんなに喫煙スペースが確保されているところがあったとは驚きだ。県議会とか言われるところはずいぶん考えが古いところなんだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

ガイアナとエルサルバドルに行った話 その1

もうだいぶ経っていますが、8月にガイアナとエルサルバドルに行ってきました。

ガイアナ、と聞いて、どこの国だかすぐにわかる人はあまりいないんじゃないでしょうか? 私も最初はアフリカかと思いましたが、南米の国です。ベネズエラの東、ブラジルの北に位置します。この国は、スペイン語が幅をきかせる南米圏で唯一、英語を公用語にしている国で、国民もアフリカ系とインド系でほぼ半々、文化的にもラテンアメリカよりもカリブ海諸国に近いというちょっと変わった国です。

これまで私が行ったことのある途上国では、いずれも首都にはそれなりにビルが建っていたりしたのですが、この国の首都のジョージタウンは高いビルがほとんどなくて、オランダの植民地だったころの雰囲気なのか、妙にレトロなデザインの低層階の建物が多く、そのためとても空が広かったのが印象的でした。夜の繁華街をひとりでぷらぷらしてもさほど危険を感じないほど治安もよく、とても気さくで真面目な国民性で、でっかい田舎町という感じ。見る物もやることも特にありませんが居心地のいい国でしたね。

ここに駐在している日本人はなんとたったの三人だけ。地球の歩き方の情報は古すぎるしそもそも大してない。こういう所に出張すると困るのが食事です。どこに食べに行けばいいのかわからないんですね。でもおいしい物を食べるというのは出張中のいい気分転換ですし、体調を整える上でも重要です。今回は現地でアテンドしてくださった駐在員のNさんのおかげで非常に充実した食生活を送ることができました。どれだけいるかはわかりませんが、これからガイアナに行く方のためにレストラン情報を載せておきます。

oneNew Thriving Chinese restaurant
Main st. telephone592-227-5140
高級中華レストランです。かなりおいしいです。

twoBrasil Churrascaria & Pizzaria
Alexander st. telephone592-225-6037
ブラジル料理の店です。バイキングみたいになっています。練乳の味しかしないプリンはぜひ一度お試しくださいsmile

threeTreasure Islandshine
Lamaha st. And Light st. telephone592-226-9589
中華料理の店です。正直、小汚い小さいお店で、まさに地元のお店ですが、餃子が絶品です。また、もやしを自分たちで栽培していたりするので、野菜が足りない時は最適です。スープもおいしいです。お勧めsign01

fourGerman's Restaurant
New Market st. telephone227-0079
スープのおいしい、テイクアウトのお店。

fiveHilton Chinese Restaurant
Garnett and Middleton st. telephone592-226-5818
体に優しい味のスープの中華料理店。ヒルトンとなっていますが、あのヒルトンとは全く関係がありません。

01
アマゾン河の支流ですが、河がデカイです。

02
インド系の方のお家。ヒンドゥーの飾り付けがしてあります。ヒンドゥー寺院?もありました。

03
ガイアナ国産のビール。

Photo_3
ガイアナでの奴隷解放のモニュメント。8月には奴隷解放デーがあります。

04
イギリス統治時代の名残? 元は駅舎だったそうですが、現在は中央市場になっています。鉄道は線路も含めてザンビアだったかに売却してしまったとのこと。

05
宿泊していたホテルの前から上の中央市場のある方角を望むとこんな感じ。

06
まだまだ現役、重要な移動手段です。

08
街の中心にあった植物園と動物園の複合施設の池。この池には主がいます。

09
その主がやって参りました。正体は…。

12
アマゾン河に生息するマナティです。こちらで保護されています。人に慣れていて、触れる位近くまで寄ってきます。

13
しかも全部で四頭sign01 ここはマナティだけならタダで見られますし、動物園も、入園料はかかりますがいろんな鳥や動物がいて、なかなか見応えがあるのでお勧めです。

