カテゴリー「心と体」の2件の記事

2008/05/07

教室の外ではない

老化で伸びる耳毛…知りたくもない!?身体の不思議

 新緑の季節。空気のきれいな場所に遠出でもしたくなるが、ここでちょっと疑問。「空気が悪いと鼻毛が伸びる」というのはよく聞く話だが、これってホント?

 さっそくナショナルの鼻毛カッター担当者に聞いてみた。

 「データは取りそろえていませんが、確かに都会のほうが、鼻毛が伸びやすいとはいわれていますね。都会のほうが、鼻毛カッターも多く売れているんですよ」

 ただし、これは鼻毛カッターに限らず、グルーミングシリーズ全般に見られる傾向であることから、「意識の高さもあるのかも」とのことだった。

 さらに、耳鼻咽喉科の慶友銀座クリニックの大場俊彦院長に聞いてみると…。

 「空気が悪いと鼻毛が伸びるのは、本当だと思います。僕も北九州にいたときに伸びが早かったんですよ」

 ただし、近年は、男性の身だしなみが良くなりすぎて、鼻毛がなくなっている男性が増えているのだとか。

 「鼻毛は本来、異物に対するフィルターの役割を果たすもの。それがなくなってしまうことで、風邪をひきやすくなったり、アレルギーになりやすいという問題があります」(大場院長)

 鼻毛はなくてはならないものだが、ところで、「耳毛」はどうなのか?

 「耳毛は本来、伸びなくて良いシステムですが、老化によって伸びてしまうもの。まゆ毛などが老化で伸びるのと同じです」(大場院長)また、ある毛髪の研究員はこう話す。

 「耳毛が生える原因には、毛周期制御の乱れが起こり、成長期が長くなっている可能性と、毛の伸びるスピードが早くなっている可能性があります。いずれも、毛の成長を抑える遺伝子の働きが老化によって低下したためと考えられます」

 体を守ってくれる毛と、全く守っていない毛。毛には不思議がいっぱいだ。

ZAKZAK 2008/05/07

嫌な言葉だね、『老化』。教室の外にある、毎日ぞうきん掛けしていた所ではない『老化』。そら、生きている以上、避けられないことではあるんだけれどさ。

最近、耳毛が目立つようになった私はもう『老化』し始めているのか…。短ぇ人生になりそうだなぁsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

そもそも食うもんだったっけ?

「天然」…食べたらポリエチレン 小学校給食かしわもちの葉

◆三重の業者ミス、20人のみ込む

 三重県菰野町の菰野小学校で2日、給食で出されたかしわもちにポリエチレン製の人工葉が使われていたのに、包装に「天然葉を使用」と書いてあったため、児童20人が誤って葉を食べた。包装や搬入時に業者の確認ミスが重なったのが原因。これまで体調不良を訴えた児童はいない。
 同町教委などによると、もちは食品メーカー「吉村穀粉」(名古屋市)が製造し、食品商社「山吉」(同県四日市市)が同日、同校に約1000食分を搬入した。
 すべてのもちが人工葉だったが、包装には「天然葉を使用し、食べても人体に影響はない」と記載。多くの児童が記載を読んで葉をかじるなどし、うち4-6年生の20人がのみ込んだ。
 人工葉は食べても消化されず、そのまま体外に排出されるという。
 吉村穀粉は同県鈴鹿市からの注文で製造したもちに初めて人工葉を使ったが、包装の「天然葉使用」の記載を直さず、同市には文書で連絡した。しかし山吉が出荷段階で確認を怠り、鈴鹿市に送るもちの一部を、誤って菰野町に送った。
 人工葉のもちは2日までに、町内のほかの2小学校、3幼稚園の給食でも出されたが、誤飲した児童や園児はいなかった。
 同町教委は「食の安全には保護者や地域の関心も深く、今回の事態は遺憾」としている。

中日新聞 2008年5月3日 朝刊

これまた不思議なニュース。ま確かに、給食で出された食べ物の包装紙に『食べられます』と書いてあったら、まず疑う人の方が少ない訳で、こんな包装紙を使った食品メーカーと確認を怠ったと言う商社が非難されて然るべき話ではあるのだが…。

でもねぇ。ポリエチレン食ってて気がつかなかったのかね? そんなに現代っ子の味覚はおかしいのか、はたまた頭でっかちになっていて、自分の五感を信じて情報を疑うという事ができないのか。それとも、それだけこの人工葉の出来が良かったのかねぇ? う〜む。

つーか、かしわもちの葉っぱって、フツー食べないよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)