Photo_2
緑が多いこともあって、鳥がたくさん生息していました。虫やカエルなどもたくさんいるようで、夜はその声で結構賑やかでした。

15

18

22

27

23
建物や街並みはこんな感じです。

26
クラフトマーケットにて。

Kids
クラフトマーケットで出会った子供たち。みんな明るく元気で人懐っこかった。

25
この国の人たちはとても独創的でおもしろい絵を描いています。正直、一枚欲しかった。

24
ホテルの窓から。空が広く、いつも雲がダイナミックで、暇があると空を見上げていました。

16
生まれて初めて見た大西洋。遠浅の海岸で、潮が引くとみんなサッカーをやっているそうです。

Photo
ガイアナドルです。

29

30

31
帰りの飛行機からの写真三枚でした。

レストラン情報を載せておきながら、食事の写真がないのが残念。
長くなったので、エルサルの話は次回に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/07/04

まさに剣が峰

国分寺市議を書類送検 ビラ投函で住居侵入

2008.7.3 11:52

 東京都国分寺市の共産党市議団発行のビラ「市議会報告」をマンションの集合ポストに投函するために敷地内に立ち入ったとして、警視庁小金井署が住居侵入の疑いで、同党の幸野統(おさむ)市議(27)を書類送検していたことが3日、分かった。
 調べでは、幸野市議は5月18日午後5時ごろ、同市本多のマンション1階の集合ポストに市議会報告を配布するため、敷地に侵入した疑い。マンションには関係者以外の立ち入りを禁止する張り紙があり、男性住民が投函中の幸野市議を見つけて「許可を受けているのか」と聞いたところ、市議は「無許可です」と答えたという。
 マンション管理組合が被害届を提出し、同署が6月9日に書類送検した。幸野市議は「集合ポストはオートロックのドアの外側にあり、誰でも出入りできた。市議会の報告は議員の義務で、書類送検されるのはおかしい」と話している。
 ビラ配布をめぐっては今年4月、自衛隊のイラク派遣反対のビラを配るために東京都立川市の自衛隊官舎に無断で入ったとして、住居侵入罪に問われた市民団体メンバーの有罪が最高裁で確定している。

産経ニュース

恐れていた事件再び。しかもさらに悪い方向にグレードアップしている。NNNのニュース映像で、問題のマンションの入り口を見たが、『関係者以外立ち入り禁止』の張り紙はオートロックの扉に張ってあった。これ見たら普通、扉の中に入ることを禁止していると思うはずだし、きっとそういう意図だったんだろう。その外側についている集合ポストへのビラ配りで、被害届出す方がおかしいし、書類送検されてしまうのもどう考えてもおかしい。

暴力団やオウム、中核派や革マルといった非合法な集団の違法なチラシに、こういった姿勢で臨むのは問題ない。しかし国会でも活動している政党の、民主的に選ばれた市議による、(おそらく共産党よりに偏った内容ではあったとしても)公的な内容のチラシ配布に対し、この対応は明らかに間違っているし、民主主義にとっても非常に恐ろしいことだ。

立川市の自衛隊官舎の事件が起きた時にも書いたが、今はまだ、ただの共産党タタキ、という面が強いと思う。共産党というだけで拒否反応を示す人が多いのも事実で、たぶん、許可云々を言い出した男性もこの口なんだろう。でもこの手の感覚はどんどん麻痺して拡大していくものだから、やがて共産党以外のものにだって波及していく可能性が高い。あの人はどこそこ出身だから、ナントカガッカイだから、同性愛者だから、在日○●人だから、etc…。それこそが本当の恐怖であって、今この時点がまさに剣が峰で、これ以上この感覚が拡大するのは全力で阻止しなければならない。

もちろん、共産党だったら無視していい、こういう対応をしてもいい、と言っている訳ではない。私自身は共産党員でも支持者でもないが、先述の通り、共産党はれっきとした政党だと思っている。それに何度もここで書いているように、他人に自分と違う意見の表明を認め、それに耳を傾ける姿勢は民主主義の基本だと信じている。嫌いだから、そりが合わないからと、話を聞く以前に別件ででも公権力で封じ込める、というやり方は、民主主義にとって百害しかない。

昔から世の中が不景気で世知辛くなってくると、こういうことが起きてくるが、なにも自分から下がって土俵際に追い込まれなくてもよかろうに、と思うのだ。ここから押し戻せるか、寄り切られるか、つま先立ちをしているのは他でもない、我々の民主主義なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008/06/13

みんながみんなそうだとは思わないが

「気に入らないなら職変えて」大阪府の橋下知事が朝礼で激怒

2008.6.12 12:42

 「知事を人として尊敬できない」「民間では考えられない物言い。上司として注意する」。12日午前、大阪府庁新別館で開かれた朝礼で、職員と橋下徹知事との間でこんなやりとりがあった。知事の改革への姿勢を批判した男性職員に対し、橋下知事は厳しい言葉で応酬。「私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」とやり返した。

 朝礼は46歳以上の課長補佐級職員が対象で、この日は約140人が出席。男性職員は非公開で行われた意見交換の場で「職場の士気が下がっている。知事を人として尊敬できない。公務員は兼業を禁止されているが、知事はテレビに出演している」と発言した。

 職員はさらに、士気低下の要因として人件費の削減や庁舎の全面禁煙など5点を挙げ、「大阪ミュージアム構想や水都は思いつき」「『選挙で負託を受けた』と言って自らを正当化している」などと橋下知事を批判した。

 これに対し、橋下知事は「一般職員と特別職員は責任の重さが違う」とした上で、公務以外の番組出演は断っていることや、今月中にも受け取った出演料の額を公表する予定があることを説明。職員の発言については「民間では考えられない物言い。ここは団体交渉の場ではない。上司として、その言い方に注意をする。私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」と厳しい言葉を投げつけた。

 朝礼は改革の姿勢を職員と共有するため、橋下知事の意向で3月からスタート。1回目の朝礼でも、女性職員が「どれだけサービス残業をしているか知っているのか」と発言し、物議をかもした。

MSN産経ニュース

大阪府職員と橋本知事とのごたごた話。大阪には何のエンもユカリもないので、これまではテキトーにニュースを流していたのだけれど。

『人として尊敬できない』ってcoldsweats01。だったらどうだっつーんだ。知事に改心しろってか? それとも、尊敬できない上司の下では働きませんというサボタージュ宣言か?

この記事読んでから気になって、いくつか過去に遡ってこれまでの記事を読んでみた。給料減らされて憤慨する気持ちは判るけれど、それでもニュースに取り上げられている府職員の発言と対応はヒドいね。

サービス残業についてテレビの前で糾弾しておきながら、自分では一切サービス残業していないという女性職員。30代で手取りで月34万円ももらっているのに少ないという中学校の職員。わずか5%の退職金カットに『私なりに前向きに仕事をしてきた。最後のしっぺ返しがこれかと。後出しじゃんけんが悪いことは子どもでもわかりますよ。』と批判する男性職員。

これらの府職員の方々は、大阪府が打ち出の小槌を持っていると思ってるようだ。自分たちのこれまでの不作為は棚に上げて、既得権益を守る事に汲々とするばかりで、今後自分たちなりにどうやって経費削減に努めるかとか、どうやって質を低下させずに府民へのサービスを維持していくか、といった前向きな発言がちっとも聞こえてこない。読んでいて気分が悪くなる。

もちろん、こんな府職員ばかりではなく、一生懸命公僕としての仕事に励んでいる職員の皆さんの方が大勢だとは思いますが、それでもこんな職員養う為に税金払っている大阪府民にちょっと同情します。

折しもウチの市から市民税・県民税の納税通知が届いた。でも、こんな記事読んだ後だと払う気萎えるなぁsad

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/13

いざとなったら…

最近の気になったニュースについて、つらつらと。

まず例の、東京都立川市の防衛庁宿舎ビラ配りの裁判。やはり有罪確定。

最高裁の言う通り、官舎は一般人が自由に出入りできる場所ではない(この判断もどうかと思うが)としても、相手に直接注意や要請をする前に、一足飛びに警察沙汰にして75日も勾留するのは、やはりちょっとやりすぎたと思うんだが。どうしても一部の思想、主張に対する意図的なモノを感じざるを得ない。

次にその上映についてゴタゴタしている映画『靖国』。

「靖国」刀匠 議員「本人が削除希望」監督「なぜ変心」
2008年04月11日01時40分

 上映中止が問題となった映画「靖国」の中心的な登場人物で高知県内に住む刀匠の出演をめぐり、有村治子参院議員(自民)が国会で「刀匠本人が出演場面を外してほしいと希望している」と取り上げた。これに対し、制作した李纓(リ・イン)監督は10日、「刀匠は納得してくれていた。変心した理由がわからない」と語った。

 刀匠は映画の冒頭から登場し、作業場で刀を制作する様子などが描かれている。

 有村議員は3月27日、参院内閣委員会で「刀匠は作品から(自分の)映像を一切外して欲しいと希望している」と取り上げた。有村議員はその前々日に刀匠本人に確認を取ったという。

 10日、朝日新聞の取材に応じた刀匠(90)とその妻(83)によると、05年に李監督側から出演依頼の手紙が届いた。戦後、伝承されなくなった靖国刀の最後の刀匠として取り上げたいとの内容だった。刀匠は承諾し、李監督は靖国刀を制作している場面などを撮影した。

 その後、李監督らが自宅に来て映像を見せたが、靖国神社に参拝する小泉首相(当時)とそれに反対する人たちに交じって刀を作る映像が流れていたため、「撮影を受けた趣旨と違う」と出演場面と名前の削除を頼んだという。

 3月末と今月9日に、有村議員から「国会で映画を審議しているからどう考えているのか意見を聞きたい」という内容の電話を受けた。刀匠は「出演は本意ではない。名前と映像を省いてほしいし、完成品を見たいと思っている」と伝えたという。

 刀匠は「靖国刀の伝統技術や価値を後世に伝えてくれるものと思っていた。『靖国問題』と結びつけるとは思っていなかった。違う趣旨で映画が作られ、『靖国問題』に巻き込まれた」と話した。

 有村議員は9日、自身のサイトに「刀匠ご夫妻を変心させる意図も働きかけも一切ない」とする文書を載せた。

 李監督は10日、東京都内で記者会見し、刀匠との交渉経緯を説明。昨春、ビデオを刀匠夫婦に見せ、作品の意義、監督が考える靖国問題の意義などを伝えた。今年2月に刀匠を訪ねた際、夫婦は上映に不安を感じている様子だったが、じっくり話し合った。最後は、刀匠がチラシに自身の写真と登場人物に名前があるのを見て、「上映頑張ってください」と言ったという。

 3月上旬にも公開パンフレット用に刀匠からメッセージとして誠心誠意という言葉をもらったと言い、「刀匠の場面がないとこの映画は成立しない。国会議員がどんな話を(刀匠に)したのか。出演者を変心させていいのか」と話した。

asahi.com

実際、刀匠が変心したのかどうかは判らない。ただ、もともと出演が本意ではなかったとしても、一宗教施設に関する一映画の一出演者個人の要望を、国会で云々するのは果たして国会議員の仕事なのかとまず問いたい。

さらに、この事に絡んで有村議員は「刀匠ご夫妻を変心させる意図も働きかけも一切ない」と言っているが、これはあまりにも配慮と想像力に欠けた対応だと思う。自分が関わった映画がいろいろ問題になって騒がれている所に、参院議員から「国会で審議しているから意見を聞かせろ」なんて電話がかかってきたら、それだけで十分圧力になるだろう。高齢の老夫妻が、これ以上面倒な事に関わりたくないと思ったとしても不思議ではない。刀匠本人が実際に本心からそう希望していたとしても、問題のあるアプローチだったと思う。

こういった事ごとは、民主主義の根幹に関わる大事なことなので、ちゃんと自分の中で言語化しないといけないのだけれど、最近いろいろあって頭が良く回らないから困ったもんだ。でもイヤァ〜な雰囲気だけはヒシヒシと感じている今日この頃。いろんな意味でしっかりしないといけないんだがな。ホントにこの国の社会の将来はどうなる事やら。

いざとなったら、PNGに逃げるかなぁdash。そんなこと言ってちゃいけないんだけれどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/12

数値化される愛なんて

子どもの道徳心を偏差値化 各地の小中学校でテスト
2008年04月10日14時19分

 子どもの道徳心を検査し、偏差値や5段階評価を示す業者テストが全国の小中学校で実施されている。テスト結果を受けて教師に渡される各児童・生徒の個人診断票には「重点指導項目」として「愛国心」「郷土愛」などが記される。今年3月に文部科学省が公表した改訂学習指導要領には道徳教育の目標に「我が国と郷土を愛し」という文言が加わったが、道徳の数値評価は「行わない」とされている。それだけに、保護者からは「先生がテスト結果をうのみにして生徒を色眼鏡で見るようになってしまうのではないか」などと不安視する声も上がっている。

 「偏差値30」

 今年に入って、福岡県内に住む小学生の息子(10)の母親は、本来教師が持っている道徳テストの個人診断票を偶然知り、驚いた。道徳心の5段階評価は「1」だった。

 テスト結果の評価コメントには、重点的な指導が必要な項目として、順に「愛国心」「勤勉努力」「自立節度」「郷土愛」などが挙げられていたという。母親は「子どもの心を数字で表すことはできないはず」と不信感をあらわにした。

 このテストの発行元は図書文化社(東京都)。同社によると、テストは「道徳教科の理解度をみる」のが目的で、90年度から販売している。偏差値などの数値評価は「子どもの到達水準を知りたいという現場教師の要望で付属資料として出している」が、いつからなのかは「答えられない」という。

 同社のテストは、小学生用や中学生用などがあり、約30〜50問を選択式で回答する。例えば、中学生用では「寺の壁の落書きを見て、どんな気持ちになるか」などの設問がある。ただし、個別の設問と、「愛国心」や「郷土愛」などの指導項目がどう対応しているかは明らかにしていない。日の丸・君が代に関する設問は含まれていない。

 昨年度は全国47都道府県の小学校約1200校、中学校約1100校の児童・生徒約38万人が同社のテストを受けた。各都道府県ごとの児童・生徒数は「企業秘密に属する」として公表していない。

 福岡県内では、小学校46校、中学校5校で実施された。検査価格は1人430円で、自治体が予算を組んで購入することもあるという。このうち、文科省から道徳教育研究授業を委嘱されている大木町では、町立小中学校の全児童生徒約1300人を対象にテストを実施。経費約57万円は町が支出した。「子どもの力がどれだけ伸びたのか、研究授業の成果を判断するデータを取るため」(同町教委)だ。

 同社によると、道徳テストはほかにも複数の業者が作成し、全国で実施されているという。

 文科省教育課程課はこうした状況について「道徳テストが実施されていることは確認しているが、数値評価が行われていることは知らなかった」とコメント。ただし、「道徳は改訂学習指導要領でも『数値などによる評価は行わないものとする』としており、偏差値や5段階評価はなじまない」と指摘した。

 同社は「改訂学習指導要領に基づき、新版をつくる予定」で、「結果(数値評価)の示し方についても検討する」と話している。(白石昌幸)

asahi.com

こんなことまで偏差値に表さないと、最近の先生方は本当に子供達を指導できないのか? こんな、愛する事を競わせるようなやり方で、本当に子供達に愛国心やら郷土愛やらが育まれると本気で思っているのだろうか? いくらなんでもそんな馬鹿げた事は無いと信じたい。

道徳のテストはまさに『愛の数値化』だ。以前『愛も金で買える』と豪語して、さんざん叩かれた某IT企業の社長がいたが、これはその考え方となんら変わりはない。そんな『金の切れ目が縁の切れ目』的な愛国心、郷土愛でいいのなら、なんと安っぽいことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